2015年06月08日

憲法9条の解釈

憲法9条の解釈
おはようございます。この週末は両親の13回忌で今年初めて墓園を訪れることができました。やっと一連の報告ができましたので、新たな決意でがんばってまいります。

さて、去る4日の衆議院憲法審査会での参考人質疑で、現在国会で審議されている「平和安全法制」について、憲法学者がこれまでの政府の憲法解釈を超えており「違憲」と述べたことについて、沢山の問い合わせを頂いております。

政府の憲法9条解釈の根幹は「もっぱら他国防衛(他所の国を守ること)を目的とした集団的自衛権の行使はできない」などとする1972年(昭和47年)の政府見解であり、昨年7月の閣議決定およびそれに基づく平和安全法制は、この政府見解と論理的整合性を守っております。

すなわち、「もっぱら他国防衛(他所の国を守ること)を目的とした集団的自衛権の行使はできない」という考え方はいささかも変えていないということです。よって、当然のことながら「憲法違反ではありません」。

この重要な点がより広く理解されるよう、国会での論戦等をとおしてしっかり発信して参ります。真心からの大応援、いつも本当にありがとうございます!!



投稿者 いとう渉 政策・主張

2015年05月18日

空の道

「空の道」飛行検査センターがセントレアに落成しました
こんにちは。今朝も街頭からスタート。大阪都構想の住民投票が決着しました。今後の影響を注視していきます。

さて、地元愛知県はアジアNO.1航空宇宙産業クラスター形成特区として、航空宇宙産業の振興に取り組んでいます。

航空機は、空港からの離陸、上昇、巡航そして空港への進入着陸において、定められた経路に従って飛行しています。この「空の道」は、全国に設置された無線施設からの電波や衛星からの信号を用いて作られており、そのために安全運航が可能となっています。その「空の道」の安全性を、日夜確認している飛行検査センターがセントレアに落成しました。

訪日外国人観光客は急増しており、昨年は1,300万人を突破。ますます航空需要は高まり、より多くの「空の道」を確保するため、より高度な航空交通管制が必要になってきます。

安全・安心のために陰の戦いに徹するプロフェッショナルの皆様に感謝し、今週も元気いっぱい頑張ってまいります!


投稿者 いとう渉 政策・主張

2015年05月09日

金沢工業大学(KIT)を視察

金沢工業大学(KIT)を視察
おはようございます。昨日は早朝より金沢市を訪問し、伊佐衆院議員、矢倉参院議員、地元の秋島・源野・仙台市議らと共に、産官学連携を軸にイノベーションに取り組む金沢工業大学(KIT)を視察してきました。

統一地方選挙を大勝利させて頂いた今こそ、現場主義に徹し、政策立案に全力を傾けていきます。

さて、ここでは1リットルで約2,500kmも走る自動車を学生自らがエンジンまで制作するなど、実体験を含めたユニークな教育や、大学法人の傘下にある革新複合材料研究開発センターでは、26機関・企業が参画して炭素繊維を活用した次世代のインフラシステムの開発に取り組んでいます。

私もはじめて知りましたが、炭素繊維自体の生産シェアは日本が70%を保持しているにも関わらず、炭素繊維を活用した製品シェアは実に6%にまで低下しているとのこと。次世代インフラなど新たな製品およびその生産技術を研究開発し、オールジャパンで巻き返しを図ろうというのが大きな狙いです。

「イノベーションに最も的した国へ」日本は今、変わろうとしています。これを成し遂げるキーワードは、「オープンハート&スペース」「分野を越えた知の融合」そして「チャレンジ・スピリット」であると、これまでの会合そして今回の視察をとおして感じました。

日本自体が大きな市場のため、これまでは国内で様々な競争を繰り返してきました。それも引き続き重要ですが、時にオールジャパンで団結してそれぞれの知識と知恵を共有し、新たな課題に挑戦しなければなりません。その成果は人間生活を豊かにし、持続可能であることが要求されます。

H28年度に向けての政策議論にしっかり反映していきます。

伊佐衆院議員、矢倉参院議員、地元の秋島・源野・仙台市議らと共に

「イノベーションに最も的した国へ」日本は今、変わろうとしています。これを成し遂げるキーワードは、「オープンハート&スペース」「分野を越えた知の融合」そして「チャレンジ・スピリット」


投稿者 いとう渉 政策・主張

2015年03月11日

東日本大震災四周年追悼式を終えて

東日本大震災四周年追悼式
本日、国立劇場にて行われた東日本大震災追悼式に出席。東日本大震災から丸4年が経過した14時46分に黙祷を捧げ、お亡くなりになられた皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げました。

総理、両院議長などが追悼の辞を述べられた後、御遺族代表のことばを拝聴しました。

ある女性は震災当時中学3年生。津波に流され、気付いた時は瓦礫の山に流れ着いており、足元には瓦礫に埋もれた母の姿が。一人の力ではどうしようもなく「ありがとう。大好きだよ。」と母に告げ、一人で避難。5人家族で自分だけが生き残ったと。

「家族を思って泣いた日は数知れません。悲しみは癒えることはありません。前を向いて生きることが家族への恩返しです。」との言葉が胸に刺さりました。

先週土曜日には被災地を訪問。復興の兆しも見えてきている一方で、大切な人を亡くした悲しみや痛みは癒えることがないという事実を、あらためて認識した次第です。

一つ一つ心を込めて、被災地の復興のため、力を尽くして参ります。



投稿者 いとう渉 政策・主張

2015年03月07日

名古屋でもプレミアム商品券の販売が決定!

20150307.jpg
おはようございます。今日は早朝から、東日本大震災から4年目を迎える東北に向かいます。

さて、各地で準備が進められている「プレミアム商品券」。名古屋でもこの夏頃からの販売に向けて準備が始まっています。

概要は、プレミアム分が20%。つまり購入単位は10,000円で、12,000円分のお買い物ができる1,000円券12枚つづりの商品券となるようで、商店街やスーパー、百貨店など、この商品券事業に今後登録するお店などでは全てご利用頂けるようになるようです。これは本当にお得だと思います。

この「プレミアム商品券」構想は、消費低迷を下支えするため、公明党が主導した政策で、かつて実施した地域振興券が発想の原点になっています。公費によりプレミアム部分、つまり20%の割増分が助成されており、単純に計算すると投じた公費の5倍の消費が喚起されることになり、経済政策としても有効です。

「プレミアム商品券」は、H26年度の補正予算において国・県・市が一体となって進めてきた政策であり、まさに公明党のネットワーク力が存分に生かされて実現に至っています。各地でお世話になっている公明党議員は、具体的かつ現実的に、今と未来のために、今日も全力で取り組んでいます。


投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張

2015年02月27日

本会議にて質問~賃金の上昇に向けて~

本会議にて質問~賃金の上昇に向けて~
こんにちは。衆議院ではH27年度予算の審議が続いています。その審議の中で浮上している「政治と金」にまつわる話に対しては、説明責任を果たすことにより国民の信頼を回復し、国民生活に直結する予算の成立に全力をあげなければなりません。

昨日は、本会議にて予算と表裏一体の税制について審議がスタート。私は、軽減税率導入に向けて着実に準備を進めること、賃金の上昇を実現する「経済の好循環」をより力強いものにするための取り組み状況や税制のあり方等について、安倍総理、麻生財務大臣、宮沢経産大臣に質問しました。有効求人倍率など各種経済指標は改善が続いています。その実感を、より多くの皆様に感じて頂けるよう、着実な施策の推進が不可欠です。

1日も早い予算成立をはじめとする国会業務、統一地方選挙の完全勝利に向けての様々な選挙対策などなど、成すべき仕事は山積みです。一つ一つ集中して、全てに勝利して参ります!いつもいつも応援して下さり、本当にありがとうございます!!



投稿者 いとう渉 政策・主張

2015年02月16日

がん対策の推進 ~ 予防医療の強化 ~

がん対策の推進 ~ 予防医療の強化 ~
おはようございます!週末は各地で街頭や諸会合へ出席。今朝から上京して、いよいよH27年度本予算の審議に入っていきます。

さて、高齢化の進展に伴い増え続ける社会保障費。国全体で見ても、一人一人の人生として見ても、「健康で長生き」して頂くことがとても大切です。だから公明党は「予防医療」に力を入れています。

依然として日本人の死因第1位である「がん」。しかし、治る病気になってきています。そのために必要なことが早期発見・早期治療。だから公明党は「がん検診」を推進してきました。

長年、20%台程度であった検診率が、公明党が主導した乳がんや子宮頸がん、大腸がん検診の無料クーポンの配布などにより、検診率は40%台に達しました!

名古屋市では、公明党市議団の取り組みにより、早期発見が特に重要な、乳がん検診の受診機会の拡大のため、マンモグラフィ検診車による検診を、中学校区に1回程度となるよう、実施回数を拡大。(年間80回→109回)また、検診の受診票とともに、各がん検診の内容や検診実施場所及び受診方法等を掲載したリーフレットを作成し、市内の全世帯に配布。

さらに、手紙や電話などであらためて働き掛け、受診を後押しする未受診者への個別勧奨と再勧奨を行う「コール・リコール」が進められています。クーポンの配布などで直接、受診勧奨(コール)を行い、未受診者に手紙や電話で再度受診勧奨する(リコール)という仕組みです。受診率の高い国では、このコール・リコールを導入しているのが一般的で、米国では80%、ニュージーランドは87%という高い受診率を誇っています。

「命を守る」ー 公明党地方議会議員一人一人の取り組みにより、こうしたきめ細かな施策が各地域で着実に進められています。

※ 写真は、真心からの応援を続けて下さる同志から頂いたもの。雪景色の中、まっすぐ延びる「この道」が印象的です。


投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張

2015年02月05日

年金が上がります!

年金が上がります!
おはようございます。昨夜は国会での業務を終え地元・豊橋市の支部会へ。昨年の解散総選挙と1月の田原市議選の御礼と、2ヶ月後に迫った統一地方選挙のお願いをさせて頂きました。

さて、タイトルのとおり4月分の年金が支払われれる6月から年金が上がります。これまでも良く「年金が下がっとる!」「本当に大丈夫か?」とのお声をいただいてきましたので朗報です。上がり幅は、国民年金で64,400円が65,008円にプラス608円、厚生年金で標準世帯219,066円が221,507円にプラス2,441円、わずかかもしれませんが、これは国全体の景気が回復基調にあることと、年金システムがきちんと機能している証拠です。

なお、皆さんの通帳に振り込まれる年金は、医療や介護保険料が差し引かれてから給付されますので、この保険料が増えていると、手取りは増えたように感じられないかもしれません。これはお住まいの地域によって差がありますのでご容赦下さい。

坂口力元厚労大臣の100年安心プラン(2004年・年金制度改正)が散々批判された時期がありましたが、そんな批判も一時的なものに終わりました。私たち公明党は、その場限りの批判や非現実的な対案に振り回されずに、しっかりと現実を見据え、未来にも現在にも責任を持って、一歩ずつ具体的に様々な政策を前へ進めてまいります。


投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張

2015年01月11日

祝・成人の日~若者の就職活動を応援~

祝・成人の日~若者の就職活動を応援~
おはようございます!この週末は各地で成人式が行われています。
新成人になられた皆様、そしてご家族の皆様、本当におめでとうございます。

若者の就職活動に対し、公明党は全力で支援策の実現を積み重ねています。

その一つが、職場体験や職業紹介、適職診断などのサービスを1カ所で全て受けられるようにした「ジョブカフェ」です。例えば名古屋市内では、中日ビル12Fに「ヤング・ジョブ・あいち」が設置されています。

ジョブカフェは、2003年に国が策定した「若者自立・挑戦プラン」に位置付けられ、04年度にスタートしました。これまで約60万人が就職を勝ち取っています。

また、大学卒業後も未就職の若者を含め、雇用保険を受給できない人を対象に、職業訓練を受けながら生活費を受給できる「訓練・生活支援給付金制度」は、公明党の強力な推進で「求職者支援制度」として恒久化されました。職業訓練とともに月額10万円の給付金が支給され、好評です。

昨日は、名古屋駅にて成人の日記念街頭を実施。未来を担う若者の味方として、公明党はこれからもしっかり働いていきます!!


投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張

2013年10月07日

軽減税率の導入を!

20131007.jpg
おはようございます!今朝は名鉄本笠寺駅前・笠寺西門の交差点にて街頭から始めます。

この一週間、来年4月からの消費税アップの決定を受け、特に国民年金だけで暮らすおじいちゃん・おばあちゃんからはお叱りを頂いています。消費税を上げざるを得ないことは理解しつつ、現実生活の上で心配があるからです。

低所得者対策として簡素な給付措置による1人1万円~1.5万円の給付あるものの、やはり生活必需品の増税は庶民の生活に打撃を与えてしまいます。今、軽減税率についての議論がクローズアップされています。何としても形にしていかねばなりません。がんばります!!

投稿者 いとう渉 政策・主張

2013年03月29日

まずは0増5減の実現を!区割り案勧告

最高裁が「一人別枠方式」の廃止を求めたのは2011年3月。
当時は菅内閣の時代です。しかし同内閣は「別枠」の廃止に手をつけませんでした。
次を受けたのが野田内閣。ここでも「別枠」廃止が手つかずのまま、2012年2月には、政府の衆院選挙区画定審議会が機能不全に陥ってしまいました。
なぜなら、国勢調査を受けての区割りの前提として、最高裁に「別枠」廃止を求められているものの、国会がそのための法改正を進められなかったからです。その第一義的責任は当時与党である民主党にあると言わざるを得ません。

今、格差是正と定数削減、選挙制度改革の議論がごちゃ混ぜになっています。
司法により「違憲」を突きつけられている格差是正を速やかに実施したうえで、民主主義の根幹である選挙制度の抜本改革を与野党を超えて議論するのが、妥当な判断だと思います。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年12月01日

量から質の時代へ

20121201.jpg

おはようございます!
ご挨拶回りを続けながら、様々な提案や課題に遭遇する毎日です。

我が国で確実に進んでいることが少なくとも3つあります。
1.人口減少と高齢化
2.インフラの老朽化
3.産業設備の老朽化
です。これらを放置すれば、確実に我が国の基盤を劣化させます。

1の対策として、これまでの子育て支援策の拡充と女性の社会進出のサポートを強化したいと思います。
2の対策として、「防災・減災ニューディール政策」を推進します。
3の対策として、エネルギー政策の転換に伴う「省エネ」を切り口にして、設備更新の後押し、例えば新しい設備にする際、環境性能の向上を条件に減価償却を短縮するなどのインセンティブを与える、あるいは、より環境性能の高い製品の研究開発に力を入れ易くするための出口戦略として、需要を創出する等です。

「量から質の時代へ」-このテーマは各界に与えられた課題だと思います。着実に、この転換を形にすることにより、新たな時代を我が国から拓いて参ります。

そのために、何としても勝たねばなりません!がんばります(^〇^)/

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年11月29日

エネルギー政策-省エネについて


こんばんは。今日も無事に事務所に戻りました。
日本の家電製品の省エネは確実に進んでおり、採算の合う形で買い替えも可能です。(詳細は以下の通り。小宮山宏氏公開資料参照)

日本中の電球をLEDにしたら随分省エネ効果もあるでしょうし、景気対策としても有効な手段になりえます。また、民間企業の設備更新を促すことによって省エネと景気浮揚効果の両立も十分可能です。さらに企業の競争力も向上させることができます。
最大のエネルギー源は「省エネ」とのスタンスでさらに研鑽を重ねます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年11月28日

最大のエネルギー源「省エネ」

20121128.jpg
この中で、最大のエネルギー源の一つは「省エネ」。
エネルギー消費を日々の暮らしで削減。もちろん快適に。
そのうえで、エネルギー効率の高いモノづくりで世界をリードすべきです。以下の資料は元東大総長の小宮山宏氏の公開資料です。ご参照下さい。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年11月26日

政党の離合集散

20121126.png
こんばんは!現在地は愛知県犬山市。今日も、もうひとふんばりです(^^)

ニュースでは政党の離合集散が頻繁に取りざたされています。

「何のため」が「己の保身」と見受けられる行動が目につくのは何とも残念です。

どこまでも、同じ人間、同じ生命という共通の基盤に立ち、「具体的な一人」から離れず、一人を幸福にするために、戦います!

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年11月25日

日本再建の即戦力

20121125.png
こんばんは!
今日も企業訪問・地域のご挨拶回り・街頭演説などなど、各地で叱咤激励をいただきながら活動を続けています。

3年余の民主党政権によって日本の状況が悪化したことは論を待ちません。
日本再建は待ったなしの状況です。政権担当能力があり、具体的な景気・経済対策があり、本当に地域に深く根ざして現場の声・地域の声を吸い上げるネットワークをもっていること、これこそが大切な政権政党の要件になります。

公明党は、まさに即戦力としてこの日本再建を担うことができる政党です。その一員として、さらにさらに大勝利に向け行動し抜いて参ります!

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年11月24日

エネルギー効率の向上を目指すべき

20121124.jpg
こんばんは!地域へのご挨拶回り、各種会合、街頭など、秘書・事務所スタッフ・家族が一丸となっての拡大戦を続けています。これから夜の会合に出かけます。エネルギー政策について話してきます。

エネルギー政策の転換が求められる今、最大のエネルギー源は「省エネ=効率化」だと考える一人です。特に家庭・オフィス・輸送部門のエネルギー効率の向上を目指すべきです。1973年のオイルショック以降、産業界は劇的にエネルギー効率を高めてきました。残された分野のエネルギー効率を高めることは、即、省エネ家電やエコハウス、エコカーの開発につながり、こうした技術開発こそ日本の新しいモノづくりの中核へと成長させねばならないと考えるからです。

新興国の急速な発展は、近い将来環境問題へと発展するリスクがあります。そのとき日本の技術が地球を救う。技術大国日本の国際貢献の道も、ここにあると考えます。研鑽を重ねます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年11月23日

明快な公明党のスタンス

20121122.png

明快な公明党のスタンスをご報告します!!

日銀法改正、国防軍は不要=自民公約に反対―山口公明代表【12衆院選】THE WALL STREET JOURNAL

公明党の山口那津男代表は22日、自民党が衆院選の政権公約に盛り込んだ憲法への「国防軍」明記や金融緩和のための日銀法改正について、反対する考えを示した。山口氏は「長年定着した自衛隊という名称をことさら変える必要性は今はない」と表明。日銀法改正に関しても「必ずしも必要とまでは考えていない」と述べた。公明党本部で記者団の質問に答えた。

また、山口氏は集団的自衛権の行使について「認めないという政府の見解は妥当だ」と述べ、行使を可能にすると公約した自民党とは異なる立場を強調した。

自民、公明両党は衆院選後の連立政権を目指しているが、両党で政権を奪還したとしても、自民党公約の一部は公明党の反対により、実現に向けた調整は難航しそうだ。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年11月21日

一剣を磨き有益な一人に

20121121.jpg
こんばんは!
今朝は7:50からの朝礼からスタート。愛知県の愛西市内で朝街頭の後、名古屋駅周辺でご挨拶回り。現在、事務所に戻りました。

鳩山元総理が不出馬を表明。小林某氏は民主→減税→(太陽)→維新入りを目指すと目まぐるしい動き。維新もこういう変節漢を受け入れるのでしょうか・・・。河村氏は維新との合流を断念とか。こうした間も、名古屋市政が無事に運営されていることを考えると、それを支えている公務員の方々には頭が下がります。

目まぐるしく動く政界。表層の動きに左右されず、一剣を磨き、国家国民にとって有益な一人となれるよう努力を重ねます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年11月20日

日本再建を競い合う新たな時代の開幕

20121120.jpg
こんばんは!今日も早朝6時からスタート。各地でご挨拶を重ねてきました。

移動時間を利用して幕末の志士について思いを巡らしていました。土佐藩の坂本竜馬・板垣退助、幕府の勝海舟、薩摩藩の西郷隆盛、大久保利通、長州藩の吉田松陰とその弟子たち等々。各藩の選りすぐりの闘士たちが、様々な思いをぶつけ合う中で維新のエネルギーが蓄積し、爆発していったと思います。

どこまでも事を成すのは一人一人の人間の力。日本の政治も、各党各様の人材が日本再建を競い合うように新たな時代の開幕が始まっていると感じるのは私だけでしょうか。保身に汲々とする吾人は、いつかその舞台から退場せざるを得ないでしょう。日々、努力を続けます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年11月19日

デフレ下における経済対策

20121119.jpg
デフレ下における経済対策
需要が供給を下回っている今、金融緩和による資金供給の増大と合わせて、需要の創出を早急に実施しなければなりません。
直近では、補正予算により、中期的には「防災・減災ニューディール」により政府主導の需要創出をします。
また消費の下支えとしての家電エコポイントやエコカー補助金の復活も実行する必要があります。
また、長期的には、エネルギー・環境や健康・医療、農林水産業、中小企業の分野で新しい成長戦略を断行し、2年以内にデフレを脱却し、実質2%程度、名目3~4%程度の持続的な成長の実現に総力をあげていきます!

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年11月18日

第3極について

こんにちは!
第3極について一言。

橋下市長と石原前都知事が合流しました。「野合」云々の論議にはあまり関心がありません。最終的には、候補者一人一人の力量によるのですから。

そういう観点で一言申し上げるなら、橋本氏と石原氏は別として、二人の人気にあやかって集まってくる候補者の面々が、果たして3年前の民主党ブームで当選したの方々(特に土壇場で離党をするような・・・)とどこが違うのか?ということです。

この第3極が、3年前の民主党や1年半前の減税日本のブームと同じ轍を踏まないことを、政治の道を志す一人として切に願います。

投稿者 いとう渉 政策・主張

TPPについて

TPPについて
国論を二分する議論を十分な情報もなく争点にするというのは、ちょっと無理がありますね。せめて政府各省の見解を統一してからにしなければ、判断のしようがないと思います。現時点で結論的なことをおっしゃる方々は、その根拠をを示す必要があります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年11月17日

何のために政治の道を志すのか? 公明党結党48周年

20121117.jpg

こんにちは!
今日は、公明党結党48周年の記念日。

公明党は「大衆とともに」との立党精神のまま、「人間の幸福追及」を根本理念として、政策実現に奔走してきました。

何のために政治の道を志すのか?
この度の総選挙は、この一点を見極めて頂く絶好の機会です。

どこまでも人間の幸福を追及し
一人一人の幸福と
社会の反映の両立を目指します。

そのために「人を作り、人を育む」ことを全ての根幹に据えて進みます。
そのために「命を守る」取り組みを断固前へ進めます。
そのために「経済基盤の強化」に全力を注ぎます。

そのために何としても勝たねばなりません!がんばります(^o^)/

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年09月20日

わたる会総会を終えて

20120920.jpg

こんにちは「いとう渉」です。

昨夜、後援会総会「わたる会総会」を開催いたしました。
お忙しい中、また、まだまだ景気状況も厳しい中、本当に大勢の皆様にお運びをいただきまして、心より御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

そして、早い時間から総会の運営に携わって下さった皆様、ホテル関係者の皆様、重ね重ね御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

現在の政治の混迷を見るにつけ、理念なき政治、哲学なき政治の限界を感じています。何のために政治の道を志すのか、この1点を見極めていただく行為が、主権在民である日本における選挙だと思います。

私は

世界中の母と未来を担う子供たちの笑顔のために働きます。
そして、どこまでも人間の幸福を追求し、一人一人の幸福と社会の反映の両立を目指します。

そのために「人を作ること、人を育てること」を全ての根幹に据えて進みます。
そのために防災・減災をはじめとする「命を守る」取り組みを断固前へ進めます。
そのために「経済基盤の強化」に全力を注ぎます。

そのために、何としてもリベンジを果たしたいと思います。
これからも、何卒よろしくお願いします。本当にありがとうございました!!

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年09月18日

中国反日デモに思うこと

20120918.jpg

こんにちは「いとう渉」です。

連日、中国国内での反日デモの様子がメディアをとおして目に飛び込んできます。1972.9.29日中共同声明調印から40周年の佳節、何としても良い方向へ転換を図りたいと思います。

ここで、あらためて主権国家体制について確認したいと思います。このシステムは、18世紀ー19世紀を通じて世界的に拡大し、現代も基本的に踏襲されている世界政治システムで、基本的な考え方は以下の通りです。(ウィキペディア参照)

1.国家政府に優越するような権威が国内にも国外にも存在せず、
2.国家間関係は基本的にアナーキーであると想定され、
3.警察、軍などを独占した諸国家がたがいに対峙し、
4.各国が国民経済(経済的自立性の確立)をめざし、
5.各国が固有の文化や価値、イデオロギーを確立して競いあう

上の5つを見て分かるように、最終的に実力行使も辞さない仕組みです。

世界の人口が増加する中、食料やエネルギー、水といった資源確保などを背景に、国家間の領土・領海の議論が活発になってくることは避けられません。

一方で、21世紀に入り現実の私たちの生活はどんどんボーダレスになっています。人間と人間の間には国境はありません。残念ながら主権国家体制という、やはり人間が作ったシステムに国境が存在するがゆえに、結果的に人間と人間がぶつかりあってしまう、これは本末転倒です。

報道されないところに、必ず日中の友好交流を願う大勢の中国国民もいると確信します。作られたシステムの中で人間同士が争わなければならないのであれば、システムを変えればいい!常に新たな枠組みを創造し続ける、そうした気概を胸に秘めて、どこまでも対話の力で、どこまでも人間の幸福の追求を目的として、現実の問題の解決に今おかれた立場で全力を尽くします。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年09月07日

幸福についての議論を

20120907.jpg

こんにちは「いとう渉」です。
ここのところ、子どもを巻き込んだ事件が重なっている。子を持つ親の一人として、胸が張り裂けるような痛みを感じる。TVでは容疑者たちの過去を映し出しながら、その原因を探ろうとしている様だ。

私が気になるのは、それぞれの容疑者がそうした行為に及ぶまで、家族をはじめ周りの人は何も気付かなかったのか、あるいは、気付いていても声をかけるなど気付きを行動にうつさなかったのだろうか?ということだ。全く気付かなかったのだとすると、それほどまでに人間の孤立化が進んでいることが裏付けられるようで恐ろしくなる。

人と人とが分断の方向に進んでおり、社会全体の犯罪抑止力が低下していることが大きく影を落としていると思えてならない。

さあどうする?

「豊かさのゆえ」「便利になりすぎた」、結果として人と人とのつながりが薄れてきた、あるいは、人と交わらなくても生きていけると錯覚してしまった、という表現もできるかもしれない。血のかよった人と人とのつながりを何としても取り戻していかねばならない。

そこに必要なことは「人間の幸福とは?」という価値観の議論だ。全ての目的はここに集約されなければならない。もちろん社会の反映や自然の保護も重要であり、そのためのポイントは「他人の不幸の上に、自身の幸福を築かない」ということだろう。

今、政治もマスコミも財界も、根本の目的が何かを見つめるときではないだろうか。
「一人一人の幸福と社会の反映の両立」という究極の目的達成のため、今日も活動を続けます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年09月03日

人を残すは上

20120903.jpg

こんにちは「いとう渉」です。

仕事柄、本当にいろいろなところへ伺う機会がある。この夏も三重県の鳥羽・志摩・尾鷲・熊野・紀宝などなど、都市部では見られない青い海、広い空、その空間にいるだけで発想が膨らむ。

未来を担う子どもたちに、もっといろいろなモノを、いろいろなコトを伝えていきたい、そんな思いが募る。前回記した戦争ジャーナリストの故・山本美香さんの著作を読んでも同じことを考えた。

厳しい経済状態、少子高齢化、世の中全体が萎縮気味の今だからこそ、子どもたちに広い広い世界を見せてあげたい。無限の可能性が広がっていることを、純粋な子どもたちの心に焼きつけてあげたい。

本物の舞台芸術体験事業、あまり知られていないが公明党が与党時代のH14年度からスタートした事業だ。子どもたちに本物に触れる機会を、との思いからスタートしたものだ。
「義務教育期間に1人が1度でいいから本物の芸術に触れる機会を!」国会の場で私も強く主張した。当時、三重県の小学校の体育館でバレエの舞台を鑑賞したこともある。芸術には疎い私だが、一人一人の真剣な顔、流れる汗、間近で見る舞台は大きな劇場で観るものとは全く違うものだった。

海外の名所や旧跡、海外の子どもたちとの交流、様々な形で世界に触れ、視野を広げるために国がアシストすべきだ。コストは、航空会社や宿泊施設にもご協力いただき、できるだけ抑えたものにしたい。

1923年9月1日に発生した関東大震災。帝都復興院総裁を務めた後藤新平が晩年に残した言葉。「金を残すは下、仕事を残すは中、人を残すは上」。

この国を守り抜いてきた先人の言葉を身に帯し、今日も現場へと足を運び続けます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年08月28日

「戦争を取材する」ー故・山本美香さんの本を読んで

20120828.jpg

戦争の悲惨さ伝え続けた故・山本美香さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

「たくさんの命がひっそりと失われている」・・・この言葉が心に痛みを残す。
深刻な宗教対立や大国間の思惑、これらを乗り越えて平和を取り戻すことは容易ではないだろう。
山本さんは紛争地に生きる女性や子供たちに焦点をあて続けた。明日をも知れぬ毎日の中、1日1日を懸命に生きる庶民の姿。過酷な運命にもめげず、負けるものかと歯を食いしばって生きる子供たち。
そんな姿から、人間の強さ、人間のたくましさ、そして悲惨な戦争の実像を伝え続けた。

紛争の根本に貧困の問題がある。
国連の2011年版世界人口白書によると、2011年10月31日に世界人口が70億人に到達したと推計されている。
その内、日米欧のような先進国に暮らす人は20%程度。80%、50億人を超える人が、アジアやアフリカなどの貧しい国で暮らしている。1年で1500万人もの命が貧しさのために奪われている。そのほとんどが子供だ。

貧しい国の人々が苦しんでいる原因は私たちのような豊かな国とも大きな関係がある。
世界中の人が生きていける食料は十分にある。100%ある。しかし、豊かな国に暮らす20%の人が、世界の70%の食糧を食べてしまっている。残りの30%の食べ物を、80%の人が分け合っている。(池間哲郎:「懸命に生きる子どもたち」参照)

民衆の中に深く入って、民衆とともに苦しみ、悩み、そして一緒に喜び、笑い・・・こうした精神が為政者に少しでもあれば、事態を改善することができる。残念ながら、日本の政治家の多くも我が身の保身と政局に汲々としている。

日本の柱に!先輩から受け継いだ魂を胸に、今日も全力を尽くします。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年07月10日

ピンチはさらなる成長のチャンス

20120710.jpg

こんにちは「いとう渉」です。今年の梅雨明けは7/21ごろとか。暑い夏になりそうですね。

政府は、関西電力大飯原子力発電所3号機(福井県おおい町)が9日未明にフル稼働に達したことを受け、10日から各電力会社管内の節電目標を関電が2010年比で15%から10%に、中部、北陸は4%、中国は3%に、それぞれ引き下げた。一方、九州(10%)、四国と北海道(各7%)の目標は維持した(読売新聞WEB抜粋)。

原発再稼働をはじめとする一連の報道は、日本のエネルギー政策の行方、ひいては世界のエネルギー政策の行方を考えさせる引き金となりました。

人類は、途上国の成長と先進国の生活水準維持を前提としながら、エネルギー、資源問題、環境保全問題の解決を目指すビジョンを渇望しています。日本はいち早くこの課題に直面しました。もはや見本となる国も見当たりません。いよいよ世界の先頭に立って、地球規模の問題群に挑戦する覚悟を決める時でしょう。国内で相争っている場合ではありません。

キーワードは「エネルギー効率の向上」「物質の循環システムの構築」「自然エネルギーの利用拡大」。日本人の優れた国民性と高い技術力で、世界が目指すべきモデルを創りあげていく一人でありたいと思います(小宮山元東大総長の著書[日本「再創造」]参照)。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2012年06月03日

防災・減災ニューディールと財政再建

20120603.jpg
こんにちは「いとう渉」です。今日は2会場で地域防災・減災ミーティングに出席。4月中旬より今日までに、全40会場以上、延べ約4万人の皆様に防災・減災の重要性についてお話を聞いていただいた。
名古屋大学の福和先生、水谷先生、川崎先生、岐阜大学の高木先生、三重大学の川口先生、NPO法人レスキューストックヤードの栗田先生をはじめ、行政関係者の皆様、ご指導を頂いている全ての皆様方に心より御礼を申し上げます。本当にありがとうございます。
こうした取組を継続し、より多くの方々の「命を守る」ため、さらに努力を重ねて参ります。

さて、次なる取組みの柱は、老朽化したインフラの修繕や取り換えなど、安全に対する投資を加速し、より質の高いインフラを整える「防災・減災ニューディール」の推進だ。これは、デフレ経済下における景気対策の効果もある。
ここ10年来、公共投資に対するバッシングが続き、本来行うべき安全に対する投資も十分でない現状には、土木技術者の一人として危惧を抱いていた。
今回の取組みは、人口減少時代に合わせた「インフラの再設計」も視野にいれながら、より効率的に社会の基盤を整えていこうというもの。合わせて政府支出による需要の増大によりGDPの押し上げがなされれば、税収増につながり、財政再建にも資することになる。

税の議論は重要。避けては通れないだろう。
しかし、順番が大切。景気回復・歳出削減、その上で税の議論だ。順番を間違えれば、税率だけ上げても、税収は上がらず、財政再建につながらないリスクすらある。
「財政再建」という目的と「増税」という手段を混同してはならない。政権交代後の経済の失速の反省もなく、増税路線を先行させる姿勢は、どうしても理解できない。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年04月09日

防災・減災力アップに全力

20120409.jpg
こんにちは「いとう渉」です。今朝も街頭からスタート。桜も満開となり、いよいよ春到来!ですね。

「自然は過去の習慣に忠実である」-寺田寅彦の「天災と国防」の一節だ。今後30年以内の発生確率「東海地震」88%(参考値)、「東南海地震」70%程度という、極めて高い確率で発生が予測されている地震への備えは急務だ。

4月上旬には静岡県東部に足を運んだ。立ち寄った沼津市ではハザードマップを見せていただいた。津波の到達時分約5~10分、高さ10mを超えるところもある。見るだけで緊迫感のある数字だ。すでに沼津市内では、各地区(連合自治会)単位でいざという時に逃げるべき避難ビルまで指定されており、取組みの進捗は早い。今後、愛知・岐阜・三重・静岡の4県下約40会場で防災の専門家を交えながら「地域防災・減災ミーティング」を開催する。地域によってバラツキのある防災意識の向上に努め、必ずやってくる災害に立ち向かう体制を整えたい。

また公助の一環として、2029年度には全体の51%が「建設後50年以上」になるインフラの再整備も課題だ。この取組は、コンスタントな公共投資につながるため、デフレ下の経済活性化にも有用だ。防災士の一人として、日本の安全・安心の向上に全力を尽くす。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年03月27日

メンツにこだわる政治の危うさ-3/26公明新聞「直言」転載

20120327.jpg

こんにちは「いとう渉」です。タイトルの件、問い合わせが多いのでブログに転載します。

特に、「釜石の軌跡」を生んだ防災教育支援推進プログラムのモデル事業を、民主党政権が2011年度予算で打ち切ったことに対して「信じられない!」という声が多い。当然だ。なお、この予算打ち切りの事実を野田総理は本年の予算委員会で公明党の白浜参院議員に指摘されるまで「知らなかった」事実も申し添えておきたい。

現場と繋がっていない政党の致命的欠陥。

地方議会から始まった公明党。地方議会との強力なネットワークから発する現場発の政策提言は、我が党の誇りだ。

以下、記事転載。

私は首都圏の壮年党員。先日、職場の同僚との対話の中で、国政が前に進まない原因の一つとして、“与野党のメンツ争い どちらに非がある?”が話題になった。

例えば子ども手当から児童手当への名称変更。「子ども手当」に固執する民主党と「児童手当」復活を主張する自民、公明両党が“どっちもどっち”とマスコミで揶揄されたが、この論評は正しくない。新年度からの新手当は児童手当法改正によるのだから、名称が「児童手当」であるのは疑問の余地がない。

与野党の協議で民主は迷走を重ねた。昨年12月から、子ども手当→子どものための手当→児童成育手当→児童のための手当と四転五転。児童手当と認めることに抵抗した。どちらがメンツにこだわったか、誰が見ても明らかだ。

呼び方だけの問題ではない。メンツへのこだわりは政策選択の誤りにつながる。東日本大震災で「釜石の軌跡」を生んだ防災教育推進プログラムのモデル事業を、民主党政権はなぜ打ち切ったのか。同事業を始めた自公政権への対抗心からだとすると事は重大だ。メンツ第一主義の政治は危うい。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年03月24日

書籍・資本主義以後の世界ー中谷巌

20120324.jpg
こんばんは「いとう渉」です。この本、諸活動の合間に少しずつ読み進めていますが、最終章にこんなくだりがあります。

曰く「われわれはどうやら『贈与』の精神を忘れたらしい。われわれの日常生活はあまりにも『交換』という考え方に偏っていた。」と。経済学者である筆者が中国の西端に位置するカシュガルに行ったとき、他人にもかかわらず見返りを求めない歓待を受けたことに端を発する。

詳しくは本に目を通してもらいたいが、「贈与」を「利他」に置き換えるとより分かりやすい。人は便利さや豊かさと引き換えに、ますます利己主義に陥り、自分以外の存在に無償でする行為が何か“損”をするような感覚にとりつかれてしまっている。結果、地域ではコミュニティが崩壊し、例えば町内会など、どんどん孤立化が進んでいる。ある意味、当然の結果として孤立死のような悲しい出来事がおこると、何故か行政ばかりをバッシングする。本当に行政だけの問題だろうか?

一人一人が「利他」の振る舞いを少しずつ取り戻してゆけば、世の中はもっと温もりのあるものになるだろう。例えば医療や介護においても、最も大切な“人の心”が置き去りにされている議論が多すぎる。その大きな方向転換の先頭に、政治・行政に携わる人間が立ち、見本とならねばならない。

時代は大きな転換点に差しかかっていることは間違いない。根底からの変革に寄与できる一人になるため、努力を重ねます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年03月08日

一人一人の幸福と社会の反映の両立を目指して

20120308.jpg
こんにちは「いとう渉」です。3/1付で次期衆院選の公認を拝命し、愛知・岐阜・三重・静岡の各地へご挨拶に伺う毎日。リベンジの機会を与えて頂き、本当にありがとうございます。再び国政の舞台で活躍できるよう、いよいよ全力で戦って参ります!

さて、今朝のニュースでは、若いお母さんが二人の幼子を餓死させた事件の裁判の様子が報道されていました。一人でいいから、心の内を打ち明けられる人がそばにいれば、もしかして避けられた事件ではないか?最近、そんな思いを抱く悲しい事件をよく見かけます。

国政の舞台では、税と社会保障のあり方の議論が続いています。制度の改善には不断の努力が必要です。その上で、それらを使って生活する人間そのものの豊かさをどう向上させるかという命題があります。1998年以降、13年連続で自ら命を断つ人は3万人超えるという異常事態が続いています。制度を向上し、物質的な豊かさや便利さを追求するほどに、人間そのものの豊かさは失われているのではないかと思えてくるほどです。

全ての議論は、最終的に一人一人の幸福の追求に帰着しなければなりません。そして、その上で社会の反映を両立させていく、その根本の信念を常に心に留め、行動して参ります。

※写真は次男坊が幼稚園で作ってきたロボットです。なんとなく癒し系なので添付してみました。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年02月17日

社会保障・税一体改革「大綱」の骨子 ー日経新聞より

おはようございます「いとう渉」です。今朝は、地下鉄・野並駅前での街頭を終え、ブログを書いています。今朝の日経新聞電子版に社会保障・税一体改革「大綱」の骨子が掲載されていました。その内容は以下のとおり。

【消費税】
○税率は2014年4月に8%、15年10月に10%に引き上げ
○食料品への軽減税率は見送り、単一税率を維持
○経済状況を総合的に勘案し、引き上げ停止を含め所要の措置を講じる規定を設定

【社会保障改革】
○所得比例年金と最低保障年金を組み合わせた年金抜本改革を実現するため13年の国会に法案を提出
○年金の受給資格期間を25年から10年に短縮
○パート労働者への厚生年金、企業保険の加入拡大

【政治・行政改革】
○衆院議員定数を80削減する法案を早期に提出
○「行政構造改革実行法案」(仮称)を国民新党と連携して提出

今行われている国会の議論を聞いていても、年金抜本改革の中身が全く見えず、その結果、今後必要な財源の所要額が不明なまま、それでも突き進もうとしている状況に、ただただ唖然とするばかり・・・。ますます政治不信が募ることを危惧します。

年金制度をはじめ、現行制度をどう具体的に改善するか、国会・行政・マスコミ・学術界が総力をあげて具体案を積み上げるべきだと考えます。今日も、自分にできることから挑戦します。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年02月15日

あらためて、防災・減災の取組みは本当に重要です

20120215.jpg
おはようございます「いとう渉」です。今朝は、東京に向かう道中でブロクを書いています。本当に寒い日が続いています。体調管理には十分に気をつけて下さいね。

よく言われる「自助・共助・公助」の割合ってどの程度かご存じですか?

7:2:1なんだそうです。災害発生時は、自らを助ける割合が圧倒的に大きいというわけです。最近は本当に地震が多い印象を持ちますし、東海地方や首都直下は大規模地震の発生が高い確率で予想されています。まずは身の回りの備えをあらためて確認して欲しいと思います。

その上で、先日視察をした愛知県田原市など、共助・公助の体制強化に様々な取組みがなされています。各地域ごとの避難場所や避難経路の確認、津波発生に対しての避難時間を確保するための防潮林およびその周辺の防波堤の増強。鈴木市長は外海側を走る国道42号線を嵩上げし、いざというときの防波堤機能を持たせたいとも話しておられました。是非、バックアップしていきたいと思います。

また私の住む地域では、広域避難所になっている公園整備に合わせて、トイレの増設など防災拠点機能の強化などを名古屋市に働きかけています。

最近の国会での議論を聞いていても感じることは、「政策の細部こそ重要」という点です。大風呂敷を広げても、中身が無いのでは何の価値も生みません。

課題先進国とも言われる日本です。それらを克服するための緻密かつ建設的な議論を重ねられるよう、現場に足を運ぶとともに、学びを重ねていきます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年02月02日

年金制度の緻密な議論が必要です

20120202.jpg
こんにちは「いとう渉」です。今朝の名古屋はすっかり雪景色。安全のため、家内の新聞配達を手伝ってから仕事をスタート。今日は一日、転倒や事故にくれぐれもお気をつけ下さい。

さて、国会での税と社会保障の一体改革、民主党の看板政策であった年金制度の抜本改革、あまりにもずさんな中身、というか実際には中身がなかった・・・このことに多くの方が呆れてみえるのではないでしょうか?

以前ブログで記したとおり、目下の年金制度は健全に運用されています。その上で、改善すべき点を考えてみます。

一つは、約6万円の基礎年金。収入がこれのみの場合、生活が成り立たないこと。また、生活保護との不整合も指摘されています。今一つは、政争のために、年金制度の不安をあおる政治家がいるため、若い方の中に年金をかけてない方々が見受けられること。これは将来的に大きな問題をはらみます。さらに、世代間の格差にも目配りが必要になります。

これまで公明党は、低所得者(単身世帯で年収 160 万円未満、それ以外は 200 万円未満)の基礎年金を 25%上乗せする加算年金制度を創設し、最低保障機能を充実すること(現在満額 で 66,000 円の国民年金の場合、83,000 円程度に引き 上げ)や、年金受給資格期間を 25 年から 10年に短縮すること(もちろん年金をかける年数が短ければ、受給額は少なくなります)など、現行制度のブラッシュアップを提案してきました。

今まさに、税の議論をするにあたっては、具体的な提案がなければ、議論のしようがなく、何のための国会か?ということになってしまいます。さらに論点を整理し、建設的な議論になるよう努めてまいります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2012年01月21日

選挙制度改革ー議員定数の削減について

20120121.jpg
おはようございます「いとう渉」です。1/21(土)の朝、ブログをしたためています。一昨日から降り続いた雨があがり、久しぶりに晴れですね。やっぱり青空は気持ち良いです。

さて、選挙制度改革について。前回、消費税議論のときに記したとおり、政治家自身が身を切ることは論を待ちません。よって、定数削減は当然行うべきです。その上で、歳費の削減ならば速やかに実現できる可能性が高いことから、山口代表は各所でそのことを訴えています。何よりも大切なことは、決断し実行することです。

政府・民主党の選挙制度改革の案は、比例だけを80削減し、小選挙区を5つ削減するというもの。これは問題ありです。ここ数年の選挙で問題視されていることは、「民意が反映されていない」という一点です。これは最高裁判所の考え方でもあります。比例だけ大量に削減してしまえば、より民意の歪みを大きくしてしまいます。政治の安定をはかり、政策を遂行するために、我が党は新しい中選挙区や小選挙区連用制を提案しています。

いずれにせよ、政治が信頼を取り戻し、本当に前向きな議論が展開される国会へと改善するための努力を積み重ねていきます。

(写真はお正月に撮った浜名湖です)

投稿者 いとう渉 政策・主張

2011年12月04日

障がい者政策についてお話を伺いました 〜高山市にて〜

こんにちは「いとう渉」です。只今12/4(日)14時ごろ、三重県津市にて青年局の街頭を終え、名古屋に戻る電車の中でブログをしたためています。

11月末に伺った高山市にてお聞きした障がい者政策についてのお話をまとめてみます。懇談のお相手は就労支援事業B型を実施されている事業者の方です。

自立支援法は施行当初は様々な問題を抱えていたものの、改善を続け随分使いやすくなったと評価をいただきました。自立支援法自体の方向性は、障がいをもった方々ができるだけ地域社会で共生できるように支援をするもので、結果として、地域には小規模な障がい者を雇用する場所や作業所が増えつつあるとの声も。
また、就労支援事業B型においては、一人当たりの給付が月額から日割りになることにより、事業者サイドがより高いレベルのサービスを提供するよう努力する契機となったとのこと。

一方、就労支援事業A型などでも制度の悪用も散見され、事業認定後、障がいの程度が改善されているか等のチェックが必要です。
また、一般就労へ繋げた方が事業者経営が厳しくなるなどの制度矛盾も改善の余地があると思いました。

政策の方向性を堅持しつつ、さらに現場の声を反映し、より使い易い制度へとブラッシュアップすることが重要です。政策が、政争の具にされることのないよう、歩みを進めていきます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2011年11月25日

今朝は高山市にいます

おはようございます「いとう渉」です。今朝の気温は2℃。やはりかなり寒いです。昨日のお昼頃こちらに来ましたが、随分、観光客も戻りつつある印象でした。昨夜は党の支部会へ。下呂、飛騨からも駆けつけてくださり本当に感謝しています。ありがとうございます。

昨日は文化センターの責任者の方や図書館の館長など、教育・文化に力をいれている方々と懇談の機会を得ました。文化センターでは12/11に地元の子供達を交えてミュージカルが行われるそうです。芸術監督は数々の舞台を手掛ける名古屋芸術大学教授の森泉博行先生。本格的な舞台で、地元でも本当に喜ばれている取組みのようです。

面白いのは、こうした取組みを通して、大学生と地元の子供達との交流が増え、この高山を一段と好きになり、結果、この地域の発展のために尽力したいと考える学生が出つつあるということです。また子供達の中からは、一流の芸術家となり故郷高山のPRを!、と夢を育てている人材が育ちつつあるということです。

教育・文化もちろん伝統、こうした無形の財に対する情熱と投資が、高山のさらなる発展の起爆剤になれば、本当に新たな街おこしのモデルになるのではないか、そんな夢が広がる一日でした。地元の中筬・山腰議員と連携しながら取組みを加速します。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2011年11月22日

フェザー安全剃刀株式会社を訪問しました

こんばんは「いとう渉」です。11/22(火)午後10時ごろ、ブログをしたためています。本日は岐阜県関市にお邪魔し、企業訪問と党支部会に参加してきました。関市・美濃市の皆様、大変にお世話になりありがとうございました。

さて、関市にてフェザー安全剃刀株式会社・会長と懇談の機会を得ました。国内でのモノづくりの模範をみる思いがしましたのでご報告します。
ここでは日常品として使われている「安全剃刀」はもとより、医療用メスなど様々な剃刀が開発・製造されており、販売先はワールドワイドです。一方、製造拠点はすべて国内にあり、新規採用は極力地元から実施しておられるとのこと。また技術開発のみならず、開発後の製品を製造するラインまで自社で設計・施工しているのには驚きました。
製品の精度を保ち、付加価値の高い製品、つまり高くてもニーズのあるものを何種類も製造することにより、国内生産のコスト高等のデメリットをカバーしている、まさに日本のモノづくり企業の目指すべき姿だと思いました。

どの企業も十分な研究開発費を出せる訳ではありません。ここを政府がフォローすることが重要です。やはり、我が国は一番を目指し、付加価値の高いモノづくりで勝負すべきであり、その裾野を広げる中で雇用拡大が可能になると考えます。研鑽を続けます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2011年11月17日

生活保護について

こんにちは「いとう渉」です。今朝、街頭をしていたら近所のおじさんに声をかけられました。曰く「生活保護を受けながらパチンコをうっとるやつがおる。けしからん!」とのこと。類似の事例が散見され問題視しています。

生活保護は205万人を超え、集計が始まった1951年以降過去最多となりました。やむを得ない事情の方々を支える制度を、悪用する人がいるならば何らかの手を打たねばなりません。正直に、一生懸命生きる人がバカらしいと思うような事態を放置すれば、社会全体のモラルが低下してしまいます。

ひと昔前は、生活保護を受給すれば地域において大変な話題となりました。ある意味、地域のつながりが一人一人の踏ん張りの土台になっていたとも言えます。「恥の文化」の崩壊は、地縁が失われたことの影響もあるのではないでしょうか。

「人の心を豊かに」- この指標をどこまでも追及していきます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2011年11月14日

大手化学製品メーカーを視察

こんにちは「いとう渉」です。昨日11月13日をもちまして42歳となりました。いつまでも青年の気概でがんばります。

さて、本日14日、大手化学製品メーカーを視察しました。目的は、日本の「モノづくり」のあり方を探ることです。この会社は、太陽電池や半導体ウエハースの材料など様々な化学製品を生産しており、事業拠点を欧州・アジア・米国へと展開しています。

太陽電池の世界シェアは、現在、中国がトップ、米国が第2位、日本が第3位だそうで、熾烈なコスト競争が展開されているとのこと。最先端技術の開発では中国の成長は著しく、学生も含めて非常にアグレッシブに世界に進出し、そのノウハウを自国に持ち帰っているようです。一方、そうして出来上がった製品を、安定供給する生産技術は日本に一日の長があるとも。企業努力が大前提とした上で、税制や水・電気などのユーティリティーが設備投資先選定の要素になることは論を待ちません。

日本の「モノづくり」の将来を考えたとき、国の仕組みそのものが選択される時代に入っているとの認識に立ち、行政の制度設計をする必要があります。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2011年11月06日

宇宙産業を拓くーモノづくり大国・日本の復権

こんにちは「いとう渉」です。11/6(日)午前、自宅にてブログをしたためています。

本年5/20、記念すべき日本製の人口衛星が打ち上げれたことはご存知でしょうか?名前は「ST-2」。シンガポールと台湾の通信会社が発注、三菱電機が開発したものです。記念すべき・・・と言われる所以は、国産の商用衛星が海外に販売されたのはこれがはじめてだからです。

日本が今後も高い技術力を生かして、「モノづくり」を生かしていくためには、「高くても売れるモノ」つまり世界の最先端技術を駆使した「モノづくり」も育てていかなければならないと考えます。ロボット産業もその一つでしょう。

残念ながら、まだまだトータルとしては欧米に遅れをとっていると認めざるをえません。しかし、各パーツ毎に日本製品の優秀さが認められてきています。

愛知県においては、「総合特区制度」(国際戦略総合特区)を活用し、航空宇宙産業の成長を加速するとともに、モノづくりの成長をリードしていくため、「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区推進協議会」が設置され、取組みがスタートしています。

技術畑出身の政治家として、世界一の「モノづくり大国・日本」を目指し、研鑽を重ねます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2011年10月30日

TPPについて、私はこう考えます

こんにちは「いとう渉」です。只今10/30(日)午前10時、ブログをしたためています。
ここのところ、環太平洋経済連携協定(TPP)への交渉参加、是か非か?という議論が沸騰しています。

私は、諸条件がはっきりしないまま交渉参加を表明するのは拙速すぎると考えています。ただし、外交交渉上、特に対米関係で別のファクターが存在するなら話は別です。

これまで、巷間言われていることは以下のとおり。
1.TPPとは、太平洋を取り巻く米国、ペルー、チリ、豪州、ニュージーランド、シンガポール、マレーシア、ベトナム、ブルネイの9か国が参加し、関税を原則ゼロにして貿易を自由化するルール作りの交渉。
2.交渉されるのは、金融、食品検疫、遺伝子組み換えなど食品などの安全規格、知的財産など21分野。
3.GDPで見ると7割がアメリカ、日本は2割、残りがほか7カ国。
3.内閣府は25日、TPPに日本が参加した場合には、GDPが0.54%(金額ベースで2.7兆円)押し上げられると試算。
4.この2・7兆円は10年間の累積数字(らしい…。正確な諸条件が明らかにされていませんので、ネット上の情報によっています。)。1年当たり2,700億円。当然のことながら、一気に関税がゼロになるわけではないので時間的な一定のスパンが必要になります。
5.農家などが壊滅的な打撃を受けるということで反対。
6.工業製品の輸出増が期待できるということでメーカー等は賛成、と言われていますが、直接あるメーカーに伺ったところ「今は、各国の現地で生産しているので、関税の影響はあまり受けていません」とのこと。そうすると、関税が低くなれば、グローバル企業にとっては様々な部品・製品のやり取りがし易くなるので、メリットはあると思いますが、日本国経済へのプラス要因は限定的と推察できます。

以上、列挙してみると農業への打撃の方が気になってきます。一方、農業のあり方も今のままで良い、とも言えません。これはこれで改善の余地は多分にあるでしょう。また、だからこそ思いきって交渉に参加して、外交上有利な環境を作るとともに国内の改革を推し進める、という考え方もありです。

いずれにせよ、11/12-13とハワイで開催されるAPEC首脳会議で、諸条件がはっきりしないまま交渉参加を表明するのは拙速すぎる、との結論に至ります。ただ、マスコミ諸氏と話していますと「与党・政府は交渉参加を表明する」との見方が依然強いのも事実です。

大切なのは、国民の安全と安心の確保。どこまでも発想の中心軸をぶらさずに議論を重ねます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2011年10月25日

年金支給開始年齢引き上げ報道について

こんにちは「いとう渉」です。今日は問い合わせの多い年金制度の件について簡潔にご報告します。

まず結論、支給開始年齢を引き上げる必要はありません。2004年に実施した年金制度改革、いわゆる「100年安心プラン」はもちろん健在です。

まず年金制度の骨格。高齢化社会を乗り越えるために、負担と給付の関係を整理しました。

1.上限を固定した上で、保険料を引き上げ(上限は国民年金で約1万7千円、厚生年金で労使合わせて18.3%つまり個人負担は半分の9.15%)
2.負担の範囲内で給付を自動調整するマクロ経済スライドを導入
3.積立金の活用。これを概ね100年で必要な金額を残して取り崩すことを決めたので、100年安心プランと銘打った。
4.基礎年金の国負担を1/2まで引き上げる。

加えて、少なくとも5年ごとに財政運営等が大丈夫かどうかチェックする。こういう仕組みになっています。

これらを将来にわたって健全に運営するために、
1.合計出生率を2050年までに1.39人以上とする。
2.賃金が毎年1%以上に上昇すること。
3.1/2の国庫負担を維持するための安定した財源の確保。

1.は昨年すでに1.39人になっていますので、これはOK。その上で不断の政策的努力を続けます。
2.は達成できていません。そのために、景気回復が必要であり。これは年金制度のみならず全てにわたって実現しなければならない国の課題です。
3.は今後、税の議論における大きな課題の一つです。私は、例えば消費税は、社会保障に限定し、その使途を明確にすべきと考えています。

では、2.が達成していないからといって年金制度が破たんしているかというとそうではありません。年金の積立金は安定して運用されており、2001~2010年までの運用で11.4兆円の収益をあげています。こうした取組で、賃金が上がらない分をカバーしています。しかし、景気回復がずーっと達成されなければ、それは問題です。ここは全政策を総動員する必要があります。

以上、できるだけ簡単に記してきましたが、重ねて申し上げますが、支給年齢をあげる必要はありません。

一時期、「100年安心プラン」というフレーズが政争のターゲットとなり、批判を繰り返す政治家もみえました。それらの政治家は、制度改正を実行できる立場になりながら、何ら手を打つことなくその立場を辞したようです。「年金の一元化」とか「最低保障年金」とか、現実も見据えずに話す方もみえましたが、これも最近あまり聞かれません。残ったのは年金制度に対するぬぐい難い不信感のみです。私はこれらの政治家の罪はあまりにも重いと思っています。

私そして私たちは、どこまでも安心できる社会保障を維持・改善するため、現実的にかつ具体的な対策を提案し、実施し続けて参ります。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張

2011年10月10日

日本が世界の先頭に立つとき

こんばんは「いとう渉」です。10月10日(月・祝)夜、自宅にてipadに向かっています。

本当に気持ちの良いお天気が続いてますね。

先週4日には恒例の“わたる会総会”を開催。本当に大勢の方にお運びいただき、感謝にたえません。本当にありがとうございました。また、お越しになれなかったものの、ご協力をいただいた方々、重ねて御礼申し上げます。本当に本当にありがとうございました。この御恩に報いるため、一層の努力と行動を続けます。

戦後、我が国は日米同盟を外交防衛の軸とし、今日の経済発展を遂げてきました。そのアメリカも今、失業率9.1%、全人口に占める貧困層の割合が15%と過去20年来で最も高い水準となっています。

様々な規制を緩和するなかで、生活レベルの二極化が進んでいると言えます。その後ろを日本は追いかけているとも見えます。一方で、グローバル・マーケットでの競争に勝ちゆくためには規制の緩和も必要な場合があります。

実態のない金融取引に目を奪われすぎることなく、モノづくりなど実業を確実に成長・熟成させることが重要です。時代は何事においても“本物”を求め始めています。

今、巷には大変厳しい景気状況の中で、ギリギリのところで歯を食い縛って頑張っている方々が大勢みえます。大震災や台風被害のなかから立ち上がろうと、必死の努力を続けている方々が沢山みえます。私は、この苦境を乗り越えた人達の中から、必ずや次世代を担う方々が綺羅星のごとく陸続と登場すると確信し、行動する毎日です。

「艱難汝を玉にす」ー 日々胸に去来する言葉。身をもって体感すべく、努力を重ねます。この国のために。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2011年09月26日

庶民の声を聞け!政治家は・・・

こんばんは「いとう渉」です。事務所に戻りブログを認めています。

今日も幾人の中小企業の社長と懇談の機会を得た。いずれも景気状況は芳しくないとの認識。こんな時に復興とはいえ増税はやはり耐えられないのではないか。私が想像する最悪のシナリオはこうだ。

基幹税つまり法人税等を増税した場合、そのコスト増をかぶるのは一義的に大企業が中心となる。なぜなら中小企業の過半が赤字経営だからだ。しかし、大企業に課せられたコスト増つまり増税分は、コスト削減努力として下請け企業に課せられるだろう。ただでさえコスト削減でギリギリの経営をしている中小・小規模企業は、仕事を続けられなくなるリスクすらあるのではないか。さらに、コスト増に耐えられない大企業は海外移転を加速する。悪循環が重なれば、雇用はひとたまりもない。

こうした事態に陥らないように、経済状況にも配慮しながら復興を進めるためには、建設国債の発行を躊躇するべきではないと考える。建設需要はデフレ対策としても有効だろう。目下の世界経済の状況で、相対的に強くなっている「円」のことを考えれば、巷間言われているような国債の金利上昇等のリスクは低いと見てよいのではないか。財政への配慮は、景気状況を良く見極めたうえで、ギリギリのタイミングで手を打つしかない。

こうした判断を国家の総意、少なくとも衆参両院の賛成多数を得ることは簡単なことではないが、一方でスピードが重要だ。野田内閣の手腕が問われるとともに、我が党のかじ取りもきわめて重要になる。

庶民の声を聞け!政治家に求められるのは現場感覚だ。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2011年09月22日

リスクをとって先手を打て!

こんにちは「いとう渉」です。台風15号が日本全土に爪痕を残しました。昨日・一昨日と名古屋市内を回りながら避難中の皆様の激励や被害状況の把握に努めました。地球の温暖化などの影響か、日本の雨も局地的に豪雨となるケースが増えています。地震のみならず災害全般に対しての対策を強化する必要があります。

さて、米連邦準備制度理事会(FRB)は21日発表した連邦公開市場委員会(FOMC)声明で、総額4000億ドル(約31兆円)の追加措置を打ち出しました。保有する短期国債を売却し、長期国債を買い入れるツイストオペを実施する模様です。一方、日本は金融緩和に対する慎重姿勢を崩さず、対応が後手に回らないか心配。まるで、誰もがリスクをとらずに、ズルズルと状況を悪化させているように見えます。

復興には基幹税で対応すると政府・与党は言うものの、その投資先である東日本の復興のビジョンあるいはマスタープランが未だ目に見える形で出てこないことが致命的です。これでは立ち上がろうとする一人一人への希望にならない。ましてや、復興には建設国債という選択肢も検討する必要があります。赤字国債と混同して議論するのはナンセンスです。

加えて、経済的にみれば一つの特需となるはずの復興への取組みが、それほど経済効果を生んでいないように見えるのはなぜか。スピードが遅いことに加えて、発注・受注が適切に行われているかも目配りをする必要があります。

本当に厳しい環境の中で、もがきながら再起を期す人達とともに今日も全力を尽くします。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2011年09月14日

野田内閣との論戦スタート

おはようございます「いとう渉」です。
8:10名古屋発ののぞみにて東京に向かっています。

今、野田総理の所信表明を読み終えました。
震災や台風被害からの復旧・復興、財政の再建、経済の再生、社会保障の再検討、外交、防衛等々、各省庁からのヒアリングも十分なされた上でのバランスのとれた内容になっていると思います。

ただこれらは、これまでも幾度となく言われてきたことで、さして目新しいことではありません。2年前の政権交代以降、普天間の国外移転、高速道路の無料化、子ども手当、事業仕分け等々、バタバタと新たな挑戦をするも、我が国のおかれている現状の認識が甘くいずれも頓挫し、結局元に戻ってきた、これが私の印象です。

行政組織との連携のために必要な事務次官会議、経済政策の司令塔たる経済財政諮問会議、いずれも民主政権が廃止し、また今回元に戻しているだけのこと。これまでの2年間のマイナスを、やっとゼロに戻したというのが実情ではないかと思います。

いよいよ本格的な論戦がスタートします。「不況下での増税」よりも財政・金融政策による経済再生、復興におけるマスタープランの提示、それらを形にするスピードの向上のため、どこまでも国民のため、日本のため、ひいては世界のために是々非々の議論を展開します。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2011年08月31日

マニフェストは国民との約束

こんにちは「いとう渉」です。今日は東京に向かいます。

新総理に野田佳彦衆院議員が就任しました。個人的には、今回の候補者の中では最も落ち着いたリーダーの誕生ではないかと感じています。遅れに遅れている震災復興のスピードアップをまずお願いしたい。

その上で、民主党政権が誕生した一つのきっかけであるマニフェストについて確認したい。子ども手当や年金一元化などの政策はすでに有名無実。加えて野田内閣の懸念材料は増税。私も増税はしかるべきタイミングでは避けられないと考えるが、現在のデフレ経済下では日本経済の命取りにもなりかねないと危惧している。

政権公約であるマニフェストの遂行を事実上断念したのであれば、震災復興に一定の目途をつけた段階で、実現可能な本当のマニフェストを掲げ、政権選択の是非を選挙で問うのが筋ではないだろうか?

できない事を掲げて先の衆院選で政権を獲得したのであれば、それは国民との明確な契約違反。マニフェストの重みを取り戻すためにも、厳格な対応を新内閣には期待したい。我々は与党時代、選挙の度にマニフェストの達成率NO.1を誇りとし、有権者の皆様に報告してきた。

マニフェストは国民との約束だから。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2011年08月25日

立候補説明会に9陣営-民主代表選

こんにちは「いとう渉」です。昨日・一昨日は上京、現在地は愛知県は大府市、昼食後にブログをしたためています。

民主代表選に多くの方々が立候補を考えてみえるようですが、こんなにも厳しい日本の社長を志す以上、相当な覚悟と国家の舵取りにおける戦略を抱いていると信じたいものです。

これは選ぶ側も同じ。一国のリーダーを決めることになる投票行動は極めて重要であり、党内の論理が優先されることはまかりならないとの自覚を持っていただきたいと祈るような気持ちです。

私自身は、日本の難局をどう乗り越えていくのか?その答えを求めて、日々、人に会い続ける毎日です。円高の是正など国内の経済活動を支援するための方策、一方、円高を利用して活性化が可能な業種の支援、当然のことながら震災復興に向けての公共・民間合わせての投資の支援など。世界の各国は極めて戦略的に手を打っているように見受けられます。日本も遅ればせながらインテリジェンス機能を強化し、情報戦においても対等な立場を獲得しなければならないと痛感します。

多くの皆様からの知恵の提供を心よりお待ち申し上げます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2011年08月09日

東奔西走の日々

おはようございます「いとう渉」です。名古屋ではこの日曜日あたりから暑さが戻り、再びの夏本番といった具合です。

連日企業を中心に訪問を続けておりますが、日本の現状への不安、政治への不信等々、明るくない話が大半です。それでも何とか議論を重ね、この国を前へと進めるための知恵を見出そうと、現場を回り続ける毎日です。

環境が厳しければ厳しいほど、必ず人材は育ちます。時流に流され、無責任に評論を繰り返す方々を尻目に、今こそ次世代を担う世代が手を取り合い、行動を起こす時が来ていると感じます。

スマートフォンの基本ソフトとしてお馴染みの米グーグルの「Android」。そのセキュリティ部の部長に灘高校の現役高校生(2年生)が抜擢されたというニュースもそうした兆候の一つだと思います。

人材はいる。知恵もある。それを政治が糾合できるかどうかが勝負。何としても未来を開かんと、今日も行動を続けます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2011年08月02日

がんばろまい!!日本

こんにちは「いとう渉」です。少々ご無沙汰をしておりました(^_^;)

先日、ある設計会社を訪問した。幹部の方曰く、「最近のメーカー系企業からの相談はほとんど海外の案件ですね。」と。何気ない一言が今の日本の現状を物語っている。

遅々として進まない震災復興、円高の進行、電気料金等の製造コストの増加や増税に対する懸念、依然として続くデフレ経済。国内の景況感は厳しさを増すばかりだ。

震災復興はもとより、着実に進行する高齢化社会に対応する社会保障制度の整備、財政の再建等々、国家としての課題は山積みであるにも関わらず、政府・与党は迷走を続けている。明治維新から約140年、戦後約60年を迎えようとする今日、我が国はいよいよ真似る相手のいない未知の世界へと船出をしなければならない時を迎えている。英知を結集して、来るべき時代に対応した国づくりを進めなければならない。

世界はますます小さくなり、個人も法人も住むべき国を選ぶ時代に突入している。無資源国家と言われる日本だが、“水”や“海洋資源”は豊富であり、美しい四季の変化があり、高いエネルギー効率を誇る生活水準を保っている。ヒト・モノ・カネを呼び込むポテンシャルは高い。政治が本当の意味でリーダーシップを発揮し、それらの投資を喚起する制度設計こそ喫緊の課題ではないか。知恵は現場にあり。日々、行動あるのみ。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2011年07月20日

新エネルギーの現状

こんにちは「いとう渉」です。台風6号の被害が各地で発生しています。引き続き台風情報には注意が必要です。

さて、新エネルギーの現状を整理しておきたいと思います。

経産省の資料によれば、09年度の日本の総電力供給における種別の比率は、水力が8.3%・火力が61.4%・原子力が29.3%・太陽光などの新エネが1.1%。

では、新エネルギーの未来はどうか。本日の日経新聞・経産省資料等を参考にまとめると次のようになる。まず太陽光。現状の発電コストは1kw時あたり37~49円と火力発電(天然ガス)の4~6倍程度。太陽電池は光を電気に変える変換効率が10%台半ば。「量子ドット太陽電池」なるものを開発すれば、理論上この変換効率を60%以上にあげることも可能とか。こうなれば天然ガスなどの水準に並ぶが、実現にはまだ20~30年という時間が必要という。

この間をどうつなぐか。火山国の日本には地熱資源が豊富なため、地熱発電の潜在力は約2350万kw。原発の約23基分に相当する。ただし、その8割が国立公園内に集中しており、使えているのは54万kwに限られているとのこと。風力発電は洋上を利用すれば約1600万kwが可能と推定されるが、漁業権との調整が問題になるとか。

7月15日午前、国会内で開かれた閣議後の閣僚懇談会。中野寛成国家公安委員長が菅首相に対し「脱・原発依存」宣言に対する見解を正したところ、「国民に方向性や自分の決意を述べておく時期ではないかと考えた。私個人の考えだ」と答えたとか。ある程度の裏付けとなる、現状把握や将来の見通しがなく“個人の考え”を国民の前で披歴したのだとすれば、あまりにも幼稚すぎる。

2重ローン対策、がれき処理、原発賠償の仮払いなど目下の課題解決に全力で取り組みつつ、我が国の進むべきを映し出せる真の政治家としての実力を身に着けていかなければならない。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2011年07月11日

迷走を続ける政府与党〜ストレステストとは?

20110711.jpg
こんにちは「いとう渉」です。今朝は地下鉄・堀田駅にて街頭からスタート。先週は東京スカイツリー付近の錦糸町駅にて青年委員会の街頭。来春の開業以降、東京スカイツリ−にもクールアースデーへご協力いただけるようお願いに伺った。

20110711-2.jpg

ここのところ“原子力発電所のストレステスト”という言葉をよく耳にする。これは、どの原発の設計も建設時に安全基準に上積みされた余裕分があり、ストレステストは余裕分がどれくらいあるかを示すものだ。 基準を超えた重大事故や自然災害にどれだけ耐えられるか評価する。

経済産業省原子力安全・保安院は、テストはあくまでこの余裕分を調べて信頼性を高める追加的な評価と位置づける。安全基準を満たしていれば運転可能だという立場は崩していない。ただし、定期検査のように機器を点検するものではない。評価項目を決めてコンピューター解析し、弱みや安全余裕が無くなる限界を調べるものだ。

安全性を確認する意味での一つのツールではあるが、突然降ってわいたように実施に至るところが、今の政権そして総理の危ういところだ。もちろん現時点において、ストレステストの結果、弱点があっても電力会社に改善させる強制力はない。行き当たりばったり、いわゆる“世の中の空気”のようなものに迎合するだけのリーダーなら、とてもこの国を託すわけにはいかない。

2030年に電力の30%を自然エネルギーでまかなう国を目指す−2010年に公明党が掲げたマニュフェストだ。そのためには、電力の固定価格買取制度、スマート・グリッドなど、着実な技術開発や制度の検討が必要。トータルビジョンの整理に総力を結集すべきではないか。そのとき、官僚機構を最大限に活用するべきだ。立法と行政の連携の悪さが、震災復興をはじめ、様々な政策推進のスピードを遅くしているように思えてならない。

すでに、与党内部にあっても建設的な議論が行われていない様子がもれ聞こえてくるあり様。我が国の立て直しには政権を変えるしかないやに思えるが、被災地のことを考えれば解散総選挙など考えられない。

本当に難しい局面が続くが、今の立場で全力を尽くすのみ。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2011年07月04日

政治家は国家の経営者ではないのか?

民衆のなかへ。この不滅の魂の炎の連帯のなかにこそ、新しき歴史は生まれゆく。
民衆ほど、偉大な力はない。
民衆ほど、確固たる土台はない。
民衆の叫びほど、恐ろしきものはない。
民衆の前には、いかなる権力者も、富豪も、名声も、煙のようなものである。

こんにちは「いとう渉」です。日本は、もう一度基本に立ち返って、国づくりを、その根本となる人づくりを、そのために本当に民衆の側に立つ政治家を輩出しなければならないと、痛感する毎日。

先週は税と社会保障についての提言が政府・与党からなされた。これから与野党協議を進めるとのことだが、根本的な信頼関係が崩れている中、どう前に進めるのだろうか。

もとより、大変に大切な課題。与野党が逆だった時代には、民主党は一切協議に乗るつもりがなかったこともあらためて明記しておく。その上で、だからその仕返しというつもりもさらさらない。しかし、自分の党内もまとめられないリーダーと協議するというのも些か無理がないか。

この問題は、国家の根本課題。加えて経済政策・財政再建、そして震災復興等々、依然として課題は山済みであり、その山は時とともに大きくなっている。

震災の復興にも、社会保障の議論にも、財源が必要だ。日本にはGDPの2倍になろうとする借金もある。まさに、与野党を超えて乗り越えねば、越えられない大きな山だ。

再生エネルギー法案も大切だが、国家の土台が不安定では、どんな政策も砂上の楼閣となってしまう。

いいかげんに、人気取りばかりの判断を改め、真に国民のための議論を国会で徹底的に戦わせて欲しい。それには痛みも伴うかもしれないが、その先に新しい未来があることを示すのが、国家の経営者たる政治家の役目だと信ずる。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2011年06月27日

がんばろう日本!!

こんにちは「いとう渉」です。今週もスタートしました!日々、新たな気持ちで「前へ」進みたいですね。

さて先週末、政府の復興構想会議(議長・五百旗頭防衛大学校長)が復興の青写真となる「復興への提言~悲惨のなかの希望~」を菅首相に提出をしました。財源として、「臨時増税」検討を明記。必要額については、1次補正を含めて「14.1~20兆円」に上ると試算を参考資料に明記した。

一方、国と地方を合わせての長期債務残高は約875兆。H23年度予算92兆のうち44兆円が借金となっている。巷間言われている通り、このまま推移すれば、あと数年で債務残高は1000兆円の大台にのる。

東日本の復興、経済の再生、社会保障の安定、借金の返済・・・なさねばならぬことは明白だが、どこから手を付けるかで意見が分かれる。借金の返済をはじめ「財政の健全化」を優先する論者は「増税ありき」の話となる。一方、経済の再生を優先する論者は日銀による国債の引き受けなど「さらなる金融緩和」を主張する。

いずれも一長一短があり、具体的に前に踏み出せずにいるのが現状だ。しかし、残された時間はそんなに長くはないのではないかという不安に駆られる。痛みを恐れていては改善への一歩は踏み出せないのではないだろうか?

社会保障費と地方交付税で5割を占める歳出のあり方等を見直すため「事業仕分け」のようなパフォーマンスではなく、通年で予算委員会を開くなど、徹底した予算のチェック。景気を下支えするための政策の推進。このとき国内雇用の大部分を支えている中小・小規模な会社群への配慮が重要。その上で、税の議論を行い、新規の予算は社会保障目的税化するなど使途を明確にして理解を求めることが大切ではないだろうか。また急激な変化は避け、毎年、少しずつ変化させる-例えば消費税を1%ずつ上げるとか-ことにより、それ自体が一部ではあるけれども景気対策になるのではないか。もちろん、消費税を上げる品目-例えば食料品などの生活必需品は外すとか-についても検討が必要。

国の財政事情が好転してくれば、国内投資を呼び込む政策にも拍車をかけ、安定した成長軌道に乗せる。その際、今まで歩んだ道を繰り返すのではなく、エネルギー効率の高い、水と食料の豊富な、世界一安全で安心な国を目指し、世界中から人・モノ・投資を呼び込んでいく。

月曜日の朝一につらつらと書いてみました。日本の総力を結集しなければなりません。夢物語と笑う人がいるかもしれませんが、誰かがやらなければ日本の未来は開きません。心ある皆様からのさらなるご提案、ご意見、ご批判を心よりお待ち申し上げます。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2011年06月20日

ことの本質は何だ?

おはようございます「いとう渉」です。街頭を終え、ブログをしたためています。はっきりしない天気が続いています。どうか健康管理には十分お気をつけ下さいね。

国政の混乱?というか何というか・・・説明のつかない状況が続いています。「ことの本質は何だ?」と思索の糸を紡いでは解き放つ日々。政権交代から丸2年、絶大な期待を受けて誕生した民主政権、振り返ってみれば何の成果もなく、沖縄の基地問題などは散々こねくり回されて、結局、元に戻されようとしています。仲井真知事が怒るのも当然すぎる話です。

震災以降の対応、特に原発事故対応の迷走ぶりは目を覆うばかり。ここに来て新エネルギー推進法案を創りたいとか。もちろん議論は必要だし、事柄そのものを否定するつもりはさらさらありません。

ただ、こうしてこの2年間を振り返ると見えてくるのは、場当たり的な対応の繰り返しではないでしょうか?そのときの表層に流れる民意のようなものに帆をあげて、とにかく風を受けようとする。行き着く先が何処になるかも告げないまま。

これは恐ろしいことです。リーダー自身が何処に向かおうとしているのか実は分かっておらず、とにかくその場をしのごうとしているのだとしたら。

今、リーダーに求められる資質は、全責任を担い、我が国の持てる力を最大限に発揮すること。独り善がりは禁物。そのために、現場の知恵を信じ、思い切って権限を与えることが重要かと。そして、痛みと批判を恐れず、本質的な改善策を着実に進めなければなりません。

日本の将来を左右する判断のタイミングが遅れ続けていること危惧する一人です。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2011年01月26日

国会開幕!!

20110126.jpg
こんばんは「いとう渉」です。第177回通常国会が開幕しました。本日から代表質問がスタート。社会保障制度など待ったなしの問題が山積み。是非とも建設的な議論を期待したいと思います。

さて、国会開幕にあたり、日本の財政状況を見ておきたいと思います。H22年度の一般会計・特別会計の大要は次の通り。

社会保障関係75兆・国債75兆・地方交付税交付金20兆・財政投融資(国が貸すお金)15兆・その他教育費など30兆、合計215兆。これで全部です。つまり、社会保障と借金の返済(国債)だけで、実に全体の7割を占めていることになります。ここをどうするのか?以前から繰り返し話していることですが、これが肝になります。

ちなみに、社会保障費における国税・地方税負担は約40兆、消費税1%の税収が約2.5兆とすれば、16%相当ということになります。また、プライマリーバランスの赤字は約23兆。政権交代後悪化をしていることも付け加えておきます。参考までに、自公政権(安倍内閣)のときはこの赤字は約5兆円にまで縮小していました。

経済成長と財政再建、そして社会保障の安定化。いずれも困難を極める課題ですが、やるしかありません。私は、私の立場で、全力を尽して参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2011年01月17日

忘れない強さ

20110117.jpg
こんにちは「いとう渉」です。阪神・淡路大震災から16年の今日、復興の途上にある皆様に心からのエールを送ります!悲しみを乗り越えて、幸福を勝ち取られんことを、心よりお祈り申し上げます。

昨日は義理の両親の故郷・宮崎県都城会の幹事会に参加。こちらも口蹄疫からの復興はこれから。しっかりと応援していきたいと思います。

我が国は戦後66年になろうとしています。手段である政治や経済のことばかりに目を奪われ、「人間の幸福」という目的を忘れがちではないかと思うことがあります。

根本目的をしっかりと握りしめ、今日もがんばります(^^)政治は、人類を幸福にするための手段に過ぎないのですから。

追伸:今、東京に向かっています。こちらは快晴です。名古屋から出かけるのに、いつもの二倍近く時間がかかかりました…。写真は長女がつくってくれた“雪だるま”です。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2011年01月03日

新出発!

20110103.jpg
2011年、あけましておめでとうございます!「いとう渉」です。年末年始はいかがお過ごしですか。元旦・2日とも名古屋は快晴で、市内瑞穂区・熱田区を中心に、本当に気持ちの良いスタートを切ることが出来ました。

1月3日(月)は、山口代表を迎え、名古屋市会議員選挙予定候補者12名(千種区:たなべ雄一、中川区:ばばのりこ・木下まさる、名東区:こばやし祥子、天白区:三輪よしひろ、中村区:中村みつる、西区:さわだ晃一、北区:はせがわ由美子、守山区:こんばのぶお、緑区:近藤かずひろ、港区:佐藤けんいち、南区:福田せいじ)とともに、名古屋駅にて街頭演説会からスタート。

混迷する日本を、地域から、現場の知恵から、揺り動かすような活動を展開して参る決意です。

さて、元旦の各紙に目を通すなかで、日経の1面の見出しが目に留まりました。「先例なき時代に立つ」と。まさにこのとおりだと、かねてから私も考えてきました。竜馬の時代はまだ良かったと。欧米という目指すべき見本があったからです。今、我国が遭遇している「人口減少」「急速な少子高齢化」「社会保障のほころび」「長期デフレ」、これらはまさに未体験ゾーンに突入していると言えましょう。

政治家は、今こそ日本の強みを最大限に生かし、この難局を乗り越えるだめに総力を結集しなければなりません。「もはや日本で付加価値の低い製品は作れない。しかし付加価値の高い製品なら、世界一の現場力を発揮する」(日産社長カルロス・ゴーン)。「製造業がグローバル市場で稼ぎ、富を国内に還流させる」(日本総研ビジネス戦略研究センター所長の山田久)。これも同紙に掲載されていた文面の抜粋です。

小さくとも「機動力」と「チームワーク」で、この局面を打開する知恵を、我が公明党から発信しゆく1年にして参ります!!

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年12月21日

地球を考える(その1)

20101221.jpg
こんにちは「いとう渉」です。一段と寒くなってきておりますが、体調はいかがでしょうか。今朝、先輩から「ぎっくり腰」になってしまったとメールが・・・。朝は十分体を温めてからスタートしたいものです。

さて、今朝は少し視点を上げて、地球の現状について考えてみたいと思います。世界の人口は、国連推計では2010年10月現在で69億人。毎年増え続けていると言われています。

その中で、最も人口の多い国が中国で13億人、続いて第2位がインドで12億人です。実に二ヶ国で世界の1/3以上の人口を抱えていることになります。

この二つの国が急速な経済発展を続けているわけです。果たして地球の環境は耐えられるのでしょうか?素朴な疑問がわいてきます。少なくとも、世界が力を合わせてエネルギー効率が高く、できるだけ環境にやさしい国づくりを進めていかなければならないことだけは間違いないと思うのです。

ここに我国・日本の活躍の舞台があると考えます。

この話は長くなりそうなので、また、続きを記したいと思います。今朝はここまでで次の仕事にかかります。

今日は12月21日、今年もあと10日となりました。ますます忙しくなる毎日かと思いますが、健康第一で!年末年始をお過ごし下さいませ。

私もがんばります!!

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年12月15日

ピンチをチャンスへ

20101215.jpg
こんにちは「いとう渉」です。今朝も東京に向かう新幹線の中で、ブログを認めています。

新聞に目を通していると、民主政権の予算・税制の議論における混乱ぶりは、本当にヒドイと言わざるを得ませんね。

人口が減少しながら、高齢化が進んでいくという紛れもない現実を直視し、そこへの対策を打たねばならないときに、まるでそこから目を背け、何とかこの場を切り抜けようとしているだけで、確固たるビジョンを感じとることができません。

一方、我が党は山口代表を中心とした訪中団が中国を訪れ、関係改善に向けた対話を繰り広げています。

状況が厳しければ厳しいほど、率直な対話と行動で、道を拓いていく。それこそが、政治家に求められる姿だと思います。

私は、とにかく現場に密着し、客観的な現実を認識し、ピンチをチャンスに変える知恵を、今日も練り上げて参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年12月08日

迷走する菅内閣

20101208.jpg
こんにちは「いとう渉」です。東京に向かう新幹線にてブログを認めています。はや12月8日、今年もあと20日余り。本当に早いですね。

さて、法案の成立が低調であった臨時国会が終わり、来年の税制改正や予算編成が大詰めです。ここでも菅内閣の迷走ぶりは目を覆いたくなる有り様です。

例えば、法人税減税。それ自体は大いに結構だが、その財源が欠損金の繰越控除制度や減価償却制度の縮小などと言われては、国民の9割以上が働いている、しかも大半が赤字の中小・小規模企業は大打撃を受けてしまいます。そんなことも分からんのか!と声をあらげたくなります。

しかも、年金や子ども手当ての財源など、場当たり的な対応が目立ち、腰を据えて再生に取り組もうとする国民のマインドを萎縮させてしまいかねないことを心配します。

さらに、いまだ抜け出せない不景気にも関わらず、消費を支えてきたエコカー補助金をやめ、エコポイントも縮小。司令塔なき政権に我が国の未来を託し続けるのは本当に危険です。

いかなる状況であれ、我が国の未来を見据え、今日も前進と研鑽を続けます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年11月24日

団結と前進あるのみ

20101124.jpg
こんにちは「いとう渉」です。風邪が流行っていますが、大丈夫ですか?我が家は順番にダウンしてしまい、今朝は家内に代わって、新聞配達からスタートしました。

さて、北朝鮮による韓国砲撃、信じられないような現実です。如何なる理由であれ、絶対に許されざる行為。断固たる対応で臨まねばなりません。犠牲となられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、被災者の皆様のご無事を祈るばかりです。

国内では、補正予算の成立を前に菅内閣の迷走ぶりには開いた口がふさがりません。総理だけでなく、総理を支えるべき身内の閣僚のバラツキ具合も惨憺たるもの。

一人の人間も、窮地に追い込まれたときに、その真価が分かると言います。民主政権の底が見えたと言わざるを得ないのではないでしょうか。

大学生の就活に象徴されるように、国内景気はドン底。その回復を国民は待望しています。

我が党の対応がカギを握る今、いよいよ団結を固め、一つ一つの事に当たって参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年11月17日

焼き芋の季節ですね

20101117.jpg
こんにちは「いとう渉」です。今日は会議のため東京に来ています。名古屋より寒いです。

昨日は、朝の街頭からスタートしましたが、ご婦人が“焼いも&缶コーヒー”を差し入れてくださり、心も体も温まりました。本当にありがとうございます。

大学生の就職内定率(10月1日時点)が57.6%、就職氷河期を下回り過去最低との報道。現場でも、就職の厳しさは、いたるところで耳にしていましたが、数字がそれを証明した形です。

今の政府・与党は、二言目には“雇用”“雇用”と言っているものの、仕事がないのに雇用が増えるはずがありません。未だ厳しい景気状況にも関わらず景気刺激策であるエコポイントの縮小、エコカー補助金はすでに中止、景気が回復する道理がありません。子ども手当てなどの一部増額も取り上げられていますが、生活において助かるものの、お父さんの給料を上げるまでの景気回復効果は期待できそうにありません。

今は、一にも二にも景気回復です。限られた予算を重点投資してこそ効果が期待できるというもの。与党も野党もなく、本当に景気回復への道筋を描いてくれることを、国民は折れそうになる心を、一生懸命奮い起こして、期待してくれています。

公明党がんばれ!との、庶民の声を何としても形にして参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年11月10日

民意を帯した補正予算を!

20101110.jpg
こんにちは「いとう渉」です。今朝は東京へ向かいます。

名古屋駅から周辺の景色をパチリ。クレーンらしきものは、いっさい目に入りません。これは、建設関連の仕事が停滞している一つの証拠。景気の良い時は、建設現場や大きなクレーンが、特に都心では目につくものなんです。

さて、新幹線。こちらはかなり混雑している様子です。10時台の列車ですが、ほぼ満席ですね。

新幹線の輸送動向は、GDPとの相関が高いと言われてきました。そういう意味では、明るい兆しもゼロではないと思います。

ただ、依然として「円高」「デフレ」が続いており、国内景気は非常に厳しい状況が続いています。

そこに手を打つための補正予算。金額と中身が、明確なメッセージを持たねばなりません。八方美人的な対応は、何の成果も生まないでしょう。

一にも、二にも、景気回復!中小・小規模企業は我慢の限界に達しています。政治がしっかりせえ!できぬなら、政権を明け渡すべきだ。と怒りさえ覚える毎日です。

今日もがんばります(^-^)/

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年10月26日

G20は終了したものの・・・

20101026.jpg
こんにちは「いとう渉」です。今日は久しぶりの快晴。気持ちの良い秋の空が広がっていますね。

さて、韓国・慶州で開催された20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は先週末23日に「通貨安競争」の回避などを盛り込んだ共同宣言を採択して閉幕しました。

しかし、円相場は80円台に突入し、70円台すらチラついてしまう状況。円高のみならず、今国会では派遣法の改正、そして依然、デフレからの脱却もままならず、某自動車メーカーの方の言葉を借りれば、「国内でものづくりはするな」というメッセージを、政治が発しているにも等しい状況が続いています。

繰り返し申し上げていることですが、経済の再生がなければ、雇用の創出もなく、引いては税収の安定もありえない。ここがしっかりしなければ、社会保障の議論も「絵に描いた餅」となってしまいます。

我国はまさに世界が今後遭遇する高齢化など、さまざまな問題に直面しているといえます。いよいよジャパン・オリジナルを世界に先駆けて発信する、そのために衆知を結集する度量あるリーダーが必要です。ただただ、時を待ち、時を創るのみ。力をつけて参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年10月19日

民主主義を考える

20101019.jpg
こんにちは「いとう渉」です。“民主主義を考える”-今、日経1面に連載されているコラムがおもしろい。

今日の冒頭は「政府に入った政治家がメディア受けする政策で目立とうとする」という2009年6月の英下院の委員会報告で始まっています。現政権のスタイルは英国を模しているところからすると、似たような結果になるのは必然かもしれません。

名古屋市に目を転ずると、市長vs議会という構図がマスコミの格好のネタとなり、議会のリコール署名まで実施されました。

「議会改革」、「減税」、こうした民意に、まるで議会が反対しているかのような印象が世間には溢れておりますが、よくよく議会の議事録などに目を通してみれば、その印象は変わるはずです。どちらも、その中味こそ異なりますが、改革を進めようとしていることに変わりはないようです。マスコミの報道の仕方一つで見え方が変わる、民主主義の恐ろしい一面でもあります。

私が気をつけなければならないと思うことはただ一つ。「権力は集中すれば必ず腐る」ということです。名古屋の場合、市長をけん制すべき議会が、市長派ともいえる議員ばかりで多数派が占められてしまえば、まさに「権力は市長に集中」。決してこのましい状況ではないのではないでしょうか。

民主主義の基本は、どこまでも「対話」をとおした粘り強い前進が不可欠である、このことを忘れてはならないと思います。かのヒトラーも民主主義国家から誕生した歴史を振り返りつつ。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年10月06日

命を守るコンクリート

20101006.jpg
こんばんは「いとう渉」です。やっと秋の臨時国会がスタート。景気対策そして中長期的な経済戦略のスタートとしての補正予算の成立を、一日も早くと期待する一人です。

デフレ・円高・日中関係の悪化など、国内の景気・経済を取り巻く環境は、依然として厳しい状況が続いています。特に、建設業にたずさわる方々の状況が厳しく、常軌を逸した価格競争が続いていると、愛知のみならず、岐阜・三重・静岡と、どこへ伺っても、悲鳴にも似た窮状を耳にします。

もともと、建設に携わってきた一人として最も危惧することは、品質低下によって、安全性が損なわれる可能性が高くなることです。

公共投資を減らし続けたアメリカでは、かつて、使用中の道路橋が落下するという大惨事を引き起こしてしまいました。同じ轍を踏まないためにも、必要な公共投資は、防災という観点からも極めて重要です。

景気の下支えと相まって、「命を守るコンクリート」があることを、政府・与党は理解し、我が党の追加経済対策を参考に、効果的な予算編成を望みたいと思います。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年09月29日

リサイクルの徹底と資源安全保障

20100929.jpg
こんにちは「いとう渉」です。今日は東京にて会議の後、名古屋に戻り、今から中津川に向かいます。

さて、尖閣諸島沖での中国漁船の逮捕以来、緊迫した日中関係が続いています。我が国は、固有の領土として、淡々と国内法に基づいて対応するしかありません。

その上で、我が国の「資源安全保障」について考えました。地下資源の無い日本は、その大半を輸入に頼っており、今回も、対日圧力として、中国はハイブリッドカーなどに不可欠な「レアアース」の対日輸出停止を通告してきたと一部で報道されました。

しかし、こうした稀少資源は国内中小家電等に多数使用されており、「都市鉱山」とも呼ばれています。リサイクルの徹底により、我が国も資源保有国に生まれ変わることが可能です。

安全保障という観点から、資源確保のあり方を検討するとともに、リサイクルの推進にも、いっそう力を入れてゆく必要があります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年09月22日

尖閣諸島は日本固有の領土

20100922.jpg
こんにちは「いとう渉」です。昨日、今日と東京に来ています。体感では、東京は名古屋よりも暑く、ヒートアイランド現象は進んでいるなあ・・・と思います。

さて、日中関係が中国漁船の日本による逮捕以来こじれています。日本の主張は、明治政府が閣議決定をした我が国固有の領土。中国の主張は「中国が発見・命名し、明、清が防衛してきた」と言うもの。1951年のサンフランシスコ平和条約で沖縄と共に日本に返還されたのだが、中国がここに関与していないため、「ポツダム宣言で中国に返還された」と主張しているようです(朝日新聞本日朝刊参照)。

これは歴史認識の問題であり、主張が食い違うのであればそこを徹底的に検証すればいい。今の中国の対応は、国内事情もあってか非常に強権的であり理解しかねます。ましてや、尖閣諸島周辺のエネルギー資源目当てに領有権を主張し始めているとすればなおさらのこと。中国からすれば、今回の中国漁船の行為を日本の法律で裁かれてしまえば、そこが日本の領海であるということを認めることになるから、相当敏感に反応しているということになります。

今回の一件については、我が国としては淡々と国内法に則って対応する。その上で、現在の利害を抜いて、冷静に分析・検討する。これこそが必要な対応であり、青年交流やSMAPのコンサートを巻き込むのは正直理解できません。顔と顔を突き合わせて話し合いをスタートするしかないのではないでしょうか?

その際、我が国のインテリジェンス機能の強化という点も、是非、国内で検討する必要があります。正確でスピード感のある情報が何事においても必須になるのですから。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (3)

2010年09月17日

対話につぐ対話を

20100917.jpg
こんにちは「いとう渉」です。今日の名古屋は快晴。気持ちのよい空です。

読み進めてきた「JUSTICE(正義)」マイケル・サンデル著、最終盤に次のようなくだりがあります。

「道徳に関与する政治は、回避する政治よりも希望に満ちた理想であるだけではない。公正な社会の実現をより確実にする基盤でもあるのだ。」

さまざまな信念に基づき、共感できるところまで、徹して「対話」することこそ、次の時代を創る作業だと思います。壁にぶつかりながら、今日も「対話」を続けていきます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年09月15日

本当の戦いはこれから

20100915.jpg
こんにちは「いとう渉」です。写真は愛知県の“篠島の朝焼け”。この月曜日に荒木参院議員とともに伺ったときの一枚です。

さて、民主党の代表選は私の予想からすると意外な大差で菅総理が勝利しました。菅直人氏721ポイント、小沢一郎氏491ポイント、その差230ポイント。

これでやっと国政の仕事ができるわけですが問題は山積みです。菅氏の再任を受けて円高は進み82円台に突入、15年ぶりの高値を更新しました。時事通信の速報によれば、政府・日銀は円売り・ドル買い介入に踏み切ったとのこと。我が国だけの為替介入がどこまで効果を発揮するかは定かでありませんが、国内景気のためにも、ここは全精力を傾けていただきたい。

代表選が終わっただけのことで、我が国の現状は依然厳しいままです。国内景気の低迷、米軍基地の問題、来年度予算編成も財務原案の作成まで残り3ヶ月余り。非常に厳しい舵取りを要求されるうえに、参議院はねじれたまま。

私は、どこまでも現場の声と知恵を形にし、党派を超えてこの国の立て直しに死力を尽くしていく所存です。

ここからが本当の戦いです。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年09月10日

幸福の追求

20100910.jpg
おはようございます「いとう渉」です。今朝は地域のラジオ体操からスタートしました。

今、大ベストセラーとなっているマイケル・サンデル教授の『JUSTICE-これからの「正義」の話をしよう』。この中に次のような一節が引用されています。

「政教分離主義者たちが信仰を持つ人に、公共の場に出るときは宗教から離れるよう求めるのは間違っている。フレデリック・ダグラス、エイブラハム・リンカーン、ウィリアム・ジェニングス・ブライアン、ドロシー・デイ、マーティン・ルーサー・キングをはじめ、アメリカ史上の偉大な改革者の大半は、信仰によって動機づけられただけでなく、宗教的な言葉を繰り返し用いてみずからの大義を説いた。したがって、「個人的道徳」を公的な政策論争に持ち込むべからずと言うのは、非現実的でばかげている。わが国の法律は、その定義からして、道徳を法典化したものであり、道徳の大部分はユダヤ教とキリスト教の伝統に基づいている。」

「人間の幸福」-その追求のために政治もあるべきです。全ての生命の幸福の追求といった方が適切かもしれません。
今と未来のために、どんな種を植えていくのか。今を生きる私どもの責任の重大さをあらためて認識する毎日です。がんばります!(^^)

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年09月07日

景気回復が先だ!!

20100907.jpg
こんにちは「いとう渉」です。今朝も街頭からスタート。朝夕はずいぶん涼しくなってきましたよね(?)

さて、日経の5面には財務省の分析記事が掲載されています。個人的には役所が出した情報をそのまま掲載している印象が否めませんが、一つの情報として重要な記事だと思います。(日経さま、私の印象が間違っていたらお許しを)

要するに高齢化に伴う社会保障費の増分をどうするのか?ということですが、財務省から出てくる記事は、言外に増税が不可避であることをほのめかしている訳です。
私も税の議論は避けられないと発言してきました。消費税ばかりクローズアップされていますが、所得税・法人税や国と地方のバランスなど、議論しなければならぬ事は山積みです。一日も早く議論はスタートすべきです。

一方、デフレ下の日本で財政再建を先行した場合に、我が国の経済活動が悪化するリスクが高いと考えています。先に景気回復に力点をおき、その後に財政再建を考えるべきではないでしょうか。
具体的には需給ギャップを埋めるため、個人消費・企業の設備投資・政府の財政支出・貿易収支の好転という4要素の向上に努めなければなりません。
突拍子もないことを言うと、相続税の緩和、例えば、子供には非課税で相続できるとか・・・、こんなことをしたら個人消費は伸びるのではないでしょうか?国債の引き受け手がなくなるとご批判頂く可能性も高いわけですが。

長々と書いてしまいました。財政再建と景気回復の順番を間違えないように、注視していきたいと思います。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年09月02日

民主の代表選に想う

20100902.jpg
おはようございます「いとう渉」です。

かつて「自分が花になるのではなく、種をまいてその生涯を終えて下さい。私もそうします。」こんな主旨のことを語った指導者がいます。

戦後65年、第二の草創期とも呼べる時にあたり、我が国に足りないのは、この覚悟をもった為政者の存在だと、代表選の報道を見ながら思いました。

一歩でもその領域に近づけるよう、今日もがんばってまいります(^-^)/

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年08月30日

日々研鑚

20100830.jpg
こんにちは「いとう渉」です。今朝も快晴の中、朝の街頭からスタート。

今読み進めている本、すでに35万部を突破している「日本でいちばん大切にしたい会社」坂本光司著、目を見張る中小企業の数々が紹介されています。その中の心に残るフレーズの一部をご紹介します。

・「ロケーション」にしても、商圏を決めるのはお客様
・「私たちの仕事が世のため、人のために役に立っている」という自負
・日本でいちばん大切にしたい会社-弱者の側に立った、人間の尊厳を高め、守ることに役立つ製品をつくっている会社
・責任が重く手間がかかる仕事から逃げている企業
・世の中、不況だといいますが、そうではありません。マーケットは創るものです。

日本の経営を考えた時に大切な視点が散りばめられていると感じました。人との出会い、本との出会いを大切にしながら日々、前進して参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年08月28日

日銀動くー政府は?

おはようございます「いとう渉」です。

以下ニュース転載(毎日新聞)ー日銀は27日、円高・株安に対応するため、追加の金融緩和策を打ち出す方針を固めた。政策金利と同じ超低金利(年0.1%)で、長めの期間の資金を供給する「新型オペ」を30兆円に増額するのが柱。日銀は9月6、7日の金融政策決定会合で追加緩和策を議論する見通しで、為替相場の急変などがあれば臨時会合を開いて対応する構えだ。

さあ、次は政府だ。現状はどんなに資金調達が容易になっても「お金を借りて」まで「やる仕事がない」ということです。

追加経済対策の中で、防災といった観点から政府として先行投資となる公共事業、介護施設など需要の高い分野への財政支出を進めるべきです。他にもマーケティングにより需要の高い分野を調査し、重点投資し、日銀の動きと連動してこの局面を打開することを期待したい。

代表選に気をとられている場合ではない!

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年08月26日

あきれてモノが言えません・・・小沢氏代表選出馬表明?!

こんにちは「いとう渉」です。

「民主党の小沢前幹事長が、鳩山前総理大臣と会談。来月14日の代表選への出馬を表明。「脱小沢」路線を変えない菅総理大臣と真っ向対決」こんなニュースが飛び交っています。

世界からはどう見えるのでしょうか?
ネットで確認してみましたが、CNNやWorldNewsでは取り上げられている様子はありません。進む円高・株安、改善しないデフレ、こうした株式会社「日本」の経営難の真っただ中にあって、社長交代劇に沸いている不思議な国のニュースをわざわざ取り上げることもないのかもしれません。

依然として政府・与党は我が社の窮地にあって動く素振がありません。否、動けないのかもしれません。参院では国会閉会中の審議を早々にスタートするため奔走している模様。いずれにしても、何とレスポンスの悪い国でしょうか。

直ちに我が社が倒産するとは言いませんが、あまりに呑気な経営陣の姿を見ている国民は、この会社を辞めて他の会社(=海外)へ出て行ってしまうでしょう。

少なくとも与党は、社長をしっかりと支え、この国難をどう乗り越えるか衆知を結集しなければならない。それと真逆とも言える動きを見せる今の与党には、是非、政権を明け渡してからゆっくりと党内抗争を楽しんで下さいと申し上げたい。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年08月24日

動かない政府

こんにちは「いとう渉」です。いよいよ株価が9000円台を割り込み、円高は収まる気配がありません。

デフレギャップは40兆円を超え、供給過多の状態は継続中。このまま円高を放置すれば、貿易黒字の低下を招くリスクがあり、需要はさらに低下してしまいます。

総理と日銀はもっと積極的な動きを見せ、市場の信任を獲得するよう努力をしなければならないでしょう。

海外との連携を開始し、介入も行う用意があることを早く打ち出すべきと考えます。

菅総理よ、党内事情に気をとられている場合ではない!と申し上げたい。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年08月17日

経済再生に全力を!!

こんにちは「いとう渉」です。
内閣府が昨日発表した第一四半期の実質GDPは年率0.4%となり、成長の減速が話題となっています。

私は昨年夏の衆院選終了後から、「最悪のパターンは、政権交代前の経済政策が功を奏し当面の景気は持ち直すが、新政権がバラマキ型の政策に執着すればいずれ景気は落ち込んでしまう」と発言してきました。悲しいかなほぼその通りの現実となっています。

従前から繰り返し発言していますが、目下の我が国の経済状況は依然として政府の下支えが必要です。現時点でのエコカー補助金の終了や公共投資のさらなる削減は本当に日本経済の命取りになりかねません。下支え政策の継続と、必要な公共物への積極投資を行わざるを得ない状況にあります。現場に足を運べば直ぐ分かることだと思うのです。

また異常な円高が懸念されたとき、菅総理は避暑地から動かずに指揮を執りました。その姿自体が危機感の無さを露呈しています。
リーダー自らが休みを返上して陣頭指揮を執る、そうした姿こそマーケットの期待を向上させる「日本の社長」のあるべき姿です。

もちろん政府の力だけでは如何ともしがたいところがあります。政府の財政出動を実施している間に民間企業のさらなる努力も是非お願いたい。
我が国が全軍を挙げてことに取り組めば、乗り越えられない壁はありません。
「団結第一!」-我が国の勝利の要諦はここにあると確信し、前進を続けます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年08月16日

就職問題−人材育成の新たな流れを

こんにちは「いとう渉」です。日経新聞の社説を読みPCに向かっています。

「働き口が見つからずに卒業する大学生が急増している。多くの企業が4月に新卒者をまとめて雇う『新卒一括』だけなので、就職のチャンスは事実上1度に限られ、卒業後は職探しが難しい・・・」こんな書き出しで始まっています。

私は党内で学生の就職問題について、赤羽前衆議院議員のもと事務局長としてヒアリングを重ねてきました。またJR東海在職中には、4年間、学生の採用担当を経験しました。
この学生の就職問題には我が国の大きな課題が横たわっていると考えています。

まず企業サイドから見ると、要するに大学等で受ける教育の中身よりも、その大学に合格することができた能力=ポテンシャルに期待しているところが大きいと思われること。
よって、できるだけ早く採用し、再度、企業独自の実践的な教育を施す。中途採用も同じで、それまでの個々人のキャリアをあまり期待していないところがあると見受けられます。

一方、大学サイドから見ると、日本の大学は入学することは難しいが、入ってしまえば卒業はそれほど困難ではないと言われているとおり、大学教育で学生に何を伝えたいのかといった点が実はあまりよく見えない学校が多いのではないでしょうか。
結果、大学選択の時点から、学生の皆さんはその先に見える就職のしやすさと言ったところを基準に、できるだけレベルの高い=偏差値の高い大学等を目指して頑張っておられます。
結局、大学は就職のための通過点、極論を言えばそんな現状があると認識しています。

欧米諸国に追い越せ、追い抜けと頑張ってきた時代は終わり、いよいよ我が国は独創的な道を探り、進まねばならない時代に突入しています。答えの無い問いに、自ら答えらしきものを見出しつつ進む中で、上手くいけばそれが将来の模範解答となる。そんな経験を今の教育ではどこに求めればよいのか。本来、こうした点を大学教育にこそ求めるべきではないかと私は考えます。
また企業は、大学のネームバリューではなく、人物本位で採用を進めていただければ、日本全体として人材の厚みが増してくると思います。

「人材=人財がいないのではなく、見えていないだけだ」。政治に携わる人間として肝に銘じておきたい言葉の一つです。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年08月15日

65回目の終戦記念日

20100815.jpg
こんにちは「いとう渉」です。
今日は65回目の終戦記念日。私にとっては不戦の誓いを堅く心に誓う日です。

1945年8月15日正午、NHKラジオは天皇の肉声により日本の全国民に日本が戦争に負けたというお知らせを流しました。一般にこれを太平洋戦争の終結として、この日を終戦記念日としています。 ちなみにポツダム宣言は7月26日に発表されました。
先の大戦でお亡くなりになられた全ての皆様に衷心より哀悼の意を表します。

この日に当たり、我が党は「5つの提案」掲げました。これまで世界から「願い」と思われてきた核廃絶の実現をめざすべき「課題」にするために、具体的なプロセスを提示する必要があるからです。
同提案は、
(1)11月訪日予定のオバマ米大統領による広島、長崎、沖縄訪問の実現
(2)非核三原則の堅持と、政府による核兵器非保有の宣言
(3)被爆70年になる2015年に広島と長崎で「核廃絶サミット」を開催
(4)「北東アジア非核地帯」実現へ、6カ国協議参加国(日、米、中、ロ、韓国、北朝鮮)による「核不使用宣言地域」設置に向けた協議の開始
(5)「核兵器禁止条約(NWC)」の実現に向け、各国指導者と民間人代表の協働体制をつくるため、日本のイニシアチブによる国際会議の開催と、核兵器の威嚇・使用を戦争犯罪にするための国際刑事裁判所規定の改正
——からなっています(詳細は、http://www.komei.or.jp/news/detail/20100814_3038)。

加えて、私は武力によらず平和を維持するために高度な情報収集能力は日本国として所持しなければならないと考えています。経済活動や平和のための活動をより効果的に進めるために、世界の情勢を正確に把握することが何よりも重要になります。現状はあまりにも脆弱といわざるを得ません。

そして、全ての根本は人材=人財。相変わらず「官僚バッシング」のような発言を繰り返す政治家もみえますが、国益を考えればもう少し冷静な議論をすべきです。全ては「人間」からはじまるのですから。我が国の発展が世界の未来を明るく照らすような国創りを目指します。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張

2010年08月12日

子ども手当増額?!

おはようございます「いとう渉」です。
台風4号の影響で今朝の名古屋は雨。引き続き台風情報には注意をお願いします。

与党の政策調査会では、子ども手当について「・・・2万円ぐらいまで上積みしないと・・・」といった議論があるようです(本日、日経新聞2面)。
昨日のブログにも書きましたが、景気の下支えである「エコカー補助金」を取りやめ、バラマキの懸念が払拭できない「子ども手当」増額の意見が出てくるとは、本当に現場の状況がわかっているのか?と疑いたくなります。

もちろん、手当の増額が家計を助けることは間違いありませんが、一方で、一家の収入が不景気によって減額してしまえば本末転倒です。
加えて、その財源については相変わらず全く見えておりません。約1兆円弱の予算が必要になると思います。

世界的な不況の入り口にあるような世界経済の現状をきっちりと分析し、景気・経済の立て直しに全力を傾注して参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年08月11日

緻密な議論を!!新時代の幕開けのために

20100811.jpg
こんばんは「いとう渉」です。連日の猛暑のあとは、台風シーズンの到来といったところでしょうか。引き続き、自然災害や交通事故等にくれぐれもお気をつけ頂きながら、夏を楽しんでいただければ幸いです。

参院選直後の国会も終了し、民主党の代表選→秋の臨時国会へと進むわけですが、国内景気、そしてこのところ米国の景気も先行きが不透明になり大変に心配しています。我が公明党はもちろん「福祉」を一つの大きな柱として政策実現を目指していくわけですが、これはお金を使う方の仕事になります。そこに投ずる予算をどう日本国として生み出していくのか?こう考えたとき、景気回復が非常に重要な課題となってきます。

今、国論は二分されていると思っています。マスコミを中心とした、否、その背景には財務省を中心とした官僚の方々のサポートがあるのかもしれませんが、所謂「緊縮財政型」つまり増税をしてでもまずは借金を減らそうという考え方。もう一方は、ネットなどの世界で見かける「財政出動型」、まずデフレの脱却が最優先で、そのためには大規模な財政出動が必要だというものです。現実には、この2つをどこでバランスさせるかということでしょう。

私は、当面の景気を下支えすることは避けられないと考えてきました。よって、現政権は中止にすると言っている「エコカー補助金」や現場にニーズの存在する介護施設の新設や防災という観点からの土木・建築構造物の老朽取替など、必要な公共投資は前倒してでも実施するべきだと訴えてきました。これは財政出動です。

その上で、出来るだけ早く限られた予算をどこに集中投資するのか?
特定の分野を新たな成長産業に育てるといった国主導で進めるのか、あるいは法人税減税等により企業活動の基盤を整える、そのためには労働市場の流動化も必要ではないかとも考えていますが、基本的なフィールドを整えることを国が実施し、その上で各級企業に存分に競争をしてもらうのか、ここも選択の余地があると思います。
もちろん、大企業と中小零細企業を同じ土俵で戦ってもらう訳には行きませんから、何らかのルールは必要になるでしょう。この成長の果実こそ財政健全化にあてられるべきものと思います。

いずれにせよ、福祉サービスを始め、さらに成熟した国を目指すためにも、『日本としていかに稼ぐか』これが大きな課題の一つだと認識し、その道を模索し続けている毎日です。
経済成長が確固たる時代の政治家は、生み出された税収を分配することのみ考えていれば事足りた時代があったのかもしれません。しかし、現代は国の経営者たる立場で、積極的に経営手腕をふるい、世界を視野に行動をしなければ、我が国の未来は厳しいと言わざるを得ません。

党派を超えて、積極的に我が国の行く末を議論する政府であり国会であっていただきたいと願い、私自身も努力を重ねて参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年07月28日

建設的な国会審議を!!

20100728.jpg
こんばんは「いとう渉」です。今日は会議のため上京し、只今、名古屋事務所に舞い戻りました。

ペルシャ湾につながるホルムズ海峡を千葉港に向けて航行していた商船三井の原油タンカーでの爆発(爆発に関しては外部からの攻撃の可能性があるという)や乗客乗員152人を乗せたパキスタンの民間航空機の墜落、スイスでの列車事故、国内では中部・九州・四国地方での豪雨による災害、口蹄疫被害、時の話題をざっと俯瞰するだけでも、なさねばならない課題は山積み、お亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げますとともに、被災者の皆様の早期復旧のために全力をあげて参ります。

いよいよ参院選後初の国会がスタートします。政治的な駆け引きや、永田町という狭い世界での権力闘争に国民はウンザリしています。予算委員会も開催される予定。世界の中の日本を強く意識した、党派を超えての建設的な議論が展開されることを切に望みます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年07月13日

世界の中の日本

こんにちは「いとう渉」です。以下のコラムが目に留まりましたのでご紹介します。

猪瀬直樹の「眼からウロコ」2010.7.13(http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20100712/236236/)・・・政治家は勉強していない。小選挙区制になってからは、ドブ板選挙をするしかないから、ますます勉強しなくなっている・・・

今の選挙制度では「政治家が人気取りに堕しまう」という私の懸念を端的に表してくれています。国会議員が、真に国益を議論できる選挙制度とすることが非常に重要な課題の一つになるのではないでしょうか。

マスメディアの取り組みも欠かせません。国内や世界の様々な情報が、できるだけ正確に国民に伝わる報道を期待します。手に入る情報が正確であればあるほど、個々の判断はより正しいものになると考えるからです。

国政において、もっともっと世界の中の日本を強く意識した議論が行われることを望みつつ活動を続けます。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2010年06月23日

出陣!

こんにちは「いとう渉」です。いよいよ明日から選挙戦。連日ご支援いただいております皆様に心より感謝・感謝・感謝。全力で戦い抜いて参ります。

さて、現場を周ればまわるほど不景気の状況は目を覆うばかり。ここを何とかしなければ庶民の生活は破綻してしまいます。

まず、景気の回復。そのためにエコカー・エコポイント・エコ住宅といった景気刺激策の延長・継続をいち早く打ち出すこと。
防災という観点から公共投資を行うこと。特に中部地域は大震災が予想される地域であり、老朽化した建物や土木構造物の取替が重要。トータルコストは災害後の復旧よりも、事前の対策の方が安くなる可能性もあります。
景気対策と相まって今実施することが得策。我が党が掲げる福祉を軸とした投資も急がねばなりません。

経済の先行き見通しが立つ状況で、無駄削減とセットで税の議論。税の議論とセットで安心の社会保障の姿を提示しなければならない。これは、一朝一夕にできる話でなく、数年かけた国民的議論を必要とします。

同時に成長戦略を描かねばならなりません。私はモノ創りに携わってきた一人として、先端技術の育成と各級企業の競争力を高めるため、法人税減税を軸とした税制の議論をすべきだと考えます。

今必要なのは、確固たる信念のあるリーダーです。最も的確な主張を繰り返す山口代表を中心に、最後の最後まで全力で選挙戦を戦い抜いて参ります。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張

2010年06月12日

民主党よ・・・ふざけるな!

6/12(土)夕刻。ブログを認めたらミニ懇談会に出かけます。

民主党は、菅首相が掲げる「強い経済、強い財政、強い社会保障」を目指す方針を示すと同時に、「消費税を含む税制の抜本改革を行う」と明記し、経済成長、財政再建、社会保障制度の維持・安定を一体的に実現する姿勢を打ち出した。とのこと。

よくよく思い出して頂きたい。自公政権時代に、財政再建・経済成長を目指したとき、それら全てに反対したのが民主党。昨年の夏は「国民の財布を直接あたためる!」などと言ってバラマキマニフェストで議席を預かった。そして、たった8か月で公約を投げだし、今ごろ「財政再建と経済成長」とは・・・。

『今まで言ってきたことは間違っていました。財政再建が10年遅れてしまいました。ごめんなさい・・・』と詫びを言うのが筋だろうと思うがどうだろうか?

口先だけの政党にはもうまっぴら。今こそ、質実剛健・実行力NO.1の公明党の出番だ。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2010年06月03日

世界で稼ぐ

こんばんは「いとう渉」です。只今6/3(木)21:20ごろ。

私は技術屋あるいはエンジニアですので、「モノ創り」を軸にした技術大国を目指すべく様々な研鑽を進めています。もちろんその技術は、国内だけでなく世界のマーケットで通用する必要があります。

その上で、他国で得られた利益を税という形で国内に還流させることが大切です。このあたりのルールを決めているのが「租税条約」。これは国内税法よりも優先される国際条約です。今、我が国は45の租税条約が56カ国と結ばれています。

要するに、得られた利益を2国間で税収としてどう分配するかを決めています。いま東南アジア等々に日本の中小企業もどんどん進出しています。しかし、現場で聞く限り得られた利益を日本に持ち帰られず、最終的にはその国に住むしかないといったお話を耳にします。

日本の政治家として、これは困ります。我が国の宝である「モノ創り」で得られた利益がきっちり国内に還流し、教育・社会保障・借金返済といった将来の我が国の安定のために、その利益が用いられるよう国政の場で徹底した議論が必要です。そのための研鑽をさらに続けて参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

前進・前進・前進

20100603.jpg
こんにちは「いとう渉」です。

鳩山総理・小沢幹事長辞任。無責任極まりないが、お辞めになるのもまた自由だ。
ただし、辞めたからと言って、我が国に残した傷跡は癒えることはない。辞めたら責任が無くなる訳でもない。普天間基地の問題は何も解決されていないし、政治と金の問題もまたしかり。
一議員として自分の失政ぐらいちゃんと最後まで責任を持って解決して頂きたい。

政局がどうなろうが、我が国が抱えている問題は何一つ変わらない。
一政治家として問題解決にただ邁進するのみ。いかなる状況であれ、否、状況が過酷であればあるほど、それをバネにして前進あるのみ。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年05月28日

国会は崩壊?

20100528.jpg
こんにちは「いとう渉」です。
朝の街頭でわざわざ車を降りて激励にきてくださった壮年の方とパチリ。

それにしても国会は崩壊状態。すべてが選挙のためだけに動かされている印象は否めない。社民党をつなぎとめるための普天間基地問題の迷走。郵政票欲しさの郵政改革逆行。制度と予算を駆使して、票をつなぎ止めるかのような暴挙。そして参院選予定候補には有名人を擁立・・・。国民を馬鹿にするなといいたい。

「政治屋(ポリティシャン)は次の選挙を、政治家(ステーツマン)は次の世代を考える(ジェームス・F・クラーク、本日日経新聞1面)」。
参院選は断じて「政治家」を当選させねばならない!

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2010年05月19日

経営者たれ

こんにちは、いとう渉です。

一般・特別会計をあわせて、社会保障費と借金の返済だけで75%の支出を占める我が国の経営状態は、民間企業であれば既に破産状態です。
政治家は「いかに稼ぐか」→「景気回復」を考えられる「国の経営者」でなければ役に立ちません。

自分自身の「金」の問題すら明確にできない方に「経営者」の資格はありません。
本物の経営者、本物の政治家を見定める夏の参院選。いよいよ頑張って参ります!

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年05月11日

選挙目当ての議論で国が滅ぶ

5/11(火)、小雨の中、埼玉に向かっています。

消費税収と医療・介護・年金の歳出とのギャップは、1999年度に1.5兆円だったものが、2010年度には9.8兆円、6.5倍に膨張。(本日付け日経新聞参照)

日本の借金は増加の一途。今こそ、日本をあげて「世界でかせぐ」→「国内景気回復」に総力をあげなければなりません。

選挙目当てのバラマキ政策にはもううんざりです。バラマキは最も国民を馬鹿にした政治家の仕業だと断言できます。

「かせぐ」→「景気回復」をしなければ、税の議論もしようがないと思うのです。今、庶民の暮らしは負担増に耐えられるものではありません。

景気回復の足を引っ張らない「ムダ削減」を継続しつつ、本当にこの国のために働く政治家を排出するため、今日も行動を続けます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年05月08日

希望の持てる社会を

5/8(土)晴天。自宅にて種々書類の整理からスタート。
昨夕は、一人の壮年の方と約1時間、懇談の機会を頂き、「今の世は希望がない・・・」という趣旨のお話を頂きました。その言葉が耳に残る中、今朝、「ストレス社会を生きる 身近に潜む『うつ病』」という記事を読み、思うところをブログに認めようと思いました。

日本では、高齢化社会に対応する社会保障の整備と国債の返済つまり借金の返済、そして社会全体の教育力の再生が大きな課題だと考えています。克服のために、徹底したムダの削減、経済の安定的な成長つまり「投資できるお金を稼ぐ」ことが不可欠だと思います。

この根本的な行き詰まりの影響が社会不安となり、「ひずみ」としていたるところに現れています。うつ病など心の病やドメスティック・バイオレンス、児童虐待などの問題もその一つでしょう。

戦後60数年。日本は先進国の一員となり、一定の経済的な反映を勝ち取ってきました。
しかし、ここからどこへ進もうとするのか?このことが定まらず、政治が場当たり的な対応に終始するあまり、世の中の閉塞感は増していくばかりのような印象を持ちます。

私は、政治の道を志した一人の人間として、環境・分権・貿易による新たな国創りを是非とも成し遂げていきたい。環境・貿易においては“技術立国”として世界のマーケットでメイド・イン・ジャパンというブランド力を強化していきたい。この経済的な柱を軸に、社会保障の充実や教育の再生への投資を充実させていく。もちろん消費税を含む税体系全体の議論も成さねばならないと思います。

政治は、今と未来に責任を持たねばなりません。希望の持てる社会を創り行くためにも、夏の参議院選挙では、当選することが目的の連中を鋭く見抜き、本当に仕事をするために政治の世界を志す人間が生き残るべく、今日も全力を尽くします。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2010年05月07日

亡国のリーダー?

5/7(金)、今朝の名古屋は雨模様。昨夜は守山区の皆様と、荒木きよひろ参院議員(参院選予定候補=比例区)を迎えての時局講演会。お忙しい中、本当に大勢の方々にご来場いただき、心より御礼を申し上げます。

さて普天間基地問題。迷走などという言葉では表せない状況に陥っています。「選挙詐欺」(5日付け「琉球新報」)とまで書かれたとか。「最低でも県外」と言っていた普天間基地移設をこの期に及んで撤回するという始末。一国のリーダーとして、どう責任をとるのか?もし日本国が一つの企業体なら、こんないい加減な社長は完全にマーケットでの信頼を失い、倒産の危機に瀕してしまうような事態といえます。どうも鳩山総理は、一国のリーダーの発言の重みを理解されていないのではないかとさえ思えてきます。

我が国は、借金の返済や高齢化に対応した国創りのため、平たく言えば「お金を稼ぐ」必要があります。公明党の目指す「新しい福祉」の実現のためにも、経済の安定成長は不可欠だと考えています。そのためには、世界のマーケットでの信頼の獲得と、国を挙げてのセールス活動が不可欠です。そんなときに、一国のリーダーの信頼が損なわれることが、経済活動という観点から見てもどれほどのマイナスになるか計り知れません。

国内の問題で迷走している間に、世界から遅れをとり始めている日本。この流れに断じて終止符を打つために、今日も活動を続けてまいります。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2010年04月27日

70歳まで現役

4/27(火)、今日は名古屋→岐阜市→多治見市→名古屋と転戦中です。

閉塞感の漂う我が国にあって、具体的に一つずつ手を打っていかなければなりません。
その一つが「70歳まで現役」の制度化です。我が国ではまだまだ60歳定年の企業が多いわけですが、老齢年金の支給年齢は65歳ですから、この5年間のギャップを埋めるために、65歳まで就業を希望される方が多いわけです。
しかし、目下の不景気と相まって、65歳までの就業がなかなか困難な状況になっています。

一方で、日本人の平均寿命は平成20年簡易生命表の結果、男性79.29歳、女性86.05歳。
こうした状況から見ても、できれば65歳を定年とし、70歳までについては働く意思のある方に対して働く「場」が用意されることが望ましいと考えます。
改正高齢者雇用安定法によって政策的に誘導はしているものの、まだまだ実態がついて来ていません。

今後の人口減少過程においても、当分の間、労働力人口の減少を食い止め、実質成長率を支えていくという意味でも、世界に先駆けての高齢化社会のモデルケースを作り上げるという意味でも、さらに力を入れていきたいと考えています。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2010年04月03日

20100403.jpg
4/3(土)、岐阜にて会合に参加し、春日井市内、名古屋市内、只今事務所にて事務仕事をしております。

寒かったり、暑かったりしながらはや4月。気づいたら桜があちこちで綺麗な姿を見せていますね。不思議な美しさ。これも大切な日本の宝物だと思います。その大切な日本の経営を本来司るのが政治家の役目。しかし、報道をとおして見える政治の世界は覇権争いばかり。世情が良くなる道理がありません。

しかし、マスコミも含めて、この国をどうしたいのか?と問いたい。本来のマスコミの在り方は、報道を通して真実を伝え、この国を正しい方向へと導くことではないでしょうか。今のマスコミは、視聴率や購読部数に気を取られ過ぎ、本来の役割を果たしていないと私は思います。我が党が政策判断として行動したものまで、何故か政局として報じられ、すり寄っている等と面白おかしく書かれてしまう。根拠を明記してもらいたい。

本当にこの国の行く末を憂い、そのために行動を続ける公明党。「何をなしたのか」夏の参議院選挙ではこの1点を凝視して頂きたい。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張

2010年03月28日

一流の政治を目指せ!!

3/28(日)、2週間ぶりのブログとなりました。昨日は日帰りで大阪へ。事務所一丸となって激闘の毎日です。

我が家は長女がバレーボールにはまっているところから、つい先日、春校バレーをビデオに録画し観戦しました。2大エースが決勝を前に対決、負けたチームは、勝ったチームの優勝を祈り、応援する姿がとても美しく見えました。政治もこうあるべきではないかと。

日米同盟の根幹を成す在日米軍の基地問題が迷走しています。ひとたび政権を担ったのであれば、何としても国益・世界益のために全力を傾けてもらいたい。それが出来ないのであれば、政権を交代すべきだ。勝ったチームを負けたチームが全力で応援する。ただただ、この国を良き方向へ導かんがために。

選挙が終わっても、ただ足の引っ張り合いをしているような政治なら、信頼は失われるばかりではないか?

小さな日本という国の中で争っている間に、世界から遅れをとりつつある現実を直視すべきだ。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2010年03月14日

どこまでも中身が大切!

20100314.jpg
3/14(日)、先週末の「子ども手当」への公明党の対応が波紋を呼んでいます。報道ベースでは、政局的な扱いが中心で、我党が民主党にすり寄っているかのごとく取り扱われていますが、事実は以下のとおりです。

①2011年度以降の子育て支援全般の拡充を検討すること、②児童養護施設の入所児童など支給対象にならない子どもにも必要な措置をこうじること、を修正した上で、質疑の中で、③実態はこれまで公明党が推進してきた児童手当の拡充であること、④2010年度の財源は確保されていること、を理由に賛成しています。2011年度以降は、保育サービスの拡充など、子育て支援策全体の議論が進められる必要があることも合わせて示しています。

どこまでも、一つ一つの政策を吟味し、何が今、この国の現在と未来のためになるのか?その1点に集中して議論を進めることが議員の仕事です。政局ばかりの政治報道に嫌気を覚えながら、着々と歩みを進めて参ります。

投稿者 いとう渉 ご報告, 公明党ならでは, 政策・主張コメント (1)

2010年03月08日

日本の再生に総力をあげよ!!

20100308.jpg
3/8(月)、今朝も、車の中や歩きながら手を振って下さる方々に励まされつつ、街頭からスタートしました。

「日本を抜き、世界第2位の経済大国になる中国。消費者や企業が豊かになり、中国を稼ぎ頭とする日本企業も増えた。同時に韓国勢などとの激しい競争が待ち受ける。品質や価格では差がつかず、ブランド力に重みが増す。支えるのは人。日韓の企業が中国で人づくりを競う。」(日経新聞3/8朝刊)

日本のお家芸であった“モノ創り”は既に“品質や価格”では韓国との差別化が出来ないところまで来てしまっています。いまだ国内では、借金まみれのH22年度予算審議が続けられ、子ども手当など、借金による諸手当の実現にひた走ろうとしています。もちろん、公明党はこの借金予算に反対しました。

繰り返し申し上げていますが、新たな「made in JAPAN」を官民あげて実現し、緩やかでも堅調な経済成長の核を創らなければ、少子高齢化社会に対応した福祉の充実は困難と言わざるを得ません。何故なら税収=収入が確保できないのですから。また、税の分配もそれを適切に使うことが出来る“モラル”を再生しなければならないと思います。

「モノ創り・技術大国日本の復権」と人の心を豊かにする「教育と文化の再生」こそ、いまこの国に課せられた重大な課題だと思います。そのために、無駄な投資を省き、あるべき税制を徹底的に議論して、骨太の方向性を明確にする必要があるとの信念で、今日も前進して参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年03月01日

現場の声

20100301.jpg
3/1(月)、今日は電車を乗り継ぎながら名古屋の中心部をご挨拶まわりしております。

先週は、岐阜県羽島市・岐南町・各務原市・可児市・御嵩町、三重県鈴鹿市にお邪魔し、懇談の機会をいただきました。

長引く景気の低迷は生活を圧迫し、皆さん祈るような思いで、その回復を待ち望んでおられます。

そうした状況ですから、子供手当てなどの給付は正直助かるものの、その財源が借金であることや、景気が回復しなければ、結局、一家の収入が減少してしまうのではないかといった点を心配しておられました。

まさにそのとおりで、国として税収をあげる努力が最優先されるべきであり、その収入をどう分配するかという議論はその後になるのが当然ではないでしょうか。

昨年夏の衆議院選挙で、「無駄を省いて実施する」と言っていた現政権のマニュフェストは絵に描いた餅であったことが露呈したと言わざるを得ません。

地に足の着いた我が国の経営を実践するためにも、夏の参議院選挙は何としても勝利すべく、今日も行動を続けます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年02月22日

断じて勝利を!!

20100222.jpg
 2/22(月)、今日は蒲郡市にて農業関係者、ならびに、障がいをお持ちの身内を抱える各関係者からお話を伺いました。午後からは次期参議院選挙に向けての打ち合せに出席し、ただいま18時過ぎ、事務所に戻って参りました。会議室にこもっての打ち合わせも、結構体力を消耗するものですね・・・。明日は早朝6時より市場に伺いご挨拶をさせていただく予定です。

 農業政策にしても、障がい者政策にしても、現政権は政策の方向性が今一つ良く分かりません。これが、現場がもっとも困惑していることの一つです。沖縄の在日米軍基地の問題もしかりでしょう。

 現在の我が国が置かれている現状は、財政的にゆとりがあるとは言えません。よって、収入としての税収は、公平・公正に広く・薄く、徴収をさせていただく一方で、政策投資は「選択と集中」を基本としなければならないと思います。しかし、現政権の振る舞いはむしろ逆で、「中小企業の内部留保金に課税する」などと驚くほど軽率な集中的な課税の方法を口にするかと思うと、所得制限を設けない子ども手当の支給や農家への個別補償制度など、いわゆる「バラマキ型」の政策投資を実行しています。あげくの果てに、過去最大級の借金をして・・・。

 こうしたあり方を続けてしまえば、我が国の財政事情はさらに悪化し、いつの日かそのツケは国民に回されてしまうと考えざるを得ません。こうした場当たり的な政策展開を許さないためにも、断じてこの夏の参議院選挙には大勝利をさせていただくべく、明日も全力で走り抜いて参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年02月15日

消費税と益税(えきぜい)

 2/15(月)、本日の日経新聞には「消費税議論、来月から」との見出しが躍りました。私は議論をすることには大賛成です。将来の社会保障を支えるためには税の議論は避けて通れないと思うからです。
 
 その際、どうしても議論しなければならないと思うことが消費税の徴収の在り方です。少し技術的な話になりますが、日本の消費税は勘定方式というやり方で集められています。一方、欧州ではインボイス方式が一般的。問題は、日本が採用している勘定方式の場合、益税(えきぜい)つまり消費税で儲かってしまう人がでる可能性があるということです。最終消費者が税率(現5%)相当の消費税を負担しているにも関わらずです。

 できるだけ簡単に説明すると、消費税=売上高×税率(現5%)-仕入額×税率(現5%)となります。この第2項→仕入額×税率(現5%)の算出が実際には非常に煩雑になるため、年間売上高5000万円以下の事業所の場合、簡易方式が用いられています。例えば、小売業であれば売上の80%を仕入額と見なすことが出来ます。この場合、売上高を仮に5000万円とすれば、支払う消費税は、5000万円×5%-4000万円(5000万×80%)×5%=50万円 となります。しかし、実際の仕入額が仮に3000万円だったとすると、本来支払うべき消費税は、5000万円×5%-3000万円×5%=100万円 となります。つまり100万円-50万円の差額50万円は、この事業所の益税となってしまいます。

 このことは、きちっと消費税を支払っている最終消費者から見れば、看過できないことだと思います。

 今後、消費税の議論を進める場合、税が各取引段階で完全に転嫁されるよう「インボイス方式」の採用をどうしても検討しなければならないと考えます。でなければ、最終消費者がバカを見てしまいます。

 公平で公正な税制をつくり上げるため、私も研鑽を進めて参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2010年01月31日

実業の再生・進化こそ日本の道

1/31(日)、先週は岐阜県飛騨・高山、愛知を中心に活動。最低気温マイナス14度を初体験。寒冷地での大変な生活の一端を垣間見た。凍結された東海北陸自動車道路の4車線化。現場に行って実感したが、片側1車線=2車線では、例えば車が一台止まってしまえば通行止めになってしまう。冬季に凍結するこの道路では十分に考えられること。自動車専用道路とはいえ生活・経済活動の基幹道路なのだ。4車線化は生活・経済活動の安定度を高める重要な政策。都市部で生活するものと、地方部で生活するものとでは道路に対する必要性の認識がまったく違う。前原大臣も是非現場を確認した上で事業展開を考えるべきと忠告しておきたい。

さて、米ドルは今まで「有事のドル買い」と言われるほど世界の基軸通貨としての地位を確立していた。しかしサブプライムローン問題以降、主要通貨に対する下落が著しく、その信用力にかげりが見え始めている。産油国にもドル離れの動きが顕在化しており、世界中で使用される決済資金の中で、米ドルが占める割合は低下傾向にある。一方、国内ではIHIはロケットの設計・開発を行う子会社「ギャラクシーエクスプレス」の解散および清算を明らかにした。日本初の衛星打上げビジネスへの参入を目指し、官民共同プロジェクト『GXロケット』の研究開発を行っていたが、事業仕分けにより廃止が決定されため事業継続を断念した。(特別損失約113億円)(参照:http://eagle-hit.com/world_report.html

こうしたニュースを見るにつけ、日本はどこまでも「ものづくり」という実業に力点を置いて堅実な成長を推進するべきだと痛感する。金融政策ももちろん大切だが、あくまで実業の信頼の上に成立しているという根本を見失ってはならない。

来年度予算で、文部科学のうち科学等開発費は縮小しているとのこと。中期的な経済成長を全く考えておらず言語道断だ。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年01月25日

今こそ本当の議論を!!

20100125.jpg
1/25(月)、高山に向かう車中にてブログを認めています。

従来から繰り返し主張していることですが、超高齢化時代の到来を考えれば、増大する社会保障費をどう賄うのか?これが我が国の内政における大きな課題です。加えて莫大な借金も抱えてしまっている。個人資産の貯蓄残高を引き合いにして、まだまだ大丈夫などと呑気なことを言っている場合ではありません。

民主政権は、4年間は税の議論はしないとしています。私は反対です。大いに税の議論をすべきです。新たな税収入を社会保障目的税化し、その大半が社会保障という形で国民の給付に回るということを理解していただくために努力をするべきだと思います。そうしないと、結局そのつけは未来の子供達に回されてしまう。過去最大級の国債発行を前提とした来年度の予算編成が何よりの証拠です。

社会保障給付を増やし、医療・介護・年金といった福祉の充実を図れば、将来への不安は消え、人心は安定し、引いては消費動向にも好影響を及ぼし、景気の回復、経済の安定的な向上にも繋がります。ましてや、社会保障給付の増大が、そのまま雇用増大にも直結します。介護分野での現状の課題も解消していく可能性があります。新たな公共事業として、社会保障分野が機能する可能性を検討すべきなのです。

こうした議論は、実は税の議論と切り離して行うことはできないことを、誤解を恐れず国民と対話する政治家の姿勢が重要だと思います。

もちろん税の議論だけでは駄目で、国として「どう稼ぐか」という議論も不可欠です。橋下府知事が万博記念公園に海外の集客施設を誘致しようとしても、国の機関が抵抗するといった報道も耳にします。これは、従来の政治家と行政官に「収入を上げる」→「税収を上げる」という発想が乏しいからではないかと思うのです。当然のことながら、無駄削減も継続しなければなりません。一部高級官僚の「わたり」といった何度も退職金をもらうような仕組みは即刻廃止しなければなりません。この点、口先だけで民主政権は何も手を打っておりません。ましてや党幹部が自身の金銭管理の問題を明確に説明できないという事態は言語道断です。

予算を配分することだけに終始していれば議員の仕事を全うできた時代はもう終わりました。旧来のスタイルを続ける限り、名古屋市のように「議員はボランティアでいい」などという暴論が、庶民に受け入れられてしまいます。つまり、今の政治家は何にもやってないじゃないかと言われているに等しいのです。誤解の無いように申し添えますが、名古屋には優秀な議員が大勢おります。その方々をボランティアにしていいのか?それは結局、財力のある人しか政治家になれないということに繋がってしまうことを憂慮します。政治を庶民の手に!!これこそ公明党の在り方だと思うからです。

縷々書きましたが、我が国は明治維新以来の変革期に突入しています。この時代を切り開く政治家の一人として今日も全力で研鑽を続けます。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2010年01月18日

日航は「あすの日本」か

20100118.jpg
1/18(月)、街頭でのご挨拶を終え、上京する新幹線の中でブログをしたためています。

野並から名古屋までの地下鉄のなかで、タイトルの記事を目にした。日経新聞だ。

改革しなければならない状況を20年近く放置した結果、今の日航がある。その大きな原因に中高年の反発があるとし、日本という国自体も同じ状況下にあるとの主張だ。同趣旨の話を、つい二日前に友人と話したところだった。

いま我が国は、限られた予算で、超高齢化時代に突入しつつある。各世代が己の主張を繰り返せば、世代間の抗争になると、私はこれまでも主張してきた。

そうさせないために、私は街頭でも「感謝」の大切さを話している。中高年層は戦後の混乱の中、今日の日本を創り上げて下さった功労者だ。一方、青年層はこれからの日本を創る大切な人材。

今、必要なことは、人生の先輩方が一歩控えていただき、後継の育成に総力をあげていただくことではないだろうか?

自民党では、この期に及んで定年を守りたくないなどと醜態をさらしている方々も散見される。ご自身の議席に執着している間に、党自体の存続が危うくなることに気付くべきだ。

今、大切なことは、後継を育てる度量ある先輩方と、それに感謝し努力を重ねる後輩の、麗しき団結の力だと痛感する。これができるのが、我が公明党の最大の強みだ。

私も、自らを鍛え、時を創る日々の行動に全力を傾けて参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2010年01月10日

教育の再生

20100110.jpg
1/10(日)、ソフトボールリーグの新年会を終え、ハガキの整理の合間にブログを認めています。ツイッターの方も少しは慣れてきて、お友達も少しずつ増えてきております。ってところまで書き上げてから、別の仕事に入り、今は一宮市に来ています。

「人間」よりも「利益」を優先する経済至上主義で走り続けた結果、世界の価値観は歪み、再考しなければならないときを迎えています。

公明党は、「人間の幸せの追求」に最大の価値をおく「人道の先進国」を目指し、「新しい福祉・教育・平和」を推進して参ります。

例えば教育。その重要さはかねてから指摘されながら、効果的な手が打ち切れずにいます。是非、教育関連予算を倍増するくらいの大胆な取り組みを政府に望みたい。

多様化する現場に対応するため、教員数を増やし、少人数学級あるいは複数担任制を進めていくべきだと思います。

一人一人の可能性を見いだし、教師が根気よく子供達と関われる環境を整えることが政治の役目。

国の方向性を明確に示し、教育現場に優秀な人材を糾合する。この国の未来を創ることが、今、何よりも重要です。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2009年12月28日

仕事納め

20091228.jpg
12/28(月)、多くの会社様が仕事納め。雨上がりの寒空の下、多くの方々が足早に本年最後の仕事に向かう。

先週末には来年度の予算編成が発表された。また、あらためて詳述したいが、過去最高の国債を発行して、景気対策よりも参議院選挙対策ともとれる子ども手当などの政策に予算を配分。いくら手当をもらっても、もらった子供たちが将来その借金を返済することになるのでは本末転倒だ。

ましてや十分な景気対策予算がなければ、お父さんやお母さんの収入が減少。これも、手当を配る前に手を打つべき話だ。

誤解の無いように言うが、所得制限などの制度設計の詳細は別として、子ども手当などの政策自体は、私は支持する。しかし、一部増税による負担増をお願いし、一部は将来の子供たちにツケを回して実現するという方法に問題があると言いたい。まずは景気対策。繰り返し申し上げているとおり、現政権の政策運営は順番が逆だ。

ましてや、鳩山総理の個人献金問題は論外。議論するのもばかばかしい。自ら責任を取って、毅然たる態度で身を処するのが当たり前。6億円もの贈与税を納付できる方には、庶民の感覚など理解できるはずもないが・・・。

全ての政策実現の最終目的は、一人一人の幸福の実現。そのために、今日も行動を続けます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2009年12月19日

無駄削減はどうなったのか?

20091219.jpg
12/19(土)、鳩山政権の迷走にうんざりする。いかなる環境下においても、公明党は国民生活を守るため最善を尽くす。

依然として厳しい経済状況が続く。一日も早く景気対策を実施するため、直ちに凍結している前政権の追加経済対策を再実行する。そうすれば、今すぐ予算執行が可能。その上で、足らない部分をさらなる補正予算で補う。この場合、予算執行は来年の3月以降になるだろう。

続いて住宅関連贈与非課税枠の拡大。これは、関連産業の景気下支え効果が期待でき賛成だ。

子ども手当てなどの所得制限や暫定税率の問題等々の話は、個別に議論されても分かりにくい。全体の税体系・社会保険料、生活全般の全体像を示した上で、国民に判断を仰ぐのが筋だろう。

特に、負担増になる人を明らかにし、その増税分の使い道を明確にし、理解を得なければならない。

夏の解散総選挙で無駄を省いて実現すると言っていたマニフェストは、既に絵に描いた餅であったことが露呈し始めた。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2009年12月11日

どちらが庶民の味方?

12/11(金)、今夜は岐阜県美濃加茂市の合同支部会に伺ってきました。
皆様、足もとの悪い中お運びいただき、本当にありがとうございました。

愛知県名古屋市では、減税についての議会と市長の論戦が続いています。この議論は、良く見てもらわないとどちらが庶民の味方か分かりにくい。

河村市長案では、年収300万円世帯での減税額が1400円、これに対し議会修正案は3800円。一方、年収1000万円世帯での減税額は市長案が32,900円、議会修正案が27,300円(中日新聞参考)。

つまり、議会修正案の方が低所得者層に配慮した形となっているのは一目瞭然なのだ。

河村市長は庶民のための減税を実現すると言っていたはずであるから、この議会修正案はより市長の意向に近いものとなっているハズ。しかし、現時点では市長はこの議会修正案にご理解をいただけていないようだ。

大阪府の橋下府知事が、「首長の言うことを全て聞くなら、議会はいらないんじゃないですか」「それでは政治じゃない!」と言っておりました。

正論だと思います。引き続き、どこまでも“庶民”のための減税にむけ真摯な議論を望みたいと思います。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (2)

2009年12月04日

扶養控除廃止?

20091204.jpg
12/4(金)、朝街頭からスタート。お世話になっている美容室のH店長から缶コーヒーの差入れ。心も体も温まりました。本当にありがとうございます。

政府税制調査会が3日、2010年の税制改正の主要課題の扱いを固めたとのこと。
所得税と住民税の一般扶養控除を廃止する方針とのこと。23~69歳の扶養親族がいる家庭の負担は増えることになる。救済策は検討中とのこと。

さらに、所得税または住民税額によって決定される保育料が増加し、子ども手当をもらっても負担増になりかねない世帯もあると聞く。民主政権は、制度設計の詳細を明らかにしなければ、負担増の不安感だけが広まる恐れがあること肝に銘じていただきたい。

また、税制は租税国家の骨格であり、断片的な議論だけでは済まされない。地方分権も実質的には税制改正によるところが大である。将来のあるべき姿を提示した上で、現時点がどう位置づけられるのか? 明確にして頂きたい。

私自身も、将来にわたっての税制の在り方を、真剣に研鑽する日々。多くの方々のご指導をいただきながら、将来の日本のカタチを創り上げて参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2009年11月28日

スピードある対応を!

20091128.jpg
11/28(土)、朝6:30、地域のラジオ体操からスタート。公園の木々が綺麗に輝いて見えます。

14年ぶりの円高、株安、先の見えない不安がさらなる萎縮を生み、経済は悪循環を続けています。

緊急事態に即応した財政支出、エコカー減税など来年度以降の税制優遇措置の早期打ち出し、金融緩和、為替の介入に踏み切るべきと考えます。そのために、関係主要国との率直な対話を実施しなければなりません。苦しいのは我国だけではありませんから。

そうした迅速・果敢な行動が人心を和らげ、希望を持続させ、活力を生み出すのではないでしょうか。

マニフェストにこだわるあまり、最悪の状態に陥ることのないよう、同僚議員と連携し、現場の実態を政府に突き付けて参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2009年11月20日

今こそ技術立国~人材こそ宝~

20091120.jpg
11/20(金)、日増しに寒さが増してくる今日この頃、皆様いかがおすごしでしょうか。今朝も街頭からスタート。「目立った方がいいよ」とのご意見を頂いたので、オレンジ色(いちおうイメージカラー)のジャンパーを着ております。

さて、国政では事業仕分けなるものが進められていますが、はじめてこの言葉を国政の舞台で取り上げたのは実は公明党。ムダを省くことは良いことなので、どんどん実行すれば良いと思うが、ムダでないものまで削減しているように思えるのは私だけでしょうか。

現政権は、先の選挙の際、十数兆におよぶ財源を必要とする子ども手当などの政策を、「ムダを省いて実行する」を言っていたはず。それが、今や最先端技術の科学振興費や子供達の未来を創造する伝統文化子ども教室等の文化芸術振興費など、とてもムダとは言い難いものまで、事業仕分けにおいて予算の削減を進めているとか。挙句の果てに過去最大級の国債の発行までチラつかせる始末。いかがなものかと思います。

我が国は今後ますます高齢化が進み、必要な社会保障費は増大していきます。だから、そのために必要な予算を確保するためには、経済規模を緩やかながらでも拡大しなければなりません。

どうするのか?資源の無いこの国にとって、宝は人材。特に、技術系の出身である政治家として世界の最先端を走る様々な技術革新分野に予算を投じ、さらなる経済発展を考えねばならない、「技術立国」が私の命題です。

目下の最悪の経済状態を脱するためには、“必要な”公共投資も前倒して実施すべきです。エコカー減税等の景気刺激策も、一日も早く継続を明確にすべきです。さもないと、我が国の景気状況は、最悪の事態に陥ることを現政権は、もっとシビアに認識をしてもらわなければ困る。

直近の景気を財政出動により下支えするとともに、中長期的な視点から必要な研究開発には予算を投じて継続をする。極めて当たり前のことのように思われる着実な政策実行を現政権に強く要求して参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2009年11月13日

不惑

11/13(金)曇、今朝は地域のラジオ体操、朝街頭からスタート。

今朝の街頭では、子ども手当などの給付に集中する余り、景気対策が後退し、一家の収入が減額してしまう事態になれば、本末転倒ではないかと思えてなりません。

また、雇用対策を一日も早く実施して、新たな雇用の受け皿をつくった上で、公共事業等の財政出動の削減を行わなければ、雇用の場が失われ、失業率が上がってしまうのは理の当然ではないだろうか? 政府・与党には、真に国民のために、真剣に仕事をして頂きたい。

私ごとですが、本日をもって40歳、「不惑」となりました。なかなか不惑とはいきませんが、精一杯、大切な一日一日を過ごして参ります。多くの方々の真心に支えられ、感謝・感謝の毎日です。いかなる苦難も乗り越え、必ずや皆様のお役にたってみせる!!決意を新たにしております。

投稿者 いとう渉 わたるの今日, 政策・主張コメント (2)

2009年11月11日

地元要望が実現へ!

20091111.jpg
11/11(水)、雨のため、早朝、家内の新聞配達のお手伝いからスタート。東京に向かう列車の中にてブログをしたためています。

いつも朝街頭をするJR笠寺駅では、いよいよバリアフリー化の工事がスタート。地元の岩田県議や福田市議等と粘り強く進めてきた地域の要望が実現しつつあるのは、本当に嬉しい限りです。

政府では、日航に対する総額1250億円にのぼるつなぎ融資を実行する方向で進んでいるようだ。

破綻した場合に、日本経済や関連企業を含めた雇用に与える影響を考えれば、やむを得ないのかもしれない。

ただ大切なことは、何も一企業だけを守るために貴重な国費を投入するのではないという哲学だ。

よって、再建を軌道に載せたあかつきには、日本経済はもとより、中小零細企業の犠牲の上に成り立つような経営をすることなく、苦しくとも「共存・共栄」を目指す、真に成熟した日本の大企業として頑張ってもらいたいと思う。

現場ではこの不景気で、本当に明日をも知れぬ状態で苦しんでいる人が沢山います。

政府には、大至急景気向上への対策を講じなければならないと、我が党のネットワークを生かし、強く主張して参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2009年11月04日

寒風

20091104.jpg
11/4(水)、いつものJR笠寺駅前での街頭を終え、本日は上京します。それにしても、急に寒くなってきましたね。

先週は扁桃腺が腫れて熱が出てしまいました。健康がいかに大切か、あらためて痛感しました。

医療や介護といった社会保障は、一人一人の人生にとって本当に大切なもの。公平・公正な制度とともに、必要な財源をムダ削減と税収増でまかない、安心・安全を提供することが、今、望まれている。

そして、次代を担う世代に、希望と情熱を与える政治家が、きら星のごとく踊りでなければならない時を迎えていると感じてなりません。

人間主義の旗をかかげ、今日も前進を続けます!

投稿者 いとう渉 政策・主張

2009年10月30日

景気回復を!!

20091030.jpg
10/30(金)、今週は岐阜駅周辺での「スマトラ沖地震救済募金」街頭、新城市議戦の応援、東京での会議、名古屋市内の挨拶まわり等を中心に活動。

どこに言っても、景気低迷に対する不安が蔓延している。一刻の猶予もなく政府は対策を講ずるべきだ。

裾野の広い自動車産業や住宅産業を刺激してきたエコカー減税等の政策の継続を、一日も早く表明することを強く要求したい。

子供手当て等のマニュフェストの実現に固執するあまり、景気が後退し、家庭の収入が減少してしまえば、本末転倒である。

95兆円にも上る来年度予算を精査する刷新会議を構成する議員は7人とか。果たしてこの人数で、1ヶ月たらずの間に何ができるのだろうか?

見栄えや形にこだわることなく、大衆のために、遮二無二ひた走る政治家の姿こそ、国民は待ち望んでいると信じて、今日も努力を重ねて参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2009年10月23日

七転八起

20091023.jpg
10/23(金)現在18:00頃、事務所にてブログをしたため、知多市の党支部会に向かいます。

今週は、街頭を継続しつつ、世界最高峰のレベルを誇る氷彫刻大会への出席や、応援して下さる皆様との懇談を中心に活動。

その中で、私達の至らない点を率直にご指摘いただくこともあります。本当に肺腑をえぐられるような思いになると同時に、未来を想い、あえてご指摘いただけるその真心に、ただただ感謝の想いでいっぱいになります。

どれだけ多くの方々に支えられているか。どれだけ多くの方々の想いを形にしていかねばならないか。そのために求められる責任感とスキルの高さはいかばかりか。あらためて思い知らされると同時に、その厳愛の言葉に断じて応えてみせると、さらなる闘志を湧き立たせる毎日です。

いよいよ来週からは国会論戦がスタートします。様々な行政サービスの向上も、借金をして、将来の子供たちにツケを回すようなことがあってはならないと考えます。

また、今最も重要なことは、行政サービスを充実させるためにも、景気を回復させるための政策を実行することです。その上で長期的には、拝金主義とも言える損得ばかりの判断基準で進められているかのごとき政策決定の在り方を、根本的に見直していかねばならないと思います。

現場を回りながら、一対一の対話による「総点検」を続けて参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2009年10月14日

子育て支援

20091014.jpg
10/14(水)東京からの帰途、ブログをしたためています。

今週も街頭からスタート。自転車の前と後ろに小さな子供達を乗せて走るお母さんの姿を見かけた。一生懸命がんばる人の努力が、報われる社会を創らねばならない。

子育て特別応援手当ての予算凍結がニュースになっている。3万6千円支給の応援手当ての先に私達が見据えていたものは、幼児教育の無償化だ。

長年にわたり児童手当ての拡充に取り組んで来た私達は、手当ての直接支給が、ときに子供達のために使われていない現状を把握。児童手当ての拡充も小規模に進めつつ、教育費の低減による支援を進めようと舵を切った。

今回の予算凍結が、幼児教育費の軽減そのものを否定するものなのか、確認をしていかねばならない。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張

2009年10月07日

ものづくり

20091007.jpg
10/7(水)、大きな台風が近づいており、朝から雨模様。

今週も地元のJR笠寺駅前にて朝街頭からスタート。

日々、ご挨拶にまわりながら、様々なご意見を伺う。

従来から申し上げているように、我が国にとって人材こそ宝であり、人の持つ技術こそ大切な資源。

この資源が集中する「ものづくり愛知」は、日本を担う最重要地域といえる。

庶民の幸福の向上のために、景気の回復、地域力の向上をはかる政策が求められる。その具体策を求め、行動と思索の日々。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2009年10月02日

課題山積

20091002.jpg
10/2(金)、今週は雨模様の日が多いですね。
9/30(水)には、スマトラ島で大規模な地震が発生。被害が拡大しているようです。大災害の被災経験のある日本は、できるかぎり速やかな対応をすべきです。さまざまな形で、心からの国際貢献を望みたいと思います。

さて、先週から今週にかけて、愛知・静岡を中心に様々な形で人に会い、お話を伺って参りました。ポイントは以下の通り。

・福祉やサービスを充実させるためにも、国として『かせぐ』ことをもっと考えてもらいたい。
・資源の無い日本にとって、人の力、人の持つ技術の力を、もっと発揮できる環境を整えるべきだ。
・学校の無料化をしたニュージーランドでは、むしろ子供たちが学校に来なくなった。
・福祉国家たるスウェーデンにおいて、高齢者の自殺が増加傾向にあること。

メモの一部をありのまま、ランダムに書いてみました。

今大切なのは、政策の根底にある哲学だと痛感しました。サービスを向上させるだけでは片手落ちになってしまう。

人が幸福になるために、どうすれば良いのか。もっともっと人間に光をあてなければなりません。そのために具体的にどうするのか?
日々、思索と研究を重ねて参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2009年09月18日

再建

20090918.jpg
今週は14(月)、18(金)と街頭に立ち挨拶。愛知県、三重県を中心にお礼のご挨拶回りや事務所再建のために様々な打合せを行った。

落選してみなければ分らなかったことを発見する毎日。応援して下さる方々の真心が本当に心に沁みる日々。感謝の念は尽きることがありません。

新政権がいよいよスタート。一国民として、有権者の期待を裏切らない仕事をと念願する。限られた財源で掲げた政策を実現するのは並大抵のことではないだろう。膨大な財政赤字も看過できない。

本気で政策を実現するなら、有能なスタッフである官僚を顎で使うのではなく、頭を下げてでも協力を要請すべきだろう。彼らも一人の人間なのだから。

スタッフが本気でついて行きたくなる政治家にならねばならない。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2009年09月15日

政策の中身を精査せよ

20090915.jpg
連日新聞には、09年度補正予算凍結の見出しが散見される。

この中には、公明党が第二のセーフティーネットとして実現した“訓練・生活支援給付”も含まれている。

景気が回復し、雇用環境が改善するまでの間、生活費を支援しつつ職業訓練を実施する画期的な制度だ。

しかし今、この制度が新政権のもとで凍結されようとしている。政権の枠組みや目玉政策ばかりに気をとられている場合ではないはずだ。

私は、公明党のネットワークをフルに生かし、国民の日々の生活に密着した政策の推進に全力を傾注してゆく!

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張

2009年09月04日

前進・前進

20090904.jpg
9/4(金)、地元笠寺西門での街頭からスタート。

特別国会の召集が16日で固まった。民主党の鳩山由紀夫代表は同日中に首相に選出され、17日にも新内閣が発足する運びのようだ。国民により選ばれた議員の方々には、どうあれ国民の生活向上、幸福向上のため全力で仕事をして頂きたい。

マスコミ報道では、子ども手当や高速道路の無料化に関心が高いようだが、肝心の景気回復への努力を合わせて実施しなければ、国民の給与は下がり、国の税収は下がり、政策の実施にも支障を来してしまう。また、職業訓練中の給付金など我々が実現してきた数々のセーフティーネットもしっかりと維持して頂きたいと願うばかり。

私は、この落選期間を力を養う好機ととらえ、世界と日本国の在り方をじっくりと考え、皆様のお役にたてる政治家へとさらに前進して参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張, 街頭演説コメント (5)

2009年09月02日

新出発!

20090902.jpg
9/2(水)、地元JR笠寺駅前での街頭からスタート。

応援して下さった皆様への感謝と、この落選をバネに必ず成長しゆく決意を語った。

新政権がスタートする。党派を越えて、日本のため、世界のために、仕事をしぬいて頂きたいと思う。

最終的に政治家各人の資質が問われることになるだろう。仕組みを変えるだけでは、画竜点睛を欠く。

私自身も、本当に役に立てる人材になるため、さらにさらに努力を重ねて参ります!!

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (11)

2009年07月20日

名古屋駅前にて

20090720.jpg
7/20(祝)、名古屋駅桜通口にて街頭演説。

混迷する政局の中で、着実に政策を実現しつづける公明党。政治の信頼を回復するために、これまでも「あっせん利得処罰法」により口利きの見返りに報酬を得ることを禁止する等、政界の浄化に取り組んできた。

一連の政治と金の問題を受けて、次は「政治資金規正法」の制裁強化に取り組んでいく。不正議員には公民権の停止、つまり選挙権・被選挙権をはく奪し、政治の世界から退場していただく。

2大政党の政局ばかりが報道されるなか、公明党はどこまでも現場に直結し、仕事をやり抜いていく。本当に信頼に足る政党・政治家の存在を、あらゆる手段で訴え抜いていく決意だ。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張, 街頭演説コメント (3)

2009年07月16日

南区笠寺西門にて

20090716.jpg
7/16(木)、南区笠寺西門での朝街頭からスタート。

高齢化が進むなか、医療・介護・年金といった社会保障を充実させることは、与野党関係なく取り組まねばならない重要な政策だ。

大切なことは、そのための予算をどう確保するかということ。無駄を省くことはもとより、新たな経済の発展を担う基幹産業を育てなければならない。

キーワードは『エコ』だ。日本の環境技術は世界最高峰であり、この技術が必ず世界のマーケットで重用される時代になると確信する。

この度の経済対策も、中長期的な視点から、環境技術を後押しするための知恵がちりばめられている。単なるバラマキなどでは決してない。

目下の不景気を吹き飛ばしつつ、あらたな経済発展の種を育てるため、断じて大勝利させていただき、仕事をやり抜いてゆく決意だ。日本と世界のために。

投稿者 いとう渉 政策・主張, 街頭演説

2009年07月15日

熱田区伝馬町にて

20090715.jpg
7/15(水)、伝馬町駅前からスタート。

年金改革に取り組んできた実績を訴えた。あまり知られていないが、ずさんな仕事が明らかになった社会保険庁を解体。来年から年金機構となる。ポイントは公務員ではなくなるということ。いい加減な仕事をしている方には、辞めていただく。民間企業のような組織に変える。

言うまでもないが、大多数の真面目な公務員の方には、新たな機構でしっかりとご活躍いただく。

この改革に何故か反対した民主党。組合に支援されている政治家には、本当の行政改革はできないのではないか。そんな印象をもった。

投稿者 いとう渉 政策・主張, 街頭演説

2009年07月06日

誕生日

7/6(月)、本日は名古屋市内ほかで挨拶回り。夜は日間賀島に向かいます。
毎日、西へ東へと飛びまわっており、ブログがご無沙汰になっておりましてスミマセン。

昨晩は遅くからでしたが長女(中2)の誕生日を祝いました。
長男(小5)が学校で家庭科を習い始めたようで、不器用ながら心をこめて手作りのネームプレート(フエルト製)をプレゼントしておりました。長女の目には熱いものがあふれていました。

心を動かすのは心。どんな政策も、庶民の心に届かなければ本当の意味で良策とはいえない。

政策を創る側の心に、近所のおばさんやおじさんの笑顔が浮かんでいるのかどうか? 為政者の心の貧しさこそ、政治不信の元凶だと思えてならない。

必ずこの国の行く末を良い方向へ変えてみせる。そんな想いを胸に秘めて、今日も現場に足を運び続けます。

投稿者 いとう渉 家族・友, 政策・主張コメント (3)

2009年06月26日

原点

6/26(金)、東京から名古屋へ向かう車中。夜は一宮方面へ。永田町では様々な思惑が絡み合って、いたるところで思い思いの発言がなされている。

現場では依然として厳しい景気状況の中、明日をも知れぬ毎日を過ごしている人も大勢いる。
大切なことは、その現場の苦しみを政治が取り上げ、共に悩み乗り越えることだ。大衆とともに・・・ 政治家にとっての不動の原点だ。

まるで、政治家が政治家であるためだけに、右往左往しているかのごとき様相は、より一層政治不信を募らせるものと思えてならない。

与野党を超えて、より一層の政治改革、政治家改革を進めるのみ。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張

2009年04月22日

生活・雇用を守り−仕事を創る

20090422.jpg
4月20日(月)、私は愛知県労働局の雇用調整助成金の申請会場に足を運んだ。
現在、愛知県の直近の求人状況は74%。新規求人数は軒並みダウンしており、特に「モノ創り愛知」を支えている製造業ではマイナス79.3%と、ほとんど求人が無くなってしまっている状況だ。

今、政治が成さねばならないことは、「生活を守り、雇用を守り、仕事を創る」ことだ。
私たちはまず、激変する経済から「生活を守る」ため、順次給付を進めている定額給付金。無責任な野党からバラマキと批判されたが、必要不可欠な減税政策として、私たちはぶれることなく実現に邁進した。
給付決定後、「朝ズバッ」でみのもんたさんから「給付金よ、ありがとうだね」との発言に象徴されるように、今では多くの皆様に歓迎されている。
また、従来から主張してきた幼児教育費の無償化。若いお父さんお母さんの経済的な負担を軽減し、子育てしやすい環境を整えることを目的とした政策で、今回第2子以降のお子様に支給する3万6千円の子育て特別応援手当は、その一環として実現したものだ。

次に「雇用を守る」ため、厳しい経営状況にも関わらず、解雇ではなく休業という形で何とか雇用を維持していただいている中小企業に対し、雇用調整助成金という形で休業手当の最大9割を国が助成する。昨年からスタートし、現場の声を聞きながら使い勝手の良いものに改善を繰り返してきた。

さらに「仕事を創る」ため、最も裾野の広い自動車関連産業等をターゲットにした減税を実現し、助成制度も検討している。
景気回復に向け、政策を総動員しながら、どこまでも庶民感覚で目下の厳しい経済状況の打開に全力を傾注してく。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張

2009年03月21日

年金制度

20090321.jpg
3/21(土)、午前・午後と静岡へ、夜は岐阜へ向かいます。

社会保障の中でも、年金制度に対する関心は高い。社保庁のずさんな管理を正すことは当然として、根本的な制度設計の議論を重ねねばならない。

2004年改正を軸に、次なる当面の課題は、最低年金額の問題と受給権の獲得できる最低加入期間(25年)の短縮だ。また、中長期的には少子化対策ということになろう。

日本の平均年金月額は夫婦で約24万円。アメリカ約19万円、スウェーデン約15万円(専業主婦の場合)。日本の年金は決して安くないことが分かる。

保険料率は、1960年には給与の3.5%だったものが、昨年は15.35%。現役世代の負担は2017年の18.3%で上限値固定となる。

今後、団塊の世代ジュニアの我々の世代は、本格的な高齢化時代を乗り越えなければならない。

目先の選挙に気をとられ、現実を直視した議論がなされないことは国民にとって不幸なことだ。

次の50年を本気で担うため、正確な情報を共有し、緻密な政策議論を重ねて行かねばならない。
(写真は過日の時局講演会)

投稿者 いとう渉 政策・主張

2009年03月01日

太陽光発電に普及が加速

地球温暖化の深刻化が心配されています。CO2など温暖化ガスの大幅な排出削減のために、非化石すなわち再生可能な新エネルギーへの転換が叫ばれています。その最大の決め手と期待される太陽光発電について先週24日、政府与党が画期的な新制度の導入を決定しました。

それは、固定価格買取制度、すなわち、家庭やオフィスなどで太陽光によって発電された電力のうち消費電力を上回る余剰分について、電力会社が従来の2倍以上の固定価格、一キロワット時あたり50円弱で買い取ってくれる仕組みです。

これによって、たとえば平均的な家庭の太陽光発電システム(3.5KW/時)の購入価格250万円が約15年程度で回収できる計算となり、太陽光発電が家庭や学校、企業、病院、役所の庁舎などで爆発的に増える可能性があります。

日本の太陽光発電は、製造技術に関しては世界の最高水準にありながら、発電量では固定価格買取制度を先に実施したドイツ(2007年:ドイツ386万KW、日本192万KW)に大きく差をつけられてきました。買取そのものはこれまでも実施(24円KW/時)されてきましたが、電力会社の経営状況に左右されるなど限定的な制度でした。

買い取りは今国会に提出予定の新規法律に基づいて行われ、2010年から実施される予定です。制度の適用は、発電システムの新規の設置者だけでなく、すでに設置済み利用者も対象になりますが、電力会社は買取費用を賄うため、若干(一般家庭で数10円から100円程度)の電力料金の値上げを行う必要があります。

地球温暖化対策は、一部の人々や国々で実施しても、効果が上がらず、全員参加型で政策・手段をフル動員し、全員参加で、成し遂げる必要があります。

公明党は買取制度の導入を太陽光発電普及のカギとして、かねてから国会の質問や麻生首相への申し入れなどを通じて強く主張するとともに、公明党出身の斉藤鉄夫環境大臣が関係各省に働きかけてきました。今後とも、皆様方のご理解、ご協力を得つつ、太陽光発電をはじめとする新エネルギーへの転換を推進してまいります。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張

2009年02月25日

就職問題

20090225.jpg
2/25(水)東京での業務を16時で切りあげ、地元の会合に向かう車中。

本日の11時より、学生の就職問題に関するプロジェクト・チームを、座長:赤羽衆院議員のもと伊藤が事務局長の任を頂き立ち上げた。

私自身が就職した15年前に比して、格段に就職活動のスタートが早くなっていることにまず驚いた。大学3年生の4月から始まるとのこと。内定が決まる大学4年生の秋まで約1年半。これだけの時間と労力を費やして、内定取り消し等となれば、本当に言葉では言い表せない衝撃だろう。

学生の本分たる学業に専念をできる環境を整えるためにも、就職活動に対する何らかのルールを作り、その実効性を上げていかねばならない。また、新卒者だけでなく、既卒者や中途採用等、雇用機会の多様化も必要。

この就職問題は、我が国における、“人を図る物差し”の多様化ということにも繋がっていく大切な問題。学校の成績だけでなく、様々な経験や取組みが正しく評価される社会を創らねばならない。

写真は先週の金曜日のセミナー。時間が経つのは本当に早い・・・。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2009年02月19日

進むしかない!

20090219.jpg
2/19(木)、国会質疑の合間をぬって舛添大臣に申し入れ。厳しい雇用環境を受けて、ハローワークの土・日・祝日の開業、「雇用110番」といった緊急相談窓口の開設等を提案した。

また、話の中で中小企業支援の一環である雇用調整助成金に言及。こちらもハローワーク同様に窓口対応の強化を依頼した。

現場の痛みを少しでも和らげるために奔走しなければならないこのときに、TVに映し出される政治家の姿はあまりにもひどい。同じ政治家として忸怩たる思いだ。

ただ、どうあれ歩みを止めるわけにはいかない。政局に振り回されることなく、なさねばならない仕事を全力で進めていく。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張

2009年02月16日

前進あるのみ

20090216.jpg
2/16(月)、今週も駅頭からスタート。何事も継続が力と感じる。少しずつ声をかけて下さる方、会釈を返してくれる方が増えてきたことが本当に励みになる。

永田町では、国民の痛みをまるで分かっていないような出来事が日替わりメニューのようにマスコミを賑わしている。政治の責任は増しているにも関わらず、国民からの信頼は失われるばかり。そんな中での2/9(月)の赤羽議員(公明党:兵庫2区)の予算委員会での質疑は、一条の光に思えた。(衆議院のHPでご覧になれます)

今なすべきは、国会議員が先頭に立って我が身を削り、状況の打開に奔走すること。例えば、議員歳費の削減しかり。また、国の税収に応じて歳費が変動するような仕組みを取り入れ、国民の痛みがダイレクトに議員に伝わるようにしていかなければならない。

行政府において、言わば予算=売上。自ら売上を減らそうとする企業が無いのと同じように、今の仕組みでは予算を自ら節約しようとするとは考え難い。どんなに政治家を行政府に送り込んだところで多勢に無勢。各省が、自ら予算を節約した方がメリットとなるような、例えば切り詰めた予算の一部を各省の基金として次年度に持ち越し、新たな政策に投入することを可能にするなど、行政の仕組みそのものを立法措置により改革する必要があると考える。

いずれにせよ、私自身がもっともっと力をつけ、本当に庶民の力ある味方として仕事をしていかなければならないと決意を新たに前進して参ります!

投稿者 いとう渉 政策・主張

2009年02月09日

ぶれない軸

20090209.jpg
2/9(月)、朝の街頭、地元での懇談会を終え東京へ。

どんな問題に対処するにしても、私のスタンスは現場第一であり、ありのままの庶民の目線。

現場を知らないが故に起こる問題が、現代社会には数多く見られる。その解消は大切な政治の仕事。

本当に心暖まる政治・行政を再構築しなければならない。

投稿者 いとう渉 わたるの今日, 政策・主張

2009年01月20日

率先垂範の行動を!

20090120.jpg
1/20(火)、国会では参議院における審議が続いている。再三申し上げてきたが、今、最も重要なことは、どうあれ速やかに結論を導き、1日も早く政策を実施に移すことだ。

また問題になっている、いわゆる国家公務員の「わたり」については、原則禁止とすることが当然ではないかと考える。

一国が団結して危機を乗り越えるため、為政者は率先垂範の議論と行動を貫かねばならない。

投稿者 いとう渉 わたるの今日, 政策・主張

2009年01月12日

青年局街頭

20090112-2.jpg
1/12(月・祝)午後、栄交差点にて荒木県代表(参院議員)と共に青年局街頭を実施。愛知県本部所属の金庭・田辺(名古屋市議)、山田(半田市議)、長江(瀬戸市議)ほか青年局議員を中心に目下の取り組みを訴えた。(他に小島・福田・木下・中村(名古屋市議)が参加)

私からは、これまでの携帯電話値下げや、番号を変えずにメーカーを変えることができる番号ポータビリティー制度の実現といった若者の必需品である携帯電話の様々な施策を推進してきた実績などを報告した後、現在取組を進めている雇用対策等について報告。雇用を失うと同時に住むところまで失ってしまった方々への雇用促進住宅等の貸出、雇用を維持するため、国全体の7割の雇用を支える中小企業の経営支援、あるいは休業手当の4/5を支給する中小企業緊急雇用安定助成金の実現、また新たな雇用を創出するために、H21年度予算・税制では、裾野の広い住宅関連産業や自動車産業にスポットを当てた大幅な減税政策などを実現するべく、今まさに国会において論戦を展開していることを伝えた。

また、来年度後半での景気の底打ち・回復といった流れをつくるまでの間、消費を刺激することにより景気を下支えし、生活を支援するために考え出したのが定額給付金であり、これは野党も含めて各党が実現にむけ取り組んできた定額減税あるいは給付つき税額控除と同様な効果があることを訴えた。そして、その必要性に理解を求めるとともに、即効性のある、つまり21年度前半の景気刺激策となりうる対案はどこからも示されていないことを改めて訴えた。

私たち公明党青年局は、どこまでも責任ある行動に徹し、厳しい現状を乗り越えるべく、さらに仕事をやり抜いていくことを誓い街頭演説会を終えた。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張, 街頭演説コメント (1)

2009年01月02日

新春街頭

20090102.jpg
1/2(金)、栄にて新春街頭を実施。定額給付金の重要性、雇用対策について訴えた。

これまでも繰返し訴えてきたが、定額給付金発案の背景には、物価は高くなるが賃金は上がらないという事実があった。このギャップを定額減税で補おうとしたが、減税の場合、実施時期にバラツキがでるため、効果が分散する可能性があった。よって、一斉に実施可能な給付金という形をとったものである。ちなみに、定額減税を打ち出したとき、世論の6割の支持を得ていたことを忘れてはならない。

雇用対策には、大きく分けて三つの重点がある。すなわち、雇用の維持、雇用の創出、そして雇用を失った方々への対応である。一つ目は、緊急保証に代表される融資の拡充や助成金による、特に中小企業の経営支援。二つ目は、減税等の景気対策が効いてくるまでの間、公共事業の拡大や各自治体単位での官主導の事業の実施。三つ目は、住宅の提供や一時的な生活費の融資。これらを駆使して140万人の新たな雇用を維持・創出してゆく。

既に実施しているもの、これから国会で審議するもの様々だが、重要なポイントの一つはスピードだ。そのために、参議院における賛否を、明確にそして速やかに決定頂くことを切望する。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張, 街頭演説

2008年12月29日

地域の安全・安心

20081229.jpg
12/28(日)、29(月)と日夜地域の安全・安心のためにご尽力くださっている消防団・防犯の年末特別夜間警備の詰所を訪問。日々の活動の御礼などを伝えながら、様々なお話を伺うことができた。
多くの声は、政治家と官僚の変革を望むもの。徹底した行政の無駄の排除、政治家の定数削減、根本はいずれも為政者への不信感に基づいている。政治家の一人として本当に申し訳ない限りだ。
国の経営が厳しくなっている責任を政治家が取ることは当然。本年夏以来主張してきた政治家の給与カットについて、いよいよ声を大にしていく。

未曾有の経済危機に端を発する不景気の波は、さらに深刻さを増しながら日本の雇用を直撃している。
年明け早々から、まずH20年度の補正予算を大至急成立させ、とにかく現状の打開に全力を傾注していく。
そして、新たなこの国の明確なビジョンを自身の中に打ち立てるため、さらにさらに努力を重ねていく。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2008年12月02日

試練

20081202.jpg
12/2(火)、東京に向かう車中よりブログを認める。景気後退により、職を失う方々が急増の兆し。いつから人は機械のように扱われる存在になったのだろう?

我が国の宝は人材。ここを守るべく様々な改革・政策を進めねばなるまい。

すっかり色付いた街路樹を眺めながら、もっともっと力を付けねばと決意を新たにする。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2008年11月25日

朝発!

20081125.jpg
11/25(火)、地元駅前での朝街頭からスタート。声を掛けられる方が増えてくると、地道な取り組みを続けてきた甲斐がある。道行く方々に感謝。

厚労省幹部の殺人事件をはじめ、庶民を不安に落としめる出来事は後を絶たない。

国のリーダーたるべき政治家の使命は、益々重大となる。永田町の論理ばかりの駆け引きが続けば、与野党を越えて政治の信頼が、さらに損なわれることを憂う。

全てを背負える実力を養うべく、今日も頑張って参ります!
(写真は、事務所周辺の朝の風景)

投稿者 いとう渉 政策・主張

2008年11月02日

新経済対策の速やかな実行を!!

 様々な方々と対話を重ねながら、景気の先行き不透明感を肌で感じる日々だ。靴の修理屋さんやうどん屋さん、銭湯の従業員さん等々、地域で聞こえる声も厳しいものがほとんど。景気を下支えし、今一度、回復基調を取り戻すことが最重要課題だと痛感する。

 先週の10月30日(木)、麻生総理が生活支援を前面に押し出した新経済対策を発表した。今後、平成20年度補正予算や平成21年度予算等において、速やかに実行に移してゆかねばならない。

 その中には、本年夏以来、我が公明党が強く主張してきた政策が数多く盛り込まれている。暮らしに関するものとして最大の力を注いできたのは定額減税だ。物価が上昇するものの賃金が上がらないという現状を踏まえ、家計の下支えをすべく主張してきたこの政策は、総額2兆円、4人家族で約6万円程度の定額給付金という形で結実しつつある。

 最終的に給付金形式としたのは、減税の場合、所得税が年末から年度末にかけて実施されるのに対し、住民税が来年の6月にずれ込むため、効果が分散される懸念があることや、自営業者の場合は来年度末まで恩恵が行きわたらないなどの理由からだ。逆に給付金形式にすれば、就労形態等に影響されることなく、一気に支給し最大限の効果を発揮できる。

 もちろん定額減税に限らず、住宅ローン減税の大幅拡充、3歳から5歳の第2子以降への特別手当、妊産婦検診無料化の拡充、正規雇用促進のための企業への奨励金も経済対策として盛り込まれた。さらに、介護従事者の報酬アップについても3%程度の引き上げを目途に詳細を詰めていくことも決定された。

 さらに中小企業支援では、いわゆるセーフティーネットを大幅に拡充し、実質的に全ての不況業種に対して融資が行きわたるよう緊急保証枠制度と貸付で合わせて30兆円規模とすることも決定された。しかしこれは、どう運用するかがポイントだ。いくら保証枠が整っても、それを貸し出す銀行等の対応が硬直化したままであれば効果は限定的。どこまでも現場に足を運び、それぞれの将来性を見極め、本当の意味で日本を支えて下さる数多の中小零細企業の支援に全力を挙げねばならない。そこにこそ、この国の未来を創る、知恵と技術が集積していると信ずる一人だから。

 どこまでも、ピンチをチャンスに変える人間の力を信じて今日も走り続ける。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張コメント (3)

2008年10月20日

技術立国の推進

 国会では平成20年度補正予算の審議を終え、引き続き景気回復のための議論を重ねている。一方、地元では寸暇を惜しんで現場へと足を運び、中小企業経営者の方々等と対話を重ね、実態経済の状況をご教示頂く日々だ。

 アメリカでの金融市場の混乱は、最大2500億ドル(約25兆円)に及ぶ金融機関への資本注入を柱とする総合的な金融安定化策の発表により、一旦、落ち着きを取り戻しつつある。それを受け、日本経済も日経平均株価の下落や円高の進行も鈍化し、いわゆる経済指標上は何とか最悪の事態は回避しつつあるものの、引き続き景気回復のため、あやまたず次の一手を打たねばならない。

 日本の産業界はグローバルな市場競争にさらされる中、圧倒的に安い人件費とインフラコストを武器に低価格で生産される「物」に対して、徹底的な構造改革とコスト削減努力によって、今日まで熾烈な競争を勝ち越えてきた。コスト削減努力の中、各業界のグループ化が進み、大企業の傘下に中小企業が軒を並べるような形態がいたるところに見られる。

 傘下に入った中小企業には、ある程度安定した仕事が供給されるのと引き換えに、さらに過酷なコスト削減努力が迫られる。3次、4次と下請けが重なればその度合いは強まるようだ。もちろん、最終消費者にとって、良いものを安く提供していただける環境は歓迎すべきだが、消費者は一方で、往々にしてどこかの生産過程に携わる企業人であることを忘れてはならない。こうした流れの中で、この10年間GDPはほぼ横ばい、個々人の給与もほとんど横ばいという状態が続いている。

 良いものは良い。しかし「物」=「技術の結晶」の価値に見合った適正な価格ということを、もう一度考えねばならないときに差し掛かっているのではないだろうか。そのためには、官民が一体となって、あらためてメイド・イン・ジャパンの素晴らしさを世界に訴えていくことも必要だ。一次産業、二次産業の次の50年の成長シナリオを描かなければ、本質的な景気拡大は望めない。通貨の価値が上がる円高に一喜一憂することのない、内需と外需のバランスをどう取るかも重要な課題だ。

 コスト削減努力と適正価格を両立させながら「物」が取引されることが、我が国の大切な資源である「技術の継承」の要になると信ずる。

 私は、額に汗をして働く方々の努力が報われる国創りに、今一度、挑戦していく。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張

2008年10月14日

 10/14(火)、岐阜県下を企業訪問。その最中、HPにお世話になっている先輩からご意見を頂いた。本人ご了解のうえ、以下にご紹介させて頂く。

 先日、政治家が生出演することで有名なテレビ番組を見ていたら、ジャーナリストとしては大ベテランの司会者が、「今回の衆院選は、自民党政権が崩れるかどうかという、保守合同から始まる50年の歴史が変わるかどうかの重要な選挙だ」と前置きした。
 このときの対論相手は、自民党の石原伸晃氏と、民主党の菅直人氏だった。与野党の政策通を前にして、対論を面白くしようとしたのだろうが、冗談じゃないと思わず叫んでしまった。

 自民党政権は、1993年の細川内閣発足に伴い一度下野している。自民党政権は、ここで完全に終わったのだ。
しかし、せっかく自民党政権が終わったにも関わらず、その細川内閣をぶっつぶしたのは、だれか。小沢一郎、現民主党代表である。
 そして、細川内閣後、自社さ政権という、とんでもない政権をつくった立役者の一人はだれなのか。菅直人、現民主党代表代行である。
 いわば自民党政権を復活させたのは、他ならぬ、今の民主党の最高幹部なのである。

 この歴史認識に立てば、今回の選挙は、自民党政権を倒し50年の歴史を変えるというのは、まったくの認識違いだといわざるを得ない。ましてや、自民政権を復活させた当事者の菅直人氏に、自民党政権を倒すことを期待するのは、まったくの的はずれといわざるを得ない。

 更に、小沢一郎氏といえば、昨年まで民主党には政権担当の能力なし、と見切りをつけ、自民党との大連合すら考えた御仁である。本気で自民党政権を倒すなどというスローガンは、卑劣な空手形といわざるを得ない。結局は権力の座につきたいだけの、すべては詭弁である。
 老獪な司会者のいうように今回の選挙は、50年続いた自民党の独裁に区切りをつける選挙なのではなく、国民を欺く政治に区切りをつける選挙でなくてはならない。

 また、同じ番組で腹立たしい場面があった。
 与党が進めようとする緊急経済対策としての「定額減税」に対して、コメンテイターとして参加していた金融の専門家の発言だ。
 コメンテイターとしての立場は、その発言の真意を問われることはない。だから言いたいことが言えるのだが、それをいいことに、専門家を代弁したような影響を与える。そのコメンテイターいわく。「定額減税などの規模の減税を行ったとしても、経済効果にはならない」と切り捨てた。

 冗談じゃない。今必要なのは、この物価高で、明日の生活にすら事欠くような低所得者に対して、政治は温かい援助の手を差し伸べることではないか。
 さしものコメンテイターは年収何千万もある生活に余裕のあるお方だ。そのお方の6万円と、年収2、3百万の低所得者の6万円とは、自ずと金銭感覚は違う。どれほど、その6万円がありがたいか。経済効果なし、と一刀両断に切り捨てられるのは、こういった低所得者ではないか。

 お金持ちの傲慢で、経済政策を考えてきたのが、今までの政治だとすれば、それを、血の通った温かな政治に変えていくことが、今回の選挙の争点なのではないか。定額減税は、その象徴の政策といっていい。

 国民に影響力のあるテレビ番組であるからこそ、その責任感にたって、本当の政治を視聴者に考えさせる良識ある番組作りを期待したい。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2008年10月04日

どこまでも政策論争を!!

 今日も寸暇を惜しんで現場へと足を運んだ。アメリカでの金融市場の混乱が、じわじわと日本経済へ悪影響を及ぼし始めている。

 例えば、国内の不動産市場への影響は、即、建設業への打撃となる。多くの方が携わる建設業界の低迷は、そのまま国内の景気に打撃となる。政治は、まずこの局面を乗り越えるため全力を傾注せねばなるまい。

 私たち公明党は、この夏以来、物価高等による景気の下振れリスクが高まっている現状を踏まえ、まずは減税政策による景気の下支えを主張してきた。結果、所得税・住民税の定額減税や非課税所帯への給付金支給、さらには中小企業への融資拡充という緊急経済対策を、政府に対し最重要施策として位置づけさせたことはご存知の通りかと思う。将来の社会保障の議論等を考えても、まずは景気を下支えし、必要な税収を確保する事が大前提となることは言うまでもない。

 中でも定額減税は、年間所得に関係なく一定金額を減税するもので、物価高に苦しむ中低所得者層へ特に配慮したものとなっており、公明党らしい目玉政策といえる。この定額減税は9月1日の日経新聞でも、世論の6割の評価を得ている事が明らかとなった。

 こうした緊急経済対策を実現するために開かなければならない予算委員会がずるずると先延ばしにされている。例によって野党との協議が整わないからだ。政策論争であれば、国会で堂々と論戦を展開すべきではないだろうか。日程交渉で時間を費やしていられるほど、我が国、そして世界の状況は悠長な状態ではない。

 思い起こせばこの春、地方には迷惑をかけないと声高に叫んだ民主党の抵抗によって期限切れを起こしたガソリン税。しかし1ヶ月間の期限切れで地方予算は約700億円もの穴が開き、その穴埋めの交付金措置を取り決める法律がこの臨時国会で審議される。この法律に対する野党の対応もしっかりと注視していきたい。

 口先だけであれば何とでも言える。しかし、現実的かつ実際に、自動車の自賠責保険の値下げ等、生活者の立場から政策を実現してきたのはどの政党なのか。是非、しっかりと見ていただきたい。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張

2008年09月22日

未来への想い

 連日、様々な方とお会いし懇談を重ねる日々の中、政治家・官僚に対する不信は増大する一方だと感じる。事故米の一件もしかりである。

 一介のサラリーマンから政治家へ転身して丸3年。この職業、給料は税金。選挙ともなれば、私なら比例区「公明党」と書かれた貴重な一票一票の積み重ねの上に存在する。前回初当選のときは、愛知・岐阜・三重・静岡の4県で約100万票もの得票を頂いて議席をあずかっている。

 官僚にも同様なことが言えるだろう。政治家と同様に給料は税金。だからこそ、企業の利益といったものに左右されることなく、国民のための仕事ができる環境が整えられているのだ。

 この政治家・官僚が国民に奉仕し、国の未来を創り上げていくという本来の使命を忘れ、利己主義に陥り、あるいは組織防衛のために必死になっている姿があまりにも目につく。もっとも、そうした側面ばかりを強調する一部メディア報道のあり方も指摘されるが、報道が事実である以上、政治家・官僚が一層真摯に国民の負託に応えていくのは当然である。

 この3年間、私は、マンションの耐震偽装発覚に伴う耐震偽装問題の徹底追究と再発防止への取り組みをはじめ、無限の可能性を秘めた将来ある子ども達が、虐待を受けて生命を失う痛ましい事件の続発に端を発する児童虐待防止法の改正を行うことが出来た。また、第二次安倍内閣、また現福田内閣では厚生労働大臣政務官として、年金や医療、介護など山積する諸課題に全力を傾注するとともに、薬害肝炎患者の方々の救済法案の成立に尽力した。

 あっという間の3年間であったが、成さねばならない仕事は増加の一途。本当のリーダーシップを発揮できる人材をこの国は希求している。そして、その人材は必ず存在すると確信する。この国の底力を信じているがゆえに。

 大好きな日本の未来のために、私はさらなる努力と精進を重ねる。そして、応援して下さる方々の想いを魂魄にとどめながら、党派を超えて役に立てる政治家へと成長していく決意だ。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2008年09月15日

青年の力

20080915.jpg
13(土)は、漁業の窮状等を伺いに愛知県の日間賀島・篠島へ。14(日)は、栄・大須・名古屋駅前にて青年局の皆さんと共に街頭演説。この国の未来を担う青年に光を当てた我が党の政策を訴えた。

雇用の創出や最低賃金の引き上げ、職業訓練給付金の創設等々、青年の声を国政に届けるのが、公明党青年局の使命。政局ばかりが取り沙汰される中、着々と具体的な政策を積み上げていく決意だ。
01.jpg

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 参加・訪問・視察, 政策・主張, 街頭演説コメント (1)

2008年09月08日

緊急経済対策の実現へ

今、我が国は原油や物価が上昇する一方で、所得が下降するという局面を迎えています。その結果、景気の下振れリスクが高まっており、将来の社会保障の議論を考えても、本質的には必要な税収を確保する事が大前提となります。

そうした経緯を受けて、今回、公明党は所得税・住民税の定額減税や、物価上昇分の年金上乗せ、中小企業への融資拡充といった緊急経済対策を、政府に対し最重要施策として位置づけさせました。

特に定額減税は、年間所得に関係なく一定金額を減税するもので、物価高に苦しむ中低所得者層に配慮したものとなっており、公明党らしい目玉政策といえます。

この定額減税は9月1日の日経新聞でも世論の6割の評価を得ている事が明らかとなりました。減税の規模はこれからですが、1988年2月に実施された、夫婦と子ども2人の世帯で年間6万5千円(内訳は世帯主2万6千円、扶養家族1万3千円×3)、総額2兆円規模を考え方のベースに置きながら、今後議論を重ねていくことになります。

一方で、バラマキとの批判がはじまっていますが、これは論外です。今でこそ当たり前となった児童手当の実施時も、バラマキ批判がなされました。しかし今では各党とも“子供手当て”等と名前を変えて、あたかも自らの新たな政策のごとく、児童手当の拡充を競っている姿は滑稽としかいいようがありません。

そもそもバラマキとは、必要性の薄いところに予算を投入することであり、今回の景気の下振れを阻止するために、家庭の消費を下支えすることは、あくまで大前提となる国全体の税収を支えることにつながり、その下支えが無ければ、今後、様々な政策の実現もままならないということになります。

さらに財源については、将来へのツケとなる赤字国債の発行ではなく、問題になっている特別会計の積立金や余剰金から何とか捻出しようとするもので、庶民の生活を守り、消費を支え、最終的に景気の低迷を防ぐため、緊急に取り組まなければならない課題と言えます。

政治の混乱が国民生活に影響を及ぼすようなことがあってはなりません。私はどこまでも、国民生活の向上と、この国の未来を開くために前進し続けます。

02.jpg

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張

2008年08月27日

行動即勝利

20080827.jpg
8月26日(火)、朝の街頭を終えてから愛知県トラック協会の総会へ。党を代表して、サーチャージ制度のさらなる推進、高速道路料金の引き下げ、自動車重量税の引き下げを訴えた。

午後から東京に向かい、明けて本日27日(水)の16時まで党務や各省からの予算説明等を受け、再び愛知へ。このまま夜の会合に参加。

勝利に向け、行動あるのみ!!

投稿者 いとう渉 参加・訪問・視察, 政策・主張

2008年08月25日

日本の“業”を守れ

 8月18日(月)は地場産業の現状を伺いに岐阜県多治見市へ、20日(水)には林業・製材業の視察に愛知県の新城市、北設楽郡、豊田市稲武町・足助町へと足を運んだ。

 多治見市では、美濃焼の現状についてお話を伺った。中国をはじめとする新興国の産業発展に伴い、低価格の製品が大量に輸入されるようになり、一般家庭で使われる陶器類は徐々にシェアを奪われていった。
 結果、多くの製造会社や商社が倒産の憂き目を見るという事態が続発しているとのこと。地場産業を守るべき地方銀行も、都市銀行と同様に厳しい対応が続いており、地元でもその衰退に歯止めをかけられずにいる。

 新城市等の東三河地域では、森林組合や製材会社等を訪問し、懇談の機会を頂いた。
 製材の価格は下落傾向が続き、昭和50年代半のピーク時に比べ1/4~1/5に落ち込んでいるという。近年の環境意識の高まりで、政府としても京都議定書のCo2削減目標を達成するため、森林をCo2の吸収源として整備し、間伐には資金を投入して後押しするものの、その後の取扱いには配慮が足りないとのこと。一次産業としての農業や林業の衰退は、その後の流通ルートなど二次産業部分に光を当てていないことが原因の一つのようだ。
 確かに、本来二次産業部分は民間の努力によるものと言えばそうかもしれない。しかし、世界的な価格競争にさらされる中、圧倒的に安い人件費で挑んでくる新興国に応戦するためには、国益という観点から政府が乗り出さねばならないケースは増えてくるはずだ。

 今、戦後60年を経た日本は、先進国の仲間入りをして久しい。一次産業にしても二次産業にしても、我が国の基幹産業そのものがグローバルな市場競争で劣勢に立たされているケースが散見される。人件費の絶対的な違いは如何ともしがたい。これまで欧米諸国の背中を追いかけてここまで来た我が国が、いよいよ独自の力で新たな国の形を生み出さねばならない時を迎えている。
 全てが市場原理に曝されてしまえば、価格面では新興国に太刀打ちできなくなる可能性もある。かつての日本が世界から怖れられたように。

 今必要なことは、国益を考え、従来の仕組みに固執することなく変化を与え、そこに資金を投じることだ。
 しがらみのない我が党の本領を発揮すべき時は今だ。

06.jpg

投稿者 いとう渉 参加・訪問・視察, 政策・主張

2008年08月20日

林業

20080820.jpg

8月20日(水)、終日、東三河地域の林業および製材業の実態調査を実施した。

環境問題が大きくクローズアップされる中、森林は貴重なCO2の吸収源として注目され、その整備の一環として間伐が推進されている。

一方、間伐材の処理についてはあまり注目されておらず、国産の製材業は厳しい状況にあることが分かった。

限られた国内資源を有効活用することを真剣に考えなければならない。農業も地場産業もしかりである。国益という観点から、グローバルな市場競争に勝ち抜くすべを全力で検討していく。

投稿者 いとう渉 参加・訪問・視察, 政策・主張

2008年08月19日

残暑

20080819.jpg
8月19日(火)、通勤の方々が戻った駅前からスタート。終日、様々なところへご挨拶。車ばかりの移動も健康のために良くないと思い、今日は徒歩と電車にて移動。

名古屋の地下鉄も環状線ができ、格段に便利になったとあらためて感じる。ムダを削減しつつ、必要なインフラは着実に整備することが重要だと痛感した。

まだまだ暑い日が続きます。どうぞ、皆様もくれぐれもご自愛下さいませ。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2008年07月24日

住宅と福祉政策

H19.8に厚生労働大臣政務官に就任して以来、はや1年が経過しようとしている。
この間、私は薬害C型肝炎の一律救済に尽力し、肝炎対策の新たなスタートを切ることが出来た。
しかし一方で、年金記録問題等では今なお多くの皆様にご心配をお掛けし、公明党の議員として本当に申し訳ない限りだ。決意も新たに、全国民に安心と安全を提供すべく全力で仕事に取り組んでいく。

さて、私は本来、国土交通行政を専門分野としているが、政務官として厚生労働行政に携わる中で、住宅政策が益々重要な時代になってくるという感を強くした。
我が国の住宅ストックは数量の部分でほぼ所期の目的を達し始めている。
一方で、質の部分で多様化するニーズには十分対応できていない。また、今後さらに進展する少子高齢化社会の中、住宅政策と福祉の連携を強化していかなければならない。

例えば、特別養護老人ホームなどは今も長蛇の列で、入居希望者が数百人待ちという施設はざらにある。老後の生活に心配を抱く方も少なくない。
転じて行政の動向をみれば、地方自治体においても公営住宅の運営には消極的な姿勢が目立つ。メンテナンスなどのランニングコストがばかにならないからだ。

こうした背景を鑑みるに、安心して暮らせる終の棲家を提供することは、様々な社会保障の土台ともいえるのではないかとさえ思えてくる。
将来にわたって我が国の人口はしばらく減少傾向が続く。個人が所有する不動産である住宅や土地は徐々に余剰となる可能性もある。また政府では環境などに配慮する観点から200年住宅構想を練り始めている。

しかし、個人資産として所有する不動産に200年の寿命を持たせるために果たしてどの程度の初期投資が必要になるのだろうか?
こんなことをつらつら考えていると、もはや住宅とは個人の資産ではなく、道路や水道、電気のようにインフラ(社会資本)として整備すべきではないかという考えが浮かんでくる。

若い家族にとって住居費はばかにならない。子供が大きくなってくれば、それなりの居住スペースも確保したくなる。
さらに年を重ねていけば、それほど大きな家はいらないが、いざというときに頼れる家族や介護施設などが近くにあればどれほどか安心ではないかと思う。
インフラとして住宅整備を進め、その世代に応じたコミュニティと住環境の中で安心と安全の生活空間が確保できる国創りを、私のライフワークとして取り組んでいきたいと思う。
05.jpg

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張

2008年07月21日

団結の力

20080719.jpg
7月19日(土)は犬山市・江南市方面、20日(日)は西尾市方面、21日(祝)は岐阜市に伺い、様々な懇談の機会を得ました。お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

年金、医療、介護といった将来の社会保障の充実のために、政治は党派を越えて議論を重ねなければならない時代に突入していると思います。

目指すところは、国民の幸福。日本全体の団結の要たりえる政治家の出現が今ほど求められている時はないと感じます。我が党のますますの活躍のため、全力を尽くします。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 参加・訪問・視察, 政策・主張

2008年07月15日

全ての人々に活躍の場を!!

先日、障がい者のお子さんを持つお父様と懇談の機会を得た。
4人のお子さんの内、末っ子が障がい者。そのお父様曰く、「人は、生まれてくるときは仏のような綺麗な生命なんだと思うんです。そして、人生を送る中で、良くも悪くも少しずつ人間になっていくと思うんです。」と。
上の3人の兄弟は、人生に躓いたとき、この末っ子の傍で時を過ごすのだそうだ。
そして、何も語らないこの子の横で、何も語らずに勇気と元気をもらって、再び行動を開始するのだと。
「この子は、今も生まれたときの美しい生命のままだと思うんです。」

障がい者雇用促進の取り組みを加速すべく、大企業からではあるが、障がい者雇用促進法に基づき定められている障がい者の法定雇用率1.8%を満たすため、また企業の社会貢献という観点から、障がい者雇用の拡大を考慮した特例子会社が地元愛知でも増えつつある。

人には、その人にしか出来ない何かがある。
その何かを実現するために人は生まれてくる。
健常者であれ、障がい者であれ、その生涯で果たすべき何かがある。
そのために、政治に携わる人間は、それぞれの使命を少しでも果たしやすい環境創りに邁進せねばならない。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2008年07月07日

クール・アースデーが大成功

20080707.jpg
7/7(月)いつものJR笠寺駅前での街頭からスタート。クール・アースデーのことを中心にご報告させていただきました。

同日、北海道では洞爺湖サミットが開催。原油や食料の高騰、そして地球環境問題が大きなテーマ。そこに向けて、公明党青年局谷合青年局長(参議院議員)を中心に、サミット初日である7月7日をクール・アースデーとして、例えば全国のライトアップ施設を消灯して夜空を見上げながら地球環境を考える日としたい、そんな想いで全国の青年党員の皆様のご協力を得て署名活動を展開。6万余の署名を頂き福田総理に届けたところ、即決を頂き、昨日第一回クール・アースデーとして全国で消灯運動が展開をされました。

青年の熱と力が国を動かす力になることを証明した瞬間でした。どこまでも私たち公明党青年局は、この国の現在と未来を見据え、次代を担う青年の方々と力を合わせて、この国の未来に責任を持ち、行動して参ります!

04.jpg

投稿者 いとう渉 ご報告, 公明党ならでは, 政策・主張

2008年05月01日

閉塞感を吹き飛ばせ!!

5月1日、暫定税率が復活した日に、地元名古屋の先輩と電話で1時間程話をした。

先輩からの第一声は、我が党への不満だ。ガソリン税に穴が空き続ければ、最終的に借金で穴埋めすることになり、将来にツケを回すことになる。その額は実に1ヶ月で約2,000億円。一方、野党第一党は、国会ではガソリンを下げると言いながら、地方議会ではガソリン税の税収を見越した上で編成された予算案に賛成するなど、そのいい加減さは十分承知した上で、「何とかならんか!」との声だった。

かつて一億総中流と言われた頃、我が国は高度経済成長期にあり、多くの人たちが笑顔で暮らすことができた。私の両親は既に他界したが、従業員数人のペンキ屋の“おやじ”として、庶民のど真ん中で生きていた。生活は貧しかったが、十分満たされた人生を送ることが出来た時代ではなかったろうか。

その後、バブルの崩壊、そして失われた10年を経過し、やっと立ち直り始めてはいるものの、全体的な閉塞感は否めない。何としても景気を回復させ、国全体を覆う重い雰囲気から脱しなければならない。それには、まず国内の生産性を高め、付加価値と雇用を生み出さねばならないと思う。

生産コストの削減や、貿易黒字による摩擦解消などの観点から、新興国へ生産拠点を移した結果、国内の生産工場は減少し、雇用の減少や中小企業の厳しい経営へとつながり、最終的に給料があがらなくなり、消費が伸びず、景気の力強い回復が見られない、という結果につながっている。

近年、生産拠点の国内回帰も徐々に進んできてはいるものの、さらなる推進のために、税制のあり方を見直すなど国として具体的な方向性を示すとともに、各企業にも国益という観点からのさらなる取組みをお願いしたい。また、世界的には人口は増加傾向にあり、結果として、資源や食糧の高騰が家計を圧迫している。食の安全や自給率向上への国民の意識が高まっていることを踏まえ、安全・安定の食料供給体制の確保も喫緊の課題だ。さらに、最終的な安心を確保するため、社会保障のあり方も今一度整理しなければならない。行財政改革、つまりムダを省く努力と共に、新たな財源についても検討せねばなるまい。

現実を直視したとき、我が党の進む道は正しいと確信している。しかし庶民が苦しんでいるのも事実である。そこを「何とかせぃ!」との先輩の叱咤激励に心から感謝しつつ、今日も全力で仕事に挑む。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2008年04月10日

現在と未来に責任を!!

様々な生活用品が値上がりする中、ガソリンだけでも安くなって助かる・・・これは率直な気持ちだと思う。

しかし、いわゆるガソリン税をはじめとする総額2.6兆円もの税収を失って、私たちの国は本当にやっていけるのか、とも考えてしまう。

民主党は地方自治体には迷惑をかけないと断言していたが、4月以降自治体が予定していた各種事業の凍結をはじめ、様々な弊害が噴出している。
最終的には景気への影響も懸念されている。

一方で、今回の道路特定財源にしても、全くムダがなかったのか?という問いには、否、と言わざるを得ない。
福利厚生等の名の下に、常軌を逸した使途があったことは痛恨の極みだ。
失われた信頼の回復には並々ならぬ決意と行動がなければならない。

これらの点を十分踏まえながらも、この先の道筋、未来のビジョンについて、私たちは真剣に考える必要がある。

この国が抱えている最大の課題は少子高齢化だ。
この壁を乗り越えるためには、現実問題としてどうしてもお金が必要になる。
道路特定財源の一般財源化を機に、福祉関連予算の拡充も検討しなければならないと思う。
もちろん、必要な税収を確保しようとする以上、二度と国民の信頼を裏切るようなことはしないと宣言した上で、全てをクリアーにして背水の陣で邁進しなければならないのは当然である。

いずれにせよ、国会議員が国民の負託を受けている以上、政策の差異があれば協調点を見出すことは民主主義の基本である。

生活重視と言いながら、実際は政権を奪うためなら国民生活を犠牲にすることに何ら躊躇のない姿勢は、民主主義の冒涜以外の何ものでもない。
私はこのような政治姿勢を取り続けるものは、最終的に国民の信頼を失うものと断言しておきたいのである。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (3)

2008年04月04日

今こそ確固たるリーダーシップを!!

 4月に入り、道路特定財源に関する歳入関連法案が、期限切れという形で失効となった。現場のガソリンスタンド経営者をはじめ、多くの方々に多大なご迷惑をお掛けしていることについて、政治家の一人として心よりお詫び申し上げるとともに、何らかの対応策を早急に立案するよう全力を尽くしたい。

 その上で私は、わが国がいわゆるガソリン税、つまり1リットルあたり25円という税収を失って、この国の現状を維持できるのだろうか、との疑念を払拭できないでいる。その額、実に2.6兆円。民主党は地方自治体には迷惑をかけないと言っていたはずなのに、現段階で何ら対応策を打ち出していない。既に、今年度予定していた様々な事業を凍結することを表明している自治体もある。最終的には景気への影響も懸念される。

 一方で今回の道路特定財源にしても、全くムダがなかったのか? という問いには、否、と言わざるを得ず、この点については私自身、説明していて苦しいところだ。本来、道路建設等のために広く国民の皆様から頂いていた税を、福利厚生等の名の下に、常軌を逸した使用をしていたことは痛恨に極みである。建設は死闘、破壊は一瞬である。失われた信頼の回復には、並々ならぬ決意と行動がなければならない。もし、もう一つ同じ仕事ができる企業があったら、現国土交通省という企業は、倒産の危機に瀕しているだろう・・・。

 こうした点を踏まえ、この先の道筋を考えなければならない。私は以前にも書かせていただいたが、この国の抱える内政上の最大の壁は、少子高齢化だと考えている。この壁を乗り越えるためには、現実問題としてお金が必要だ。許されるなら、道路特定財源の一般財源化を機に、福祉関連予算の拡充も検討せねばなるまい。

 一国を預かる身なら、土下座をしてでも税収を確保すること、そして、その使途を明確にし、二度と国民の皆様の信頼を裏切るようなことはしないと明言し、背水の陣で業務遂行に邁進すべきではないだろうか。永田町の論理で生活重視に名を借りて、政権抗争に明け暮れるならば、政治そのものに対する信頼は失墜するばかりだ。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2008年03月21日

政治家は、国の経営者としての自覚を!

 最近は、日替わりのメニューのように政治の話題が茶の間に登る毎日。ここ数週間は、日銀総裁人事のことで連日報道を賑わせた。我が国の金融政策をつかさどる日銀のトップ人事は、結局、副総裁による代行という形で急場をしのぐこととなった。

 最初の総裁候補となった武藤氏は、過去5年間にわたり福井前総裁を支えてきた人物。その手腕には定評があり、政府として最良の人選をしたものと考える。一方、参議院において、この人事に不同意をした野党の理由は、一言でいえば、「財政と金融の分離原則」に反するというもの。

 では、果たして財金分離原則とは何を言うのか?

 これは特に戦時下において、日本政府の都合で、日銀に命じて大量の紙幣を増刷させ、最終的に強烈なインフレーションを引き起こし、国民の暮らしに大変な打撃を与えてしまったことに端を発する。このようなことが、現代社会において、日銀総裁が財政当局たる財務省あるいは旧大蔵省出身者だからといって引き起こされるリスクがあるだろうか? あるいは、超低金利政策によって庶民の貯蓄の利息が数百兆におよび損失を被ったという意見もあったが、バブル崩壊後の日本経済の状況を冷静に見たとき、基本的に自由主義経済のスタイルをとる我が国において、それ以外の方策が取り得たであろうか?

 常に、ただ批判することが野党の責務だと誤解する面々がいるとすれば、近い将来その存在価値を失わざるを得ないと私は警告しておきたい。

 失われた10年と言われたバブル後の景気低迷を何とか乗り越えつつある我が国の金融政策は、引き続き継続的に最良の選択をし続けなければ、また逆行しかねないリスクも抱えている。内需拡大の要ともいえる消費の向上といった庶民発の力強い景気回復には、まだまだ程遠い印象を持つからだ。

 ただでさえ、超高齢化社会の到来に向け医療・介護といった福祉の充実、そのための資金の確保を全力で考えなければならない時に、少なくとも日本の株価を落とすような愚挙は、国の経営者としての側面を持つ政治家の行動として絶対に避けなければならない。対案もなく、批判するばかりの参議院第一党に心して頂きたいと切に願う。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2008年03月19日

卒業式

3/19(水)、今朝は自宅から東京へ出発。

日銀総裁人事は定まらぬまま。これは、与野党を超えて決着せねばならない我が国の課題。

野党は、異論があるなら、対案を示すことが社会の常識ではないのか? 

政治家は、現在と未来に責任を持たねばならない。政局ばかりを意識した者は、いつかその存在価値を失うと思えてならない。

私事ですが・・・、今日は長女の卒業式。式への参加は望めませんが、父として、心を込めて自宅から送りだしました。時の経つのは本当に早いものです。

投稿者 いとう渉 家族・友, 政策・主張

2008年03月17日

舵取り

20080317_2.jpg

3/17(月)は朝の街頭から出発。

午後から東京にて党内会議。その後、環境省へエコ・カー優遇税制などの地球温暖化対策推進の50万をこえる署名を届けた。署名に奔走下さった皆様、本当にありがとうございます!

夕刻からは、バイオテクノロジー推進会議に出席。優れた日本の技術を育成し、新たな我が国の成長路線を築くのは政治家の責務。株式会社「日本」の売上を伸ばし、増大する社会保障費等に投資せねばならない。

日銀総裁の人事で議論することは大事だが、対案もなく混乱を招き、株価を下げるような行為は、国の経営者たる政治家として、資質を疑わざるをえない。

投稿者 いとう渉 ご報告, 政策・主張

2008年03月11日

人事

20080311.jpg

 3/11(火)、インターネットTVの収録からはじまり、党内打ち合わせ、官邸にて政務官会議等々、今日もあっという間の一日でした。

 日銀総裁人事は混乱模様。一時空席などという恥ずかしい事態は許されるのか・・・。この国を一体どうしたいのか?

 政治家は国家の経営を忘れてはならない。未来に無責任な政治家は、未来に責任を持つ青年が、追放するしかない!

投稿者 いとう渉 わたるの今日, 政策・主張

2008年03月10日

生活第一! この国の未来を創れ!!

20080310.jpg
 週末、選挙区内をご挨拶に回りながら、合間にパソコンに向い、想いを書き留めてみました。

 永田町では平成20年度予算および道路特定財源関係法案等の歳入関連法案の審議が、“ねじれ国会”の主戦場たる参議院へと舞台を移しました。衆議院での審議時間は約92時間と、昨年と比較してもプラス約24時間という格段に充実した審議を行ったにも関わらず、民主党をはじめとする大半の野党は、衆議院での採決が強引であったという理由で、この一週間、審議拒否を続けました。一方で、委員会にマスコミを意識してプラカードを持ち込む姿は、議論をするよりも、パフォーマンスに終始する姿勢を如実に物語るものと、同じ政治家として残念な気がしてなりません。

 道路特定財源の審議では、理解に苦しむような使途も明らかになり、そうした部分を修正し、さらにムダを一掃するため、党派を超えて議論をすることはとても大切なことです。また、平成20年度予算全体をみれば、社会保障関連で医師確保対策の推進161億円、救急医療体制の充実93億円、将来の医療費抑制にもつながる特定検診(いわゆるメタボ検診)の実施527億円、がん対策236億円、肝炎治療の医療費助成金等肝炎総合対策に207億円。教育関連で奨学金の拡充(大学等月額12万円、大学院月額15万円の創設(有利子))、幼稚園就園奨励補助金の引き上げ等々、ざっと挙げただけでも生活に密着した予算が目白押しです。この大切な予算審議を空転させることは、どう考えても国民のためとは思えません。

 誰が本当に生活を第一に考え、この国の運営に真剣に悩み、日々仕事に奔走しているのか? パフォーマンスではない、真摯な議論をしなければなりません。

 今こそ我が国は、中長期的な社会保障政策、国家100年の大計たる教育の在り方、そのために必要となる予算の確保をどうするのか、といった骨太の議論を国家的規模でなさねばならないと考えます。もし、目先の選挙だけを意識し、国民生活よりも政局を重視した国会運営をするならば、最終的には政治に対する不信感を増長するだけだと確信するからです。次代を担う覚悟で、今日も全力を尽くして参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2008年02月26日

産科医の現場を改善せよ

先日、ノーフォルト(岡井崇著、早川書房)という本を読み終えた。一人の若き女性産婦人科医を主人公にして、現在の産科医がおかれている状況が、極めて分かりやすく書かれており、とても参考になった。

産婦人科医の不足が指摘されて久しい。その背景には診療報酬のマイナス改定といった報酬面の変化もあるものの、もう一つ大きな要因として、医療訴訟の増大が指摘されている。当然のことながら、医療ミスにより患者に被害が発生した場合、それを司法の場で裁き、適切な結論を得ることは重要である。そうした世の動きにより、医療に対する様々な取り組みが向上することは望ましい結果と言えよう。

しかし、マイナス面も存在する。つまり、裁判では医療現場における不幸な結果(以下、医療事故という)が、医療ミスによるものなのか医療災害、つまり精一杯の治療を施したにもかかわらず結果的に不幸な事態になってしまったというケースなのか、この二つを見分けることが極めて難しく、同じような医療事故であっても、裁判の結果に大きな幅が生じているということのようだ。加えて、医療の制度は年々上がっているにも関わらず、こうした医療事故の報道回数が増えることは、そのまま医療ミスの回数が増えているかのような錯覚を世間に与えてしまう。その結果、大多数の善良な医師が、現場での医師と患者との信頼関係が損なわれてしまっている現状を憂いているようだ。

来年度の診療報酬改定では、そうした現状を踏まえ、産科では流産などのリスクが高い妊産婦を診断した際に支払われる診療報酬を原則2倍に引き上げるほか、救急搬送された妊産婦を受け入れた場合は、あらたな報酬の加算も盛り込まれた。さらに今後の議論として、所謂、無過失保障制度の導入に全力で取り組んでいきたいと考えている。既に欧米で導入が進んでいるこの制度は、医療事故の被害者は医療ミスか医療災害かを問わず補償が受けられることになる。一方で、事故原因の究明においても症例検討会のような形で事故原因の究明がなされ、最終的に医療現場における再発防止に役立つものと言われている。

精密化が進む世の中にあって、不毛な争いを避け、それぞれの権利をバランスよく享受できる制度設計が何事においても重要になってくる。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張

2008年02月24日

輿論(よろん)と世論(せろん)

 2/24(日)、朝刊で興味深い記事を目にした。戦前までは、輿論(よろん)と世論(せろん)は意味が違ったというもの。

 輿論(よろん)とは「広く会議を輿(おこ)し、万機公論に決すべし」にも連なる、『尊重すべき公論』。一方、世論(せろん)とは「世論に惑わず、政治にこだわらず」、つまり、暴走を阻止すべき大衆感情だったというのだ。

 現代にこそ再認識され、様々に流される情報を正しく理解し、国の行く末を熟慮せねばならないと思う。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2008年02月14日

今夜も地元へ

20080214.jpg

 2/14(木)、夜は地元南区の小会合へ。

 こうした小さな会合で、膝を付き合わせて、じっくり話を聞く。ここにこそ、本来の政治家の取り組みがあるように思う。

 今夜も一人の壮年から、60歳以上の雇用促進について意見をいただいた。法律はあるものの、なかなか実体がともなっていないと。

 現場にこそ真実があり、改革の知恵が隠されている。それを見い出し、形にできるかどうか。これが私達に課せられている使命だ。

投稿者 いとう渉 わたるの今日, 参加・訪問・視察, 政策・主張

2008年02月08日

山の如く

20080208.jpg
2/8(金)、公明党厚労部会、自民党国対法案説明、種々事務説明の後、予算委員会。

夜は名古屋にて諸会合に三カ所出席し、再び上京のため終電にて車中の人となる。

予算委員会等々においても、指摘される様々な行政の不手際。問題の本質はどこにあるのだろう?

究極はこの国の未来図を描ききれない政治家にあると言わざるを得ない。それは、与野党という次元を超える。

午後、名古屋に向う車中にて、富士山を仰いだ。「山の如く 不動の自己を築け」 先哲の言葉が浮かぶ。

一つの議席をあずかる身として、努力を惜しむまい。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2008年02月07日

株式会社「日本」を考える

 2/7(木)、予算委員会に臨席しつつ浮かんだことを書き留めました。

 戦後60年以上を経過した我が国は、極めて短期間に世界の先進国の仲間入りを果たした。そして現在、先進諸国の模倣という発展過程から、いよいよ我が国オリジナルの未来形を創出しなければならない局面に直面しながらも、未だその明確なビジョンを示しきれていない。

 最も大きな壁は、やはり少子高齢化の進行だろう。あと20年も経てば、65歳以上の高齢者人口は3,000万人を超えると言われている。実に4人に1人が65歳以上になる計算だ。

 これに伴い、医療費は約2倍、介護関連費用は3倍、年金支出もピークに達してゆく。こう書くと「大変なことだ・・・」との印象を与えてしまうが、本質的には、衛生面や医療技術の発展によって、世界に冠たる長寿社会を創り上げたということであり、本来、喜ぶべきことだと思う。

 あとは、我が国の発展のため、公私共に尽力して下さった人生の先輩方が、第三の人生を迎えるにあたり、明るく・楽しく・元気良く過ごしていただける国の形をどう実現するかということだ。シンプルに言えば、膨張する社会保障費を賄うだけの資金を、株式会社「日本」として、どう生み出すかということに尽きる。言うまでもないが、長期戦略としての「教育の再生」も欠くべからざるものだ。

 日本経済の現状は、一部大企業を中心とした若干の景気回復基調が見られるものの、全体としては力強い回復とは言えない。足元の景況をみても、消費拡大は見られず、建築基準法改正の影響による着工戸数の減少が引き続いていること、また、アメリカ経済の混乱、原油高等々、リスクは依然として高い。こうした中では直接的な税収増、つまり増税による資金調達など到底考えられない。であれば、我が国は全力を挙げて景気回復を実現し、自然な税収増を模索してゆかねばならない。

 先進国であるが故の高コスト構造の中、世界のマーケットで日本が勝負するためには、我が国にしかない先端技術の育成に力を注がねばらない。それは、よく聴く言葉で言えば、「イノベーション」ということになろうか。

 私は、そのイノベーションのキーワードとなるのが、「環境」あるいは「環境技術」であると考えている。無論容易な道ではないが、私も技術屋の端くれとして約10年間、企業人として生きてきた一人として、来るべき「環境性能競争時代」の到来を見据えながら、我が国独自の最先端技術が更なる飛躍を遂げられるよう、様々な施策の構築や制度改革に全力を尽くしていきたい。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2008年01月25日

道路特定財源 是か非か?

20080125.jpg
 1/25(金)、以下のとおり現時点の考えをまとめてみたので、ご一読下されば幸甚です。

 道路特定財源の問題が連日報道されている。あらためて説明するまでもないが、揮発油税24.3円+地方道路贈与税0.8円の計25.1円/リットル等の暫定税率のことだ。昭和49年から導入され、時代に応じて変動はあったものの、今日まで暫定として主に道路事業のために活用されてきた。昨今の原油高が家庭を直撃し、ガソリンや灯油の高騰は庶民にとって大変な痛手だ。値下げが可能なら是非そうすべきだと私も思う。では本当に可能なのだろうか?

 暫定税率による税収は全体で2兆6000億円、そのうち地方分は9000億円で、国からの交付金を含めれば1兆6000億円の地方財源となっている。愛知県に置き換えれば、県の道路歳出のうち、借金の返済に充てる1535億円を除いた年度事業分1123億円の実に50%近く(500億円以上)が失われることになる。その結果、道路の新設や改築、鉄道高架化事業や区画整理事業などの財源が全くなくなってしまうのである。しかし、財源が失われたからといってストップできない事業もあり、そうなると福祉や教育といった他の予算を削減しなければならない事態も想定される。この点については、さらに詳細に調査を進める。

 一方で、「暫定税率は下げるが、地方における道路整備は従来の水準を維持する」という主張も見受けられる。そしてその財源は「地方向け補助金をカットすることにより生み出すことが出来る」というものだ。しかし、この主張にも疑念を抱かざるを得ない。
 地方向け補助金は全体で19兆円あり、内訳は社会保障費が約13兆、教育関連費が約2兆、公共事業が約4兆円だ。
 地方道路整備費における暫定税率分、約1兆6000億円を、19兆円の地方向け補助金から捻出して従来通り道路整備を維持すると主張する人々は、一方で高速道路の無料化をはじめ、様々な「バラまき」とも言える政策を喧伝しており、これらの政策実現のためと称して、同じ補助金の中から6兆4000億円を生み出すと既に公約している。
 そうなると、19兆円の補助金のうち合計8兆円がカットされる計算となり、その財源を生み出すためには13兆円の社会保障費を大幅に削減するか、あるいは教育関連費と公共事業費を合わせた約6兆円をゼロにしない限り、到底実現できないのである。
 責任がないからこそ言えるのだろうが、それにしても「ガソリンは安くします。道路も作ります」といった主張の根拠は薄弱であり、あまりにも無責任ではないかと思う。

 私は何が何でも暫定税率維持を主張するつもりはない。その証拠に、昨年末の税制改正大綱には「自動車関係諸税については、・・・今後の抜本的な税制改正に合わせ・・・暫定税率を含め、そのあり方を総合的に検討する。」との文言を書き留めている。大切なことは、この国に住む私たちにとって「最良の選択とは何なのか」と言うことを、どこまでも合理的に突き詰める努力だ。そのことに引き続き全力を尽くす。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (3)

2008年01月20日

緑地会

20080120.jpg
 1/20(日)午前、第34回緑地会新年の集いに参加。今年で三度目の参加となり、徐々に気心も知れ、楽しいひとときでした。34年にもわたり、会を運営してきた御労苦に心より敬意を表します。
 午後はミニ集会2会場と会議に出席。やはり話題は道路特定財源。私からは本当にこの財源がゼロになったらどうなるのか、自治体にも調査を依頼していること、その結果、道路関連事業の停滞による景気への影響だけでなく、生活関連行政まで影響が及ばないのかどうか?そこを見極めなければ、軽々に判断はできない旨のお話をしました。
 必要な道路を造りつつ、ただガソリンが安くなるのなら、私も大賛成。現実はそんなに単純ではないのではないか、それが現時点での率直な考えです。どこまでも庶民の立場から、最良の選択を勝ち取って参ります!(写真は緑地会で挨拶する金庭市議(守山区選出))

投稿者 いとう渉 政策・主張

2008年01月09日

港湾関係六団体合同賀詞交歓会

0109.jpg
 1/9(水)正午、タイトルの会にて挨拶。我が国の海外物流の9割以上(トン数ベース)を支える港湾。近年はアジア各国の大規模港に押され気味ではあるが、伊勢湾をはじめスーパー中枢港湾整備などを軸に巻き返しを図っている。
 物流は産業の要。小さな国土を120%生かしきらなければさらなる発展は望めない。厳しい財政事情だが、選択と集中の原理で適切にインフラを整備しゆくことも大切な政策だと考えます。

投稿者 いとう渉 参加・訪問・視察, 政策・主張

2008年01月08日

薬害肝炎一律救済法衆院通過!

0108.jpg
 1/8(火)、フィブリノゲン等の薬害C型肝炎患者の方々を一律救済する法律が全会一致で衆議院を通過。昨年来、我が党が取り組んできた課題だ。様々な見解が未だ存在するが、患者の方々の立場に立てば画期的な決着。一貫して“一律救済”を訴え続けた公明党の一員として本当によかったと思う。
 為政者は、あらゆる技術を尽くして、善良な方々に尽すという姿勢を今一度確認すべきだと思う。
 写真は、原告団の皆様が我が党の控室にお礼にお越し下さったときのもの。目に涙を浮かべ挨拶をされる姿を拝見し、本当によかったと心から安堵しました。

投稿者 いとう渉 ご報告, 公明党ならでは, 政策・主張

2007年12月10日

師走

1210.jpg
 12/10(月)、今朝は地元の名鉄本笠寺駅周辺での街頭演説からスタート。
 超高齢化社会における医療費等社会保障コストの増大に備え、増税ではなく、中小企業を中心とした実質的な景気回復による自然増収を図るべく、税制による優遇措置を駆使していく事を報告。
 どこまでも庶民派政党としての政策実現に全力を尽くして参ります。
 それにしても、一段と寒くなって来ました・・・(~_~;)皆様くれぐれも風邪にはお気をつけ下さい!

投稿者 いとう渉 政策・主張, 街頭演説

2007年12月02日

生命の尊厳を全ての政策の柱に!!

 11月30日(金)14時40分から厚生労働省内に設置されたフィブリノゲン資料問題及びその背景に関する調査プロジェクトチーム(以下、調査PT)の最終報告を行った。翌12月1日(土)の朝刊には、告知の件について「国の責任否定」との見出しが躍ったが、調査PTの一員として、あらためてご報告申し上げたい。

 この調査PTは、フィブリノゲン製剤投与によるC型肝炎患者の418名の症例資料の一覧表等の資料について、存在しないと思われていたマスキングの無い資料が厚生労働省の地下倉庫から発見されたことに端を発し立ち上げられたものだ。その後、舛添大臣の指示を受け、平成14年当時、なぜ患者個人への告知を検討しなかったのかという点も大きな調査対象となった。

 結果は一連の報道に概要が記されている通りで、国は患者の視点に立ち、製薬会社から医師を通じて患者の皆様に告知し、検査受診を促すことに思いを致すべきであった。このことを重く受け止め、反省し、早期の告知により治療を期待できる疾病については、告知方法などについて今後検討を進めることなどを取り決めた。しかし、現時点では行政機関に責任があるとまでは言い切れないとした。

 この結論に至るまで、調査PTにご協力いただいた弁護士の間でも最後の最後まで意見が分かれた。また現在係争中の案件でもあり、短期間で実施した調査PTの報告の中で結論付けられるものではないとの意見もあった。

 なお、新聞報道には全く掲載されていないが、私は「行政が責任を取れないのであれば、政治家として精一杯の責任をとるべきである」と繰り返し主張し、調査報告書概要版の最終行に、「今回の一連の問題により、厚生労働行政に対する国民の信頼を著しく損ねたことについて、我々政治家としても重く受け止め姿勢を示すべきである」との一文を追加した。

 無論、この問題はこれで終わりにはならない。実際に苦しんでいる方々がいる以上、終りになる訳がない。行政機関はともすると国民の安全を守ることよりも、組織の防衛を優先しがちな体質を内包する。それを打ち破るのが政治家の使命であり、ひいては行政に対する国民の信頼を回復する唯一の道だとも思える。「どこまでも、信ずる道を進むまで」と心に決め、さらなる前進を期する決意である。

投稿者 いとう渉 ご報告, 政策・主張

2007年09月06日

C型肝炎に公費助成

 こんにちは。東京は台風が接近しており、どんよりした曇り空。ときおり強い雨が降っています。
上陸が予想される地域の皆様は、飛散物を片付けるなど万全の体制を!“備えあれば憂い無し”ですから。
 さて昨日、政府・与党間でC型肝炎の治療費助成を来年度の予算要求に盛り込む方向で検討することが決定されました。
また並行して薬害肝炎訴訟が行われており、福岡・大阪・名古屋・東京地裁では国や製薬会社の過失責任を一部認める司法判断がなされています。
そして明日は仙台地裁においても結論がでます。
 私の身内の中にもC型肝炎を患っている人がおり、現在も状況を見守っているところです。
大切なことは“苦しんでいる人をどう救うのか”という1点に尽きると思います。
そこに様々な立場や思惑が絡み、複雑になり、結果、一番大切な事が先送りになる。これは避けなければならないと率直に思います。
 ひとりの政治家として、どこまでも庶民の目線で全力を尽くして参ります。

投稿者 いとう渉 ご報告, 公明党ならでは, 政策・主張コメント (1)

2007年08月28日

久しぶりに上京

 こんにちは。昨晩から安倍改造内閣の人事が、TVや新聞で様々論じられていますね。
年金問題や今後の労働法制の整備など、いろいろな意味で個人的に注目していた厚生労働大臣には参議院2期目の舛添要一氏が任命されました。
是非とも、テレビの討論で見られるようなハッキリとした主張を展開し、国民と直接対話を心がけ、少子高齢化社会の中で待ったなしの社会保障制度の将来像、多様化する労働力市場のあるべき姿等々、リーダーシップをとっていただきたいと期待する一人です。
 国民はこの国の行く末に不安を抱いていると痛切に感じます。この不安を安心に変えるべく、政策立案、予算編成そして一人の人間としての行動により範を示していくのが、国政を預かる私どもの責務です。
 9・11で私の議員生活も丸2年。まだまだ駆け出しですが、真の民意を国政に伝えられる政治家へと成長すべく、まもなく始まる臨時国会に臨んでまいります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2007年03月13日

教育再生について

 こんばんは。3/13(火)、東京の事務所にて机に向かっております。
 昨晩、最終にて上京し、本日も朝からフル回転で事務所一丸となって仕事に取組んでおります。
 統一地方選挙も間近に迫り、緊迫した日々が続いております。名古屋市会議員選挙の予定候補者、千種区:田辺雄一さん(新人)、昭和区:小島七郎さん(現職)をはじめ、全員の必勝を断じて勝ち取って参ります。
 余談ですが・・・、我家では本日三男の宙(そら)が1歳の誕生日を迎えます。歩き始めたチビちゃんには、パパから靴をプレゼントしました。
 子供たちの未来を拓くため、未来に責任をもつ政治を実現していかねばなりません。

《中央教育審議会答申》

 3/10(土)に中央教育審議会答申(以下、中教審)が「教育基本法の改正を受けて緊急に必要とされる教育制度の改正について」(答申)を取りまとめました。 週末の新聞紙上でも取り上げられていたとおりです。
 大きく分けて三つの法案改正が検討されています。1.学校教育法 2.教職員免許法及び教育公務員特例法 3.地方教育行政の組織及び運営に関する法律 の改正です。
 1では、義務教育の目標やそれぞれの学校種(幼稚園、小学校、中学校など)の目的や目標等が整理されます。
 2では話題になっている教員免許状に10年間の有効期間を定めることや指導が不適切な教員の認定及び研修の実施等が整理されます。
 3では教育委員会の責任体制の明確化や教育における国の責任の果たし方などが整理されます。

《与党・教育再生に関する検討会》

 上記答申を受けて、検討会が連日開催をされています。私も一年生議員ながら末席に連なり、議論に参加をしております。
 1、2ついての方向性については、概ね問題はないと考えているものの、どこまでも現場で真面目に働く教職員の皆様の後押しになることが重要です。我国はどうしても犯人探し的な制度になりがちで、良い人材を伸ばすもの、やる気を促すもの、“北風と太陽”であれば、どこまでも“太陽”の存在こそ重要であることを根幹に据えながら議論を重ねています。
 3については極めて慎重であるべき姿勢を貫いています。特に教育行政に対する国の関与については、地方自治法の趣旨を十分踏まえて、その範囲内で対応すべきものと考えています。つまり、国の関与すべき事態とは生命や身体に関るような場合に限るべきであるとの主張です。
 全ての制度の根幹は“心を持った人間”です。どんなにシステムを整えても、それを使う人間に“情熱と力”がなければ、それは絵に描いた餅になるでしょう。だからこそ、どこまでも現場で働く方々を支えるような制度設計が求められると考えます。
 今国会の最重要法案の一つとなる教育関連法案の審議に全力を傾注して参ります。

投稿者 いとう渉 家族・友, 政策・主張

2007年03月02日

H19年度予算 最後の攻防

 こんにちは。いよいよ3月に入りましたね。統一地方選挙も本番まで後一ヶ月を切りました。全力で応援を頂く皆様方に報いるため、断じて勝たねばならないと決意を新たにしています。
 それにしても今年は暖冬につき、東京では雪を見ることなく春になりそうです。国会では、H19年度予算案の衆議院通過に向け、最後の攻防が繰り広げられています。

《ただ今、3月2日(金)10:50》
 
 9時から開会された予算委員会は審議が始まることなく休憩となりました。とても大雑把に言えば、野党は予算案の衆議院通過に向け十分な審議が未だ行われていないと主張し、予算成立に向けての審議を行わない方針のようです。特に、“政治と金”の問題についての議論の必要性を強調しています。
 私自身もそれ自体を否定するつもりはありませんが、約80兆にもおよぶ国家予算の執行を万が一遅らせるようなことがあれば、国民生活に支障をきたす恐れすらあります。様々な課題について真摯に議論を重ねることは当然ですが、それとこれとは話が別のように思えるのは私だけでしょうか?
 分かりやすくいえば、予算編成そのものに問題があるなら別ですが、それとは異なる政治家の資質の問題で議論をしようということですから、それはそれで別の舞台でやればよいと思うのです。予算編成そのものの問題を主張するのでないなら、予算案は成立させるべきなのです。

 以上、速報をみなさまにお伝えします。国民が理解に苦しむ国会運営の模様を見せれば見せるほど、政治および政治家不信が募ることを悲しむばかりです。

投稿者 いとう渉 国会, 政策・主張

2007年02月15日

そんなのあり? −国会運営の不思議

 こんにちは。今日の東京はとても暖かく、いち早く春になったような感じです。今日午前中、予算委員会で今国会初の質問に立ちました。内容は“年金”と“地球温暖化対策”。お時間のある方は、私のホームページに質問の模様をアップしますのでご覧下さい。(国会質問)

《予算委員会が休憩に・・・》
 さて、只今11:45現在、予算委員会は休憩中です。理由は、民主党が厚生労働大臣に対して質問をしたいのだが、大臣がいないためです。何故いないのかといえば、参議院の厚生労働委員会の集中審議に大臣が取られているためで、これも民主党が要求をしたからこうなっているのです。
 分かりやすくいうと、民主党が衆議院・参議院で大臣を取り合って、結果的に参議院に取られたので、衆議院は質疑が出来ない、だから休憩・・・となっているわけです。さすがの共産党もこれにはあきれている模様です。

《野党の成果?》
 どうもこの国会というところでは、野党は審議を遅らせることが成果だと勘違いがされているようです。先日も審議拒否が問題になりましたし・・・。現在の審議内容はH19年度の予算ですから、本当に予算編成に問題があって議論するなら分かりますが、上に書いたような理由で審議が遅れることを、いったい誰が望むのでしょうか??

 どこまでも、“国民のための政治”。これを全党が心肝に染める必要があるのです!

投稿者 いとう渉 国会, 政策・主張

2006年12月08日

児童虐待防止に全力

 第165回臨時国会も残すところ僅かとなって参りました。今国会では、国土交通・法務等の各委員会への所属に加えて、児童虐待防止対策プロジェクトチーム(以下PT)の座長として活動の場を与えていただき、福島豊衆議院議員に顧問として御助言を賜りながら、未来に輝く子どもたちの笑顔を取り戻すために、全力で走りぬいております。

《現状と課題》
 H17年度の児童虐待相談対応件数は約3万4千件。この数は年々増加傾向にあります。ただし、この数字は、虐待が増加しているということもさることながら、わが党の富田茂之衆議院議員が中心となって取組んだH16年度の児童虐待防止法の改正によって、虐待の発見率が向上している要素も含まれると考えられます。
 皆さんの記憶に新しいのは京都の長岡京市で発生した虐待による児童の死亡事件ではないでしょうか。児童相談所が虐待発見の通報を何度も受けていたにもかかわらず、子供の生命を守ることができなかったというあまりにも悲しいニュースでした。
 PTでは現場第一との観点から、現行制度において虐待通報を受ける市町村の現場担当者との意見交換、児童相談所の視察、学識経験者の方々からの意見聴取を重ねていきました。
 その中で見えてきたのは、自治体や児童相談所などの体制の不十分さでした。特に町村にいたっては常勤1名に非常勤2名、なおかつ常勤者も何らかの兼務を担っているといった具合で、虐待通報や相談に十分に対応できていない事情を抱えていることが分かってきました。
 また虐待通報を受けた後、必要であれば一時的に子供たちを保護する一時保護所という施設がありますが、実情としては定員超過をしているところが多く、虐待を受けている子どもたちを保護したくても出来ないという深刻な問題を抱えていることもわかってきました。
 さらに、一時保護後も個々の事情によって望まずして養護施設での生活を余儀なくされる子供たちは、現実的には大学進学等をあきらめなければならないという、保護後の子供たちの将来に対する問題も明らかになって参りました。

《今後の取組み》
 まずこうした体制の不十分さ等を解消するため、H18年度補正及びH19年度予算において格段の配慮を行うよう、PTとして関係省庁に申入れを行って参ります。また、次期通常国会ではここまでの調査により見えてきた法律上の検討事項を、法改正も視野に入れながら党内さらには超党派で議論していくこととなります。
 児童虐待やいじめ問題等に取組む中で見えてきたものは“孤立”というキーワードです。地域からの“家庭の孤立”、家庭での“子供の孤立”、社会での“大人の孤立”そのしわ寄せが子供たちに降りかかっているのではないか。以前は当たり前のように存在した人と人との絆、繋がりといったものがこの国から急速に失われつつあると思われてなりません。
 未来を担う子供たちに素晴らしい国としてこの日本を引き継ぐために、一つ一つの課題に全力で取り組んで参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2006年11月12日

『いじめ問題』~わが国の行方~

 11月12日(日)の夜、名古屋の事務所にて書き起こしております。私事ですが、11月13日(月)で37歳になります。議員になって2回目の誕生日。年を重ねるごとに、それに見合った実力をつけていきたいものです。

《学校で何が起こっている?》
 さて、いじめ問題。先週はいじめを苦にしての自殺予告が伊吹文科大臣に届き、都内を中心に厳戒態勢の週末となりました。いま教育現場で何が起きているのでしょうか。
 ざっくばらんな表現をさせていただけば、今の学校は、教育委員会などの行政上の上層部、子供たちの親、地域などなど、様々なところから、様々な注文・要望を受けており、どっちに向かって取り組めばよいのか混乱しているのではないかなという印象を受けます。“子供たちのため”に決まっている・・・そうは言うけれども“言うは易く、行うは難し”だと思うのです。
 率直な私の意見では、いろいろと物申す人は多いけれども、その発言に責任を持ち、一緒になって物事の改善に取り組もうとする“情熱の人”が少なくなっているのではないかと思っています。

《国家百年の大計》
 教育とはわが国の行方を決定し行くうえで、最も根幹をなす事業です。今週には教育基本法の採決も行われる方向で進んでいます。
 国会で行われる議論は、本来は決して“政争の具”と化してはなりません。しかし、現実はまだまだそうもいかないようです。
 いじめの問題も、私たち政治家を筆頭にしたこの国の大人たちの後ろ姿にこそ原因があるのではないかと私は考えます。未来を担いゆく子供たちに恥ずかしくない生き様を示しゆく一人になれるよう、真剣に行動してまいります。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (3)

2006年11月06日

未来のために−今いる場所で全力を−

 こんにちは。臨時国会も最も忙しい時期を向かえ、毎日毎日走りまわっている感じです。こうしてブログを書いているときは、見ず知らずの方々へ手紙をしたためているような気がして、少し心が和む瞬間なのです。

《未履修問題》
 先週1週間は、与党教育再生会議検討会のメンバーとしていわゆる“未履修問題”で連日のように会議が行われました。皆さんもご存知のとおり、全国約116万人の高校3年生のうち、約8万人(約7%)の生徒が必履修科目を履修していなかったというものです。
 今回の対応としては、受験を控えた生徒たちには何の罪も無いことであり、その上で全てを履修してきた生徒との公平性を十分に考慮しつつ、現実的な対応を速やかに行うという方向性のもと、結果的に未履修時間70時間以下の生徒は補習50時間程度+レポート、未履修時間70時間超の場合は補習70時間+レポートという形で整理をしました。

《教育の再生》
 では、問題の本質はどこにあるのでしょうか?
 教育現場において何らかの怠慢があったというよりも、現在の教育システム、大学受験というものの現状から半ば必然的に生じてきた問題なのだと思います。これを是正するためには、大学受験を含めた制度の抜本的な見直し、あるいは高等教育のあり方、子供たちに何を伝えるべきなのか。こうした根本的な命題を今こそじっくりと議論しなければならないときが来ているのです。
 昨今、毎日のように報道されている陰湿な“いじめ”の問題にしても、何が根本的な問題なのか。“いじめを絶対に許さない世の中を創り上げる”、その確固たる方向性の中から具体的な論点の整理、進むべき方向性が見えてくると信ずる一人です。“いじめ”とは今を生きる我々の心の闇の部分のひとつの表れのように思えるのは私だけではないと思います。

《人生の目的》
 今の自分は、『一瞬、一瞬をどう輝かせるのか』ということに一生懸命努力をしているような気がします。それは具体的には『今いる場所で全力を尽くす』ということに自分の中ではつながっています。そして最終目的は一人でも多くの方々の役に立つ、ということでしょうか。人は自分のためだけには力を出し切れないと思う一人なので。簡単なことではありませんし、実際には苦しいことのほうが今は多かったりしますが・・・。
 いずれにせよ、前進あるのみ。そう自分自身に言い聞かせつつ、今日もがんばって参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2006年10月11日

核実験の発表~何処へゆく北朝鮮~

 こんばんは。現在10/11午後8:30 東京の事務所にてブログを書いています。7月の北朝鮮ミサイル発射の報道は中国で、今回の核実験発表の報道は大阪9区の衆議院補欠選挙の応援の最中に耳にしました。

《理解できない行動・・・》

 自国の軍事力を誇示することでアメリカをはじめとする各国との交渉の糸口を探ろうとする北朝鮮の思考と行動はどうしても理解できません。
 国連の安全保障理事国が何だかんだと言っても核保有国であること、かつてインドやパキスタンが核保有を宣言することで外交交渉を優位に進めたことなど、“核”を持つことの効果を期待しているのではないかとの推察はいくらでも可能なわけですが、喉元にナイフを突きつけ合うような戦略が長続きすると本当に思うのでしょうか? それとも金正日氏は所詮、自分の存命中だけ逃げ切れれば良いと考えているのでしょうか・・・。

《我国の進む道》

 厳しい姿勢で北朝鮮の対応に臨むのは当然ですが、国連決議において武力制裁につながる可能性のある国連憲章7章42条を含むことについては慎重であるべきと考えます。
 武力による現状の打開は、武力による新たな争いを生むだけだと考えるからです。それでは北朝鮮の思う壺ではないでしょうか。どこまでも軍事力に拠らない事態の打開を追及するべきです。“核抑止力”という言葉がありますが、無差別に引き起こされるテロに対しては既に何ら効果を生むことが出来ていません。今こそ、こうした悪循環を断ち切り、世界的な軍縮の流れを加速させるときであると、私は考えます。それこそが“庶民の発想”だと信じる一人だからです。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2006年09月05日

公明党の一員として、さらなる前進を!

 こんにちは。今朝の名古屋もまだまだ日差しがきつく、今日も暑くなりそうな気配です。いつもHPやメルマガをご覧いただきありがとうございます。早いもので議員として仕事をするようになり、まもなく1年が経過いたします。昨年の特別国会では国土交通委員として耐震偽装問題に取り組み、本年前半の通常国会では法務委員として共謀罪の審議に携わってきました。
 見るもの聞くものすべてが初めての国政の場ではありますが、「ここに立たせていただいた以上、とにかく勉強するしかない」と、がむしゃらに進んできた1年でした。しかし一方で、本来の仕事であるはずの国会審議を欠席し、TVに頻繁に出演する他党の議員を見るにつけ、やはり私たち公明党こそが真面目に国政を担い、この国の行く末を決定づけていく大切な存在であることを痛感した1年でもありました。

《存在感増す公明党》
 少子高齢化が進行する中、政府与党は2004年の年金改革に始まり、介護・医療などの社会保障全般の見直しを行う一方、徹底した “行財政改革”を断行し、行政システムのスリム化を図ってきました。その結果、マクロな動きではありますが我が国の経済は長いトンネルを抜け、回復基調となってきています。
 この経済回復の最大の要因は、私たち公明党が政権に参画したことによる政治の安定であることに異論の余地はありません。責任与党であるだけに「存在感が無くなった」等々のご批判を頂くことも多々ございますが、論より証拠として、国政の建て直しをもって皆様にお応えしていくことが何よりも大切であると確信しています。

《庶民の代表として》
 どこまでも庶民の目線で、声なき声を国政に届けていくのが公明党の使命です。景気が回復してきたと言っても、それはまだまだ庶民の手元まで届いていないことも事実です。ここからが我々の正念場です。応援してくださる沢山の皆様に心から喜んでいただけるよう、さらにきめ細かな政策を立案しつつ、世界の模範となる少子高齢化対応型の国創りに全力で努めてまいります。今後とも応援のほどよろしくお願い申し上げます!!

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2006年09月01日

イージス艦を視察

こんにちは。9/1(金)、今日はあいにくの雨でしたが、横須賀にある海上自衛隊横須賀総監部を訪問し、海上自衛隊が保有するイージス艦「きりしま」を視察しました。

《神の盾・イージス》
 イージス艦といえば、北朝鮮のテポドン2号の追尾に成功したり、あるいは昨年公開された映画「亡国のイージス」などで名前こそ知っていましたが、間近に見るのは初めてです。
 そもそもイージス(Aegis)とは、ギリシャ神話に登場する最高神ゼウスが娘アテナに与えた、あらゆる邪悪を払う楯(アイギス:Aigis)に由来するそうです。のちにアメリカ海軍が開発した、大型の防空レーダーと強力な防空ミサイルを備えた艦隊戦闘システムのことをイージス・システムと呼ぶようになり、これらが搭載された艦艇のことを一般的にイージス艦と呼んでいます。
 このイージス・システムは、強力なレーダーによって500キロの範囲で目標をキャッチし、多数の目標に対応可能な迎撃ミサイルを搭載しているため、人間の能力だけでは防ぐことのできない対艦ミサイルの同時多数攻撃にも的確に対処できるといいます。そしてこのイージス艦を実際に配備、運用している国は現在までのところアメリカとスペイン、そして日本だけであり、わが国では今後、弾道ミサイルに対処するための改良と、イージス艦の配備増強に力を入れていくこととなっています。

《戦争と平和》
 イージス艦の配備は、わが国が置かれている現状を鑑みれば必要であると思います。しかしそれは、どこまでいっても現状に対する“対処療法”に過ぎません。真に“平和の楯”となり得るのは、武器ではなく、人と人との対話、そして信頼関係しかありません。地道ではありますが、これ以外に真の平和構築はないと思います。
 そして忘れてはならないのが戦争と政治の関係です。19世紀のドイツの軍人クラウゼヴィッツは、著書のなかでこのように述べています。「要するに、戦争とは単に政治行動であるのみならず、まったく政治の道具であり、政治的諸関係の継続であり、他の手段を持ってする政治の実行である」と。
 人種や宗教、価値観の違いや無理解から作り出されていく憎悪と対立。それを煽りたてる指導者たち。戦争が政治によって作り出されているならば、その根源にある悪しきものを断ち切らなければなりません。
 “政治を監視せよ!”との先哲の魂の叫びに想いを馳せたとき、このイージス艦が私たちの“最後の楯”となる前に、政治家として徹底的に戦い続けなければならないと、強く決意しました。

投稿者 いとう渉 政策・主張, 政策・主張

イージス艦を視察

こんにちは。9/1(金)、今日はあいにくの雨でしたが、横須賀にある海上自衛隊横須賀総監部を訪問し、海上自衛隊が保有するイージス艦「きりしま」を視察しました。

《神の盾・イージス》
 イージス艦といえば、北朝鮮のテポドン2号の追尾に成功したり、あるいは昨年公開された映画「亡国のイージス」などで名前こそ知っていましたが、間近に見るのは初めてです。
 そもそもイージス(Aegis)とは、ギリシャ神話に登場する最高神ゼウスが娘アテナに与えた、あらゆる邪悪を払う楯(アイギス:Aigis)に由来するそうです。のちにアメリカ海軍が開発した、大型の防空レーダーと強力な防空ミサイルを備えた艦隊戦闘システムのことをイージス・システムと呼ぶようになり、これらが搭載された艦艇のことを一般的にイージス艦と呼んでいます。
 このイージス・システムは、強力なレーダーによって500キロの範囲で目標をキャッチし、多数の目標に対応可能な迎撃ミサイルを搭載しているため、人間の能力だけでは防ぐことのできない対艦ミサイルの同時多数攻撃にも的確に対処できるといいます。そしてこのイージス艦を実際に配備、運用している国は現在までのところアメリカとスペイン、そして日本だけであり、わが国では今後、弾道ミサイルに対処するための改良と、イージス艦の配備増強に力を入れていくこととなっています。

《戦争と平和》
 イージス艦の配備は、わが国が置かれている現状を鑑みれば必要であると思います。しかしそれは、どこまでいっても現状に対する“対処療法”に過ぎません。真に“平和の楯”となり得るのは、武器ではなく、人と人との対話、そして信頼関係しかありません。地道ではありますが、これ以外に真の平和構築はないと思います。
 そして忘れてはならないのが戦争と政治の関係です。19世紀のドイツの軍人クラウゼヴィッツは、著書のなかでこのように述べています。「要するに、戦争とは単に政治行動であるのみならず、まったく政治の道具であり、政治的諸関係の継続であり、他の手段を持ってする政治の実行である」と。
 人種や宗教、価値観の違いや無理解から作り出されていく憎悪と対立。それを煽りたてる指導者たち。戦争が政治によって作り出されているならば、その根源にある悪しきものを断ち切らなければなりません。
 “政治を監視せよ!”との先哲の魂の叫びに想いを馳せたとき、このイージス艦が私たちの“最後の楯”となる前に、政治家として徹底的に戦い続けなければならないと、強く決意しました。

投稿者 いとう渉 政策・主張, 政策・主張

2006年08月31日

地雷除去機の開発~カンボジア・シェムリアップ州~

 こんにちは。8/27~30日にかけて、カンボジアのシェムリアップ州で行われている対人地雷除去機の開発現場を視察してきました。

《悪魔の兵器~地雷~》
 カンボジアで地雷が埋設されたベトナム戦争当時の1967年以降、それに伴い勃発したカンボジアの内戦は、1991年に和平が達成されるまで20年間以上も続きました。その間使用された対人地雷により、カンボジアは世界でも有数の地雷埋設国となり、現在も400~600万個の地雷が一般国民を苦しめています。2004年にも約1000人もの方が足を失うなどの被害にあわれているのです。そのうち実に30%は子供が被害者になっています。
 「地雷があるところに入らなければいいんじゃないのか?」 素朴な疑問ですが、そう簡単にはいかないのです。対人地雷というのは直径10cmにも満たない小さく軽量なもので、雨期に沢山の雨が降ることによって流出します。それが農家の田んぼや畑に漂着し、農作業に出かけようとして被害にあったりするのです。地雷の敷設はとても簡単で、しかも安価な兵器ということもあり、ゲリラには好都合な代物なのです。簡単にばら撒くことができ、しかも長年にわたって国民を苦しめ続ける・・・ 地雷が悪魔の兵器と言われる所以です。
 地雷の除去作業はカンボジア地雷除去活動センター(CMAC)がここ10数年にわたって継続していますが、長大な時間がかかる作業となっています。今回の開発は、さらなる除去スピードのアップを図るための除去重機を製作することを目的としています。

《継続的な援助を》
 日本のODAにより、こうした途上国の様々な問題をより良き方向へと転換しています。人類が生み出した兵器だからこそ、それをこの世から取り除くのもまた人類の英知によるしかないのです。戦争被害の何たるかをその歴史に刻む日本だからこそ、こうした他国の苦しみに耳を傾け、共存の道を歩んでかなければならない−そう再認識した視察でした。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2006年08月25日

沖縄の米軍基地を視察

 こんにちは。8/25(金)、今朝の東京は雨のち曇り。雨のお陰でほんの少し涼しくなった気がします。
沖縄及び北方問題に関する特別委員会の委員派遣団の一員として、8/22・23の両日、米軍基地視察のため沖縄へ行ってきました。稲嶺県知事への表敬をはじめ、キャンプシュワブ(普天間飛行場代替施設建設予定地)等々7箇所の米軍基地の視察、キャンプシュワブ周辺の名護市長・金武町長・恩納村長・宜野座村長との懇談をとおして沖縄の抱える問題の複雑さを感じました。

《基地の中の沖縄・・・》
 在日米軍基地の約75%が存在する沖縄。その実態を自分の目で初めて確かめることが出来ました。街のいたるところに金網があり、その中は米軍基地。基地といっても、見た目は穏やかな感じですが、時折上空を通過する戦闘機やヘリコプターの爆音は相当なものです。基地の中は大変広く、ありとあらゆる施設が存在し、その中だけで一通りの生活ができるようになっており、沖縄では“リトル・アメリカ”と呼ばれていると聞きました。
 我が国は日米同盟に基づいて自国の防衛を米国に委ね、その代わりに米国に施設を提供しています。これによって軍隊を持つことなく、国の安全を担保しています(自衛隊の議論は先に譲ります)。しかし、この米軍基地が沖縄に集中しているため、騒音等の環境問題、一部米兵による治安の悪化等が懸案になっているのは皆様ご承知の通りです。また一方で、沖縄県民の約1万人の方々が基地で仕事をされているなど、基地による経済効果も無視できないものがあります。
 今般の米軍再編も“抑止力の維持と在日米軍の縮小”という一見相反する事柄を、何とか形にしたという意味では、評価できると考える一人です。しかし沖縄の目から見れば、頭越しで日米の協議が進んだ感が拭えないところがあるのも事実です。
 国・県・地元市町村、それぞれの考えが複雑に絡み合って、米軍再編、ひいては沖縄の米軍基地縮小は前途多難であることは間違いありません。しかし、どこまでもそこに住む方々の側に立った議論がなされなければならないと思います。

《戦争の無い世界へ》
 いずれにせよ、誰も望んでいないにもかかわらず、いまだに世界各地で戦争が行われ、“抑止力”という名のもとに軍備が進められています。不毛な戦争によって多くの犠牲者を出し、また原爆を投下された唯一の国である我が国には、この悪循環を断ち切る使命があると考えます。
 人類の英知を信じ、どこまでも高く、希望を掲げて進んで参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2006年08月22日

靖国参拝に思うこと

 こんにちは!本日は沖縄北方特別委員会の委員派遣団の一員として、只今沖縄に向かっています。今回の視察で沖縄の歴史と現状をしっかり学んでいきたいと思います。
 沖縄といえば第二次大戦で悲惨な地上戦を経験した島ですが、61回目の終戦記念日となった先週15日、小泉首相が靖国神社を参拝して大きな論争となりました。私も地元名古屋で終戦記念の街頭演説に立たせていただき、あらためて戦争と靖国の問題について考えさせていただきました。
 靖国神社の問題は私が言うまでもなく、A級戦犯の合祀問題をはじめ、公式参拝等の憲法問題や歴史認識、果ては外交問題に至るまで、あらゆる面で議論の対象となっています。
 私はこの場で靖国の問題を取り扱うことが良いのか悩みましたが、この問題に無関心であってもいけません。“今、自分にできることは何なのか”ということを考えたとき、“靖国とは何か”ということを自分なりに整理することは必要であると考え、つたないながらも現時点での自分の思いについて書かせていただきました。

《靖国・・・新しい思想・伝統の創造》
 “靖国は日本の文化です” 小泉総理は参拝後の記者会見でこう述べていました。しかし歴史をひも解いてみると、靖国神社の歴史は古いものではなく、またその精神は古来より受け継がれてきた日本の伝統とは異なったものであったようです。まず、靖国神社の概要を簡単に説明すると以下の通りになります。
○明治2年(1869)、戊辰戦争で戦死した官軍兵士を慰霊するため、「東京招魂社」として創建され、明治12年(1879)に靖国神社と改称された。
○靖国神社本殿に祀られている「祭神」は神話に登場する神などではなく、戦争で日本の為に命を捧げた「英霊」である。祭神総数は246万6000余柱。なお合祀される対象は日本国民及び死亡時に日本国民であった人に限られている。
 150年前に創建された靖国神社が、現代において問題となっているのはなぜなのでしょうか。その理由の一つに、靖国神社が持つ特異性があるようです。
 神社の「神」といえば、普通は自然を神格化したものであったり、天孫降臨神話によって成立したものであったり、歴史上の実在人物が次第に神格化されていったりと、「八百万の神々」の名が示すとおり多種多様に存在します。しかし御霊信仰を除くと、没後間もない人間そのものが神になるという伝統は、わが国にはありませんでした。
 それが明治時代になると変化します。明治新政権は自身の正当性を宣揚するために、政権樹立のために犠牲となった人々を天皇の忠臣として祀るという、新しい思想を形成します。そして「招魂社」を建設して「招魂祭」を行い、戦死者の「みたま」を栄光で包み、永久に神社にとどめて顕彰していきます。その後戦争があるごとに戦没者のための合祀祭を開催し、祀られる祭神の数が増えていきました。
 このとき初めて、日本の伝統にはなかった、「戦死者を神として祀る神社」、「祭神が増え続ける神社」という、後に「国家神道」と呼ばれる新しい思想が誕生するのです。
 その後、国策によって神道が宗教から「道徳」や「愛国心」に置き換えられていくにつれ、神社への参拝が当然となり、「靖国で会おう」という言葉が国民的常識となっていきます。これら日本人の思想の変遷に重大な役割を果たしたものが「国定教科書」であり、「教育」の力でした。

《教育の重要性》
 “現在の日本の平和と発展は、戦没者の犠牲のおかげです”。メディアのインタビューなどでよく聞かれるこの言葉の奥に、“日本という国家が、死ななくてもいい人たちを戦場に駆り出し、犠牲にしてしまった”との視点が希薄に感じるのは私だけでしょうか。
 国家が編集した教科書によって、“死んだら靖国神社に行けるのだ”と学び、先生に連れられて神社に参拝し、それを美徳とする道徳観をはぐくむなど、子供の頃から忠義と愛国精神を涵養する一連の教育効果は、戦争遂行に少なからぬ威力を発揮したのは確かです。
 靖国の問題を通して私が考えさせられたもの・・・それは、一つには「『正しい教育』によって国は発展し、『誤った教育』によって国が滅びる」ということと、もう一つは「人の心が国家権力によって操作される恐ろしさ」ということでした。
 このようなことを考えたとき、首相が“靖国神社に参拝し、不戦の誓いをあらたにする”と述べていましたが、本当に不戦の誓いをするのであれば、首相が靖国神社に参拝するのではなく、わが国のかつての為政者、あるいは国家機構が、靖国神社を戦争遂行のために少なからず利用したことを認めて、靖国神社とのかかわりを絶つべきではないかと思うのです。
 そして、多くの日本人が戦争の犠牲者であるのと同時に、わが国の犠牲者の何倍ものアジアの人々が、わが国が引き起こした戦争によって犠牲になったという事実をしっかり学び続けることが大切だと考えます。そのためにも、日本の近現代史の教育に真剣に取り組まなければならない時が来ていると考えます。

《おわりに》
 靖国の歴史を考えるとき、政治に翻弄されることなく、戦争で肉親を失くされた遺族の方々の静かな安寧の場となるのが一番良いと思うのは私だけでしょうか。引き続き思索を続けていきたいと思います。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2006年07月27日

海の職人~水先案内人~

 こんにちは。只今7/27(木)の正午。名古屋は連日30℃を超える猛暑です。相当暑いですが、スカッとして良い感じです。一方で九州地方を中心に水害の被害が広がっています。地域住民の皆様には心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

《水先案内人?》
 7/25(火)早朝より伊勢湾で“水先案内人”の方々のお仕事を視察してきました。今回の視察は、今年の通常国会において実施された海上物流基盤強化に関する海洋法等の改正の中で“水先案内人”を拡充するための法改正も含まれていたことを受け、伊藤が「飛行機ですら自動で飛ぶ時代に、湾内で船を先導するための人間を補充するのは時代に逆行するのではないか?」との質問をしたことに端を発したものです。
 今回は5万トンの貨物船に乗船させていただきました。湾内には大小様々な船舶が航行しており、また水深も一様ではありません。加えて全ての船が統一規格ではないので、最新鋭のレーダーを備えたものもあれば、肉眼に頼って動く小さな船もいます。よって、その湾内の事情を熟知した“水先案内人”の方々の技によって最終的には安全を担保しているのです。簡単に自動化などと考えた自分が浅はかであったことは、乗船をしてすぐに理解しました。特に全長300mにもおよぶ大型船舶を桟橋に寄せるときの技量はすばらしいものがあり、まさに“海の職人”と呼ぶに相応しいものでした。

《海の重要性》
 日本は島国であり、海を通じて他国と交流をしています。輸出入されている貨物の実に99%以上が船によって運ばれているということを皆さんご存知でしたでしょうか?海洋物流の活性化は日本の物流、ひいては産業の発展にとって非常に重要な要素なのです。
 その一端を担う“水先案内人”。もちろん今後も船の自動化は進化を続け、いつかこの仕事も機械にとって代わる日が来るかもしれません。しかし、どこまでいってもその機械を使うのは人間です。人間の技が低下し、機械がブラックボックスと化したとき“安全”が損なわれる気がするのは私だけでしょうか。どこまでも真ん中に人間がいる。そんな制度設計が何事においても重要であると考えます。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (1)

2006年07月20日

北朝鮮の弾道ミサイル

 こんにちは。本日は東京にて執務をしております。北朝鮮のミサイル問題について外務省より報告を受けたのであらためて皆様に御報告します。

《国連安保理決議》
 7/15(土)15時47分頃(ニューヨーク時間。日本時間7月16日(日)4時47分頃)、国連安保理は北朝鮮による弾道ミサイル発射を非難し、北朝鮮に対し、●弾道ミサイル関連活動の停止●ミサイル発射モラトリアムの再確認●六者会合への即時復帰●昨年9月の六者会合共同声明の早期実施に向けた作業等を求めること等を内容とする決議1695を全会一致で採択しました。

《背景にあるもの・・・》
 何故ミサイルを発射してしまったのか?その背景には北朝鮮の「貧困」があると考えられています。あろうことか北朝鮮指導部は麻薬の密売や偽札の資金洗浄で資金確保をしていたとも言われ、それがアメリカの経済制裁によって行き詰まり、最終的にミサイル発射という暴挙に出ることでアメリカとの交渉の突破口を開こうとしたと考えられます。全く恐ろしい指導部と言わざるを得ません。
 一方で、その国に住む国民には我々と同じく家族があり、誤った国策により貧困に苦しむ犠牲者であるという認識もあわせ持つ必要があると思います。よって、どこまでも対話による解決が主体となるべきで、万が一、武力に訴える行動に出るならば、次はその国が国際社会から非難されるべきものと考えます。国と国の争いでいつも犠牲になるのはそこに住む名も無い民衆であることを決して忘れてはなりません。

《地球という視点》
 政治において国益を考えることは当然です。しかしその国益を論ずる時、一国という狭い視点で物事を推し量れば道を誤ると考えます。既に世界各国は切っても切れない関係であり、地球という一つの星の中でいかに共存するのかという一点で知恵を出していかなければならないのではないでしょうか。そのために出来るところから一歩前進を開始して参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2006年07月07日

『初の訪中を終えて』

 こんにちは。ご報告が遅くなりすみません!

 7月1日(土)から7月5日(水)にかけて、日中議会交流委員会の一員として初めて中国の大連及び北京を訪問しました。この交流プログラムは、河野洋平衆議院議長と中国・全国人民代表大会(以下、全人代)の呉邦国常務委員会委員長との間で提案され、昨年からスタートしたものです。今回の訪中団は自民党の佐田玄一郎衆議院議員を団長として各党から総勢9名で構成され、公明党からは私が代表として参加させていただきました。

《臨海都市・大連》
 初日から2日間は大連を訪問。大連市人民代表大会常務委員会の李永金主任(日本では市議会議長に相当、以前は大連市長を歴任)らと意見交換の機会を得ました。李主任が市長であった時、日本の47都道府県のうち39箇所を直接訪問し、企業誘致に尽力するなど精力的なトップセールスの結果と、年々取扱量を増やし続ける大連港に隣接するという地理的条件の良さから、大連には3,000社を超える日本企業が進出するようになり、2005年の大連市単独のGDPは前年より14.2%も増加するなど、その発展ぶりは目を見張るものがあります。街並みからもその発展ぶりは十分認識でき、至る所で再開発が行われ、若干荒削りなものの市街地は非常に洗練された空間となっていました。それにしても、市が単独でGDPの推移に着目していることからも分かるように、日本と比較すると地方の力が非常に強く、各省・各市の競争によって国全体の経済力の向上が図られているという印象をもちました。

《首都・北京にて》
 2日目の夜から北京に移動し、3日目から最終日にかけて全人代の呉邦国委員長や路甬祥副委員長をはじめ、唐家セン国務委員、劉延東政治協商会議全国委員会副主席らと会議を行い、現在の日中関係について、当初の予定を2時間近くオーバーするほどの活発な意見交換を行いました。中国の方々からは“和すれば双方に利益をもたらし、争えば双方の利益を損なう”との胡錦濤国家主席の一貫した考えに基づき、日中友好への情熱こもる発言が相次ぎました。日本側からも佐田団長をはじめ各議員から、現状を憂い、日中国交正常化当時の原点を再確認し、未来志向で日中友好にかける心情が語られました。私からは、公明党は神崎代表以下一致団結して、現在の日中間の軋みの原因となっている総理の靖国参拝に明確に反対し続けていること、そして引き続きあらゆる交流を通して日中友好の“金の橋”をより一層強固なものとすべく努力し続ける旨をお伝えしました。

《おわりに》
 中国を訪れて肌で感じた感覚は、とても初めて来た国とは思えない、温かなものでした。道を行く人々、街並み、田園の風景等々、どれ一つとっても同じ文化圏であることを再認識し、日本がこの国から受けてきた恩恵の数々、そして恩を仇で返すような行為に臨んでしまった過去の歴史を思うとき、アジアの一員として我が国がとるべき行動は自ずから決定づけられていく、そう思えてなりません。“一番そばにいる人を愛せない人に、どうしてより多くの人々を幸福にすることができようか”。先哲の箴言に耳を傾けつつ、一人の政治家として更なる努力と忍耐で、本当に皆様のお役に立てる実力をつけなければ・・・ あらためて決意いたしました。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2006年06月29日

『リニア試乗~山梨リニア実験線~』

 こんにちは。現在6/29(木)18:00 東京事務所にて仕事中です。今日は北側国土交通大臣とともに山梨リニア実験線を視察し、超伝導リニアモーターカーに試乗してきました。

《久しぶりの実験線》
 私はもともとJR東海の社員でしたので、実験線の建設中や完成後のリニア試乗会など何度か山梨を訪れたことがあります。今日は、松本正之社長ほか お世話になった上司の皆様や同僚、後輩の方々の元気な姿に接することができ、仕事のフィールドは変わりましたが、改めて「がんばろう!」 そんな気持ちがふつふつと湧いてくるのを感じました。

《リニア中央新幹線》
 リニアモータ−カーの研究は、東海道新幹線が開通する1964年の2年前からスタートしています。1997年に宮崎実験線から山梨リニア実験センターに場所を移し研究・実験が繰り返され、2003年には有人走行による世界記録、時速581kmを達成したと伺いました。既に40年以上も継続して研究が進められてきたことは、あまり知られていないのではないでしょうか。

《試乗の感想》
 11:20より試乗がスタート。実験線を1往復半。最高時速は500kmに達しました。1秒に7km/hずつ加速する際の“G”は、シートに体が若干押し付けられる程度で、あっという間に時速500kmに達しました。途中、時速180km前後で車体が浮き上がったことが、周りの音と振動の変化で分かります。浮き上がった後も振動は感じますが、2000年に「実用化のメドが立った」と言われるのも十分肯ける完成度の高さだと思いました。

《夢をカタチに》
 人が生きていくうえで大切なもののひとつに“夢を持つ”ことが挙げられると思います。国家的なプロジェクトであるリニア中央新幹線は、我国の現在の厳しい財政事情では遠い先の話だろうと思われます。しかし、資源の乏しい我国が戦後60年でここまでの成長を遂げることができたのは、高い“技術力”によるところが大であったわけです。いかなる状況下にあっても、未来へ向かって夢をカタチにする努力を続けることは極めて重要であり、その一つがこのリニアではないのか・・・ そんな思いに駆られた一日でした。

 政界では少数派のいわゆる“技術屋”の端くれとして、この国の未来を創ることに情熱をかたむけて参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2006年04月25日

『中小企業の動向』

 こんにちは(^^) もうすぐゴールデン・ウィークですね。交通事故等にはくれぐれもお気をつけいただき、楽しい思い出をたくさんつくって下さい。

 さて、中小企業に関する動向について少しご報告させていただきます。
 みなさんも体感されている(?)とおり、国全体の景気は回復しつつあると言われていますが、やはり中小企業においては大企業と比較して遅れが見られます。また、建設業・小売業などの非製造業が伸び悩むという傾向です。
 また中小企業数は年間約12万社ずつ減少しており、現在は約430万社。近年の廃業率上昇の最も大きな要因は、事業主が高齢化で引退時期を迎えていることが挙げられます。

 今後、中小企業にとって重要と考えられる事柄を列挙します。
 ・市場競争力を保つため、大企業との連携を深めつつ新たな技術開発への取組み
 ・後継者の育成、技術力の承継
 ・「風とおしの良い職場づくり」「若年者の育成」
  ※必ずしも給料が良いことと職場への定着率は関係しないとの分析あり
 ・女性社員の確保、仕事と子育ての両立

 国策として、仕事と子育ての両立支援策など、公明党としても積極的に取り組んでいます。いずれにしても、実際にこの国を支えているのは中小企業です。大企業といっても、中小企業の連携の集大成として成り立っているところも多分にある訳です。ブログをご覧頂いている方には是非具体的な政策提案をいただけるとありがたいと思います。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張コメント (3)

2006年04月21日

『がん対策推進法』

 こんにちは(^^) 公明党は今国会で「がん対策推進法」(案)の制定に取り組んでいます。その中で、放射線治療、緩和ケアを特に強化すべきと主張しています。その背景等について簡単にお話します。

Q.なぜ放射線治療を強化する必要があるのか?
A.生活の欧米化で、がんの欧米化が進み、治療も手術中心から放射線治療へ!
 40年ほど前までは、がんといえば胃がんが主流でした。このため、「がん⇒胃がん⇒手術」という手術偏重の時代が続いてきました。しかし、日本人の生活の欧米化で、がんも、胃がん、子宮がんから⇒肺がん、乳がん、前立腺がんなどへと「がんの欧米化」が進んでいます。この欧米型のがん治療には放射線が有効なのです。
 ところが手術をするための外科医は余るほどいるのですが、放射線治療医はたった500人しかいないのです。将来、日本人の4人に1人が放射線治療を受けると予想されるのに500人では到底まかなえないのです。
 
Q.放射線治療は、がん患者の痛みを取り除く「緩和ケア」にも重要な役割を果たしていると言われるが?
A.放射線治療は、完治治療だけでなく、非完治患者の症状緩和にも重要な役割!
 がんの特徴として、完治が得られず、がんによる死が定まっている場合でも、数ヶ月から数年の時間が残されるという点があります。この時間をどう過ごしていただくかが緩和ケアの大きな課題なのです。
 一方、有効性が確立されているがん治療には、外科手術、抗がん剤治療、放射線治療がありますが、放射線治療は患者の負担がないため、末期がん患者にも行うことが出来る治療なのです。

 私も4年前に腎臓のがんで母を亡くしました。病院にかかったときは既に末期で、手の施しようがないという状態でした。約1年の闘病生活の中で、家族の想いは「せめて痛みに見舞われず、静かに最後のときを迎えて欲しい」「家族全員に見守られる中で息を引き取って欲しい・・・」といったものでした。本当に毎日、祈るような想いでそう願い続け、本当に願いどおりの最後を迎えることが出来ました。
 母をがんで亡くした体験からしても、今回のがん対策推進法は何としても実現しなくてはならないと決意しています。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張コメント (2)

2006年04月11日

住生活基本法案

 こんばんは(^^;) 最近、ブログが滞り気味ですみません・・・。
 その分、国土交通、法務、沖縄・北方の各委員会で積極的に質問をさせていただいてますので、詳しくは活動報告に準備出来次第ご報告してまいります。
 さて、今日は初めて本会議にて公明党を代表して質問をさせていただきました。現在、国土交通委員会では『住生活基本法案』について審議が進められています。
 わが国の住宅基本法制定の動きは、今から90年近くも昔、東京市長に就任直前の後藤新平氏によって起こされました。当時の官僚、学界、建築界の有力者で構成された後藤氏が主宰する「都市研究会」は、次のように提案しています。
 「住宅が沢山出来ますれば、住宅の不足に対する方策はそれでほぼ目的を達せられる」、しかし「住宅の改良、つまり住宅問題といふものが残って居て、今まで申しただけでは足りない」と指摘し、「国家又は公共団体が組織的住宅政策を執って、而して之に必要なる法制を整へて実行しなければならぬ」として、個人の力を超える住宅問題の解決のために「住居法案」の制定を呼びかけています。
 後藤氏らの住居法提案と時を同じくして、地方からも制定を求める声は上がっています。当時の大阪市長・関一(せきはじめ)氏は、わが国では「住宅問題よりもまづ都市計画が世論の焦点になっている」と批判したうえで、より具体的に法案に規定すべき内容として、住居地区の改善、住宅調査、住宅供給などを列挙し、政府に制定を迫っています。
 関市長が最も熱心に強調したのは、当時の先進国・英国をモデルに「文明国として必要なる最低の標準」としての居住水準を定めること、そして耐震偽装もなかった時代に住宅監督制度を整備することでありました。
 今日からみると、関市長の積極的な提言は、驚くべき先見性をもっていたという以上に、国に居住水準の確保を求める一方で、危険な住宅に対する住宅監督の必要性を、“地方自らの発想”でその解決に苦慮していたことは象徴的でもあります。
 このような後藤新平・関一両氏の住居法の構想はその後どうなったのか。関東大震災や道路・鉄道整備など都市計画の優先によって昭和10年代まで放置され、財団法人・同潤会(どうじゅんかい)によって法案要綱の骨子まで作成されましたが、結局、第二次大戦突入によってそれも阻まれました。
 戦後、法案化は建設省でも触る程度にしか検討されず、昭和44年にわが国で初めて住宅基本法案を議員立法として提出したのは公明党でありました。その後も公明党は平成3年までに計8回、国会に提出しましたが、いずれも審議未了に終わっております。今国会においてこそ、建設的かつ有意義な議論が行われることを心より期待して、真剣な質疑を行っていきます。

投稿者 いとう渉 政策・主張, 政策・主張

住生活基本法案

 こんばんは(^^;) 最近、ブログが滞り気味ですみません・・・。
 その分、国土交通、法務、沖縄・北方の各委員会で積極的に質問をさせていただいてますので、詳しくは活動報告に準備出来次第ご報告してまいります。
 さて、今日は初めて本会議にて公明党を代表して質問をさせていただきました。現在、国土交通委員会では『住生活基本法案』について審議が進められています。
 わが国の住宅基本法制定の動きは、今から90年近くも昔、東京市長に就任直前の後藤新平氏によって起こされました。当時の官僚、学界、建築界の有力者で構成された後藤氏が主宰する「都市研究会」は、次のように提案しています。
 「住宅が沢山出来ますれば、住宅の不足に対する方策はそれでほぼ目的を達せられる」、しかし「住宅の改良、つまり住宅問題といふものが残って居て、今まで申しただけでは足りない」と指摘し、「国家又は公共団体が組織的住宅政策を執って、而して之に必要なる法制を整へて実行しなければならぬ」として、個人の力を超える住宅問題の解決のために「住居法案」の制定を呼びかけています。
 後藤氏らの住居法提案と時を同じくして、地方からも制定を求める声は上がっています。当時の大阪市長・関一(せきはじめ)氏は、わが国では「住宅問題よりもまづ都市計画が世論の焦点になっている」と批判したうえで、より具体的に法案に規定すべき内容として、住居地区の改善、住宅調査、住宅供給などを列挙し、政府に制定を迫っています。
 関市長が最も熱心に強調したのは、当時の先進国・英国をモデルに「文明国として必要なる最低の標準」としての居住水準を定めること、そして耐震偽装もなかった時代に住宅監督制度を整備することでありました。
 今日からみると、関市長の積極的な提言は、驚くべき先見性をもっていたという以上に、国に居住水準の確保を求める一方で、危険な住宅に対する住宅監督の必要性を、“地方自らの発想”でその解決に苦慮していたことは象徴的でもあります。
 このような後藤新平・関一両氏の住居法の構想はその後どうなったのか。関東大震災や道路・鉄道整備など都市計画の優先によって昭和10年代まで放置され、財団法人・同潤会(どうじゅんかい)によって法案要綱の骨子まで作成されましたが、結局、第二次大戦突入によってそれも阻まれました。
 戦後、法案化は建設省でも触る程度にしか検討されず、昭和44年にわが国で初めて住宅基本法案を議員立法として提出したのは公明党でありました。その後も公明党は平成3年までに計8回、国会に提出しましたが、いずれも審議未了に終わっております。今国会においてこそ、建設的かつ有意義な議論が行われることを心より期待して、真剣な質疑を行っていきます。

投稿者 いとう渉 政策・主張, 政策・主張

2006年02月28日

国会議員とは・・・

 広辞苑によると「国民により選挙され、国会を構成する議員。衆議院議員・参議院議員の総称」とありました。議会制民主主義において皆様の代表として国会の場で活動させていただいているのが我々なのです。あくまでも議員と言う立場を皆様から“お預かりしている”というのが私の感覚です。
 行財政改革等々、国の改革期に何よりも大切なのは国民の皆様との『信頼関係』だと思います。そのような時に、国会では信憑性が不確かな“メール”に基づく与野党の論戦?が繰り広げられてきたわけです。そのこと自体に政治に対する不信感を抱かれた方も少なくないのではないでしょうか? もっと大事なことがたくさんあると・・・。
それも今日で決着かと思いきや、民主:永田議員の記者会見では、「十分な調査をすることなく、私人である武部勤幹事長の二男の名前をあげて追及したことは大変、申し訳なく思っている」とのコメントの一方で、いまだ例のメールが本物であるかのごとき発言がなされました。
メールが本物であれば謝罪の必要はないし、謝罪すると言うことはメールが偽物であるということではないのでしょうか?
こうなると、責任の所在を明らかにするために、さらなる真相の究明が必要になるのは当然の事ではないでしょうか。
「闇が深ければ深いほど、暁は近い」とも言われます。様々な問題を乗り越え、政治そして政治家に対する信頼を回復し、新たなこの国のカタチを創るため、公明党の一員として尽力してまいります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2006年02月21日

刈谷市「朝日総合スポーツクラブ」視察

 こんばんは(^^) ご無沙汰しております。
 2/19(日)午前中に刈谷市の「朝日総合スポーツクラブ(朝スポ)」を視察させていただきました。我党がマニフェストに掲げ、文部科学省の推進する「総合型地域スポーツクラブ」の実際の運用を観させていただく中で、これをどう全国に普及させていくのか?そのヒントを見出そうと思いながら、『樫谷 勝・野中ひろみ・白土美恵子』刈谷市議の皆さんと共に、市職員や朝スポ事務局の方々の説明を聞かせていただきました。
 現在、朝スポでは約600名の地域の方々が様々なスポーツを楽しんでおられます。加えて、健康増進も考慮に入れ「血液さらさら度チェック」と称して月2回のペースで簡単な健康チェックおこなっているそうです。この朝スポが地域に根ざしつつある理由として、第一にはスタッフの皆様の情熱、第二にはクラブ立ち上げの際に、関係者に徹してこのクラブの趣旨を理解させることに主眼を置いたこと、第三には講師を含めて徹しての地域発にこだわったこと等が挙げられるのではないか、と感じました。こうした地域に根ざしたスポーツをとおしてのコミュニケーションの回復は、世代を超えて広がり、地域の防犯力の強化にも繋がってくると考えます。また社会保障費の増大は国家レベルでの問題であり、医療費削減のための最善の策でありながらなかなか実現には時間と工夫が必要である「病気の予防」にも良い影響を与えてゆくものだと考えます。これこそ我々が目指すべき方向性です。
 こうした地域の発想による身近な一つ一つの「改革」こそ、本当の意味での「官から民へ」、「国から地方へ」の流れを創るものではないか、そんな思いのする一日でした。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2006年02月11日

地球温暖化

 こんばんは(^^) 国会(予算委員会)では、連日、所謂「4点セット」耐震偽装・BSE・ライブドア・防衛施設庁談合問題を中心に質疑が行われています。あらゆる側面にわたって「改革」をなすためには、ドシドシ論戦すべしと思う一人です。
 そんな中で今、自分の中では「地球温暖化」という言葉がひとつの大きなキーワードとなりつつあります。時代は経済性を重視した「競争」が世界規模で激化しています。化石燃料の獲得競争が戦争の火種になることもあります。しかし、これだけ時間距離が短くなった時代では「ひとつの国」だけの平和などありえず、全世界的に平和希求の方向へ大きく舵を取らなければならない時代なんだと思います。
 まさに世界規模で進む地球温暖化。京都議定書がやっと発効にこぎつけ、2012年に向け世界規模で温暖化ガス削減努力が始まります。この「善の競争」にこそ京都議定書の議長国である日本は先駆をきるべきだと考えます。「経済性を指標とした競争から、善の競争へ」、この大きな潮目に、かつて「エコノミック・アニマル」などと揶揄された我が国こそ、あらたな方向性を世界に発信すべきチャンスなのではないでしょうか。我が国は人材とその技術力の高さによって、資源をほとんど輸入に頼りながらもこれだけの経済大国たりえました。次世代はその力をこの「地球」のために発揮すべき時を迎えている・・・そんな気がしてなりません。その取り組みが未来の子供たち、つまりはこの国の未来に新たな光を与えるのではないか、そう考え始めています。研鑽を深め、この想いを形にしていきたいと決意しています。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2006年02月03日

何のため、誰のための政治なのか・・・

 平成17年度補正予算の審議が大詰めをむかえた1月30日、米国産牛肉の問題で国会審議がストップする事態が起こりました。
 政府が確約したはずの米国産牛肉の輸入再開前に行う現地調査が、実際は輸入再開後に調査していたことが明らかになり、さらに中川昭一農水大臣の答弁が二転三転したことも重なって審議が断続的に中断。結局夜の11時半過ぎまで予算委員会が行われました。
 私は新人議員として、この混乱した審議を最後まで固唾を呑んで見守っていましたが、その成り行きを見るにつけ、首をかしげることが何度かありました。答弁書と異なる事態がなぜおこったのか、またその事実を国会へ報告しなかったのはなぜか、このことに対する中川大臣の認識がずさんな上に、大臣が答弁するたびに違う内容が飛び出して国会がさらに混乱。結局3時間以上も審議を中断した挙句、政府統一見解を出して収集を図るという、お粗末としか言いようのない対応に正直唖然としてしまいました。
 どんな理由であれ、政府が国会へ報告しなかったことは問題で、これでは内閣が国会を軽く見ているといわれても仕方がありません。巨大与党に支えられた政府に、おごりや気の緩みがなかったのかどうか、この際真摯に反省していただきたいと思うのです。
 ただ、この問題にかこつけて審議拒否に踏み切った民主党もみっともないものでした。「審議拒否だ!大臣辞任だ!」と、騒ぎ立てているその姿に、「一体何のための国会なのだろう?」と思わずにいられませんでした。結局騒いだだけで終わってしまった民主党。「政権担当能力なんてあるんだろうか?」「大切なのは、今後どのように安全を担保するのかという建設的な議論ではないのか?」と、本当に情けなくなってきました。
 すべては「何のため」「誰のため」なのかという一点を、政治家一人ひとりがどのようにとらえているのか、ということに尽きると思います。真に「民衆の幸福のため」「安心、安全のために」との不動の哲学を根本に、謙虚に襟を正して負託にこたえていかなければ、国民の信頼を得ることなど到底できないと感じました。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2005年11月09日

一流の政治家を目指します!!

 一週間て本当にあっという間ですね(^^;) ふと気づくとブログの書き込みも11/3以来していないとは・・・。
 特別国会が終わってちょっと油断したら、どっと疲れがでてしまい2・3日新聞も読みたくないような気分でした。4月にJR東海を退社して7ヶ月。これほどの短期間にこれほどの環境の変化を味わったのもたぶん我が人生の中で初めてでしょうね。自分の内面は何も変わっていないのに、立場だけが変わり、それに合わせて周りの接し方も変化してゆく。結構これが精神的にくるんですよね。。
 まっ 全ては自分で選んだ道。前進あるのみな訳ですが、、。いよいよ年末は来年度予算折衝&税制改正。ひとつひとつ努力を積み上げ、一流の政治家を目指します!!

投稿者 いとう渉 政策・主張

2005年10月30日

車中より

 NHK「日曜討論」終え、13:00から北区で開催されたタウンミーティングへ参加。夜は千種区のタウンミーティングに出席させていただきます。準備等で携わられる皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。いつも本当にありがとうございます。
 さて、日曜討論は官僚出身者2人、地方の首長出身者2人+いとう という形でした。いとうの話は、行政等に対する知識不足は否めず、基本的な方向性というか考え方のみを提示する形での回答が多かったように思います。「ちと不甲斐ない・・・」と思われた方もいらっしゃるでしょう。知識不足は今後の努力で断じて埋めていきます。
 しかし35年培った『ペンキ屋の息子』の庶民感覚、民間の感性はいとうの最大の武器です。これは「机上の勉強」で身につくものではありません。この武器を最大に生かし、知識不足を努力で埋めながら、みなさんの期待に応えられる議員になってまいります。
 今後とも、どうぞよろしくお願いします!!

投稿者 いとう渉 政策・主張

2005年09月29日

こんばんは

今日は本会議で総理の所信表明に対する各党党首の代表質疑でした。
率直な感想としては、今回の選挙に対する各党の総括、はっきり言えば自公連立に対する相変わらずの批判に始まり、国民の不安を煽るような言葉を用いての質問というよりもバッシングという感じでした。
国会議員たるもの、もっと正々堂々とした具体的な政策論争、これに徹するべきではないかと憤りにも似た気持ちを抱きました。

投稿者 いとう渉 政策・主張

 
Powered by Movable Type 3.2-ja-2 | RSS2.0 | ATOM