« 2016年06月 | メイン | 2016年08月 »

2016年07月29日

熊本地震の被災地へ

20160729.jpg
おはようございます「いとう渉」です。7/27(水)より熊本地震の被災地に財務金融委員会として視察に来ています。震災によりお亡くなりになられた皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げると共に、被災された全ての皆様に衷心よりお見舞い申し上げます。

7/24(日)までに震度1以上の地震は1,920回を数え、今もなお約4,000人もの皆様が避難所生活を余儀なくされております。インフラなどの社会資本の毀損額は約2.4~4.6兆円にもおよび、国を挙げての復興が急務です。

観光の目玉である熊本城も、櫓や塀の損壊、石垣の崩落など甚大な被害を受けており、地域経済の立て直しのためにも、復興のシンボルとしても、この熊本城の再建が急がれます。再建中の姿そのものを観光資源として活用するなど、今後、様々な知恵を発揮する必要がありそうです。

地震災害をはじめ自然災害の多い日本だからこそ、日頃の備えを万全にし、国全体で力を合わせて、熊本地震からの復興にも全力で取り組んで参ります。



投稿者 いとう渉 

2016年07月22日

スーパーカミオカンデ視察〜宇宙の謎を解く〜

スーパーカミオカンデ視察〜宇宙の謎を解く〜
こんにちは「いとう渉」です。本日は、岐阜県飛騨市神岡町にある東京大学宇宙線研究所に伺い、広大な宇宙から降り注ぐニュートリノ観測装置「スーパーカミオカンデ」を視察してきました。何となく名前を聞いたことありますよね^_^

この研究所の所長は、2015年にニュートリノの研究でノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章先生(写真の右の方です)。宇宙と自然の謎を解くために1996年に動き出したこの「スーパーカミオカンデ」は世界最大のニュートリノ観測装置であり、その特性を明らかにしてきました。

現在の宇宙研究では、少なくとも観える範囲に100億個の銀河があり、その一つの銀河に1以上の地球のような星があるとしても全く不思議ではないそうです。

ちなみに、ニュートリノ観測につながった出来事は、16万光年離れた大マゼラン星雲での超新星爆発の影響が、16万年後の地球に届いたときに証明されたとのこと。何だかとても壮大なお話だと思いませんか。この史上初のニュートリノの観測に成功したことで、2002年にノーベル物理学賞を受賞なされたのが小柴昌俊先生です。

こうした基礎研究への取り組みは、将来的に様々な形で社会生活に恩恵を与える可能性があり、その充実に日夜取り組んでいるところです。種を植え、水をやり、時間をかけて次世代の大樹を育てていく。こうした取り組みも、政治に課せられた大切な使命だと考えています。



投稿者 いとう渉 

2016年07月11日

悲願成就!~「里見りゅうじ」さん大勝利!~

悲願成就!~「里見りゅうじ」さん大勝利!~
おはようございます「いとう渉」です。参議院選挙・愛知選挙区候補「里見りゅうじ」さん、党員・支持者の皆様、御推薦を頂いた自民党の諸先生方や後援者の皆様、各種団体・企業をはじめとする多くの同志の皆様の大応援を頂き、見事大勝利させて頂きました!!本当に本当に本当にありがとうございました!!選挙事務所にも本当に沢山の皆様がお祝いに駆けつけてくれ、感謝の思いでいっぱいです。

いよいよ新たな1日が始まります。心機一転、新たな挑戦に向けて、日々の努力を丁寧に始めて参ります!「里見りゅうじ」さんと共に、皆様のお役に立てるよう頑張って参ります!大大大応援!本当に本当にありがとうございました^o^/



投稿者 いとう渉 

2016年07月09日

参議院選挙・愛知選挙区候補「里見りゅうじ」さんと共に

20160709.jpg
おはようございます❗️雨の最終日になりました❗️皆様、どうか無事故で❗️参議院選挙・愛知選挙区候補「里見りゅうじ」さんと共に、最後の最後まで、頑張ります❗️❗️


投稿者 いとう渉 

2016年07月08日

参議院選挙・愛知選挙区「里見りゅうじ」さんのナマの素顔

おはようございます❗️参議院選挙・愛知選挙区「里見りゅうじ」さんのナマの素顔。是非、ご覧下さい❗️選挙戦あと2日❗️ここからが勝負❗️全力で頑張ります❗️❗️



投稿者 いとう渉 

2016年07月07日

「里見りゅうじ」さんの思い

「里見りゅうじ」さんの思い〜里見の政策ー里見ッション〜巨大地震・災害に備え、防災・減災対策に全力
おはようございます❗️選挙戦も後3日❗️いよいよの決意で、参議院選挙・愛知選挙区候補「里見りゅうじ」さんの支持拡大に死力を尽くします👊どうか、最後の最後まで、「里見りゅうじ」を押し上げて下さい❗️❗️❗️❗️❗️

「里見りゅうじ」さんは、民主党政権時に政府の一員として東日本大震災に遭遇。政治家が官僚を信用せず、大臣等に十分な情報を提供できずに震災対応が遅くなったのではないかと語ることがあります。「にぶい・遅い・心がない」ー民主党政権の震災対応をこう表現するのは、現に1,000日余にわたり福島に移り住み、復興に邁進した公明党・浜田まさよし前副大臣(参議院選挙・比例区候補)。

里見の政策ー里見ッション❗️〜巨大地震・災害に備え、防災・減災対策に全力❗️〜 何ものにも代えがたい「生命(いのち)」の大切さを知る「里見りゅうじ」の思いの詰まった政策なのです🍀



投稿者 いとう渉 

2016年07月06日

私の知る『里見りゅうじ』さんの素顔

私の知る『里見りゅうじ』さんの素顔
おはようございます❗️今日も参議院選挙・愛知選挙区候補「里見りゅうじ」さんの支持拡大に全力で取り組みます👊

さて「里見りゅうじ」さんは、労働行政つまり「働く環境を良くする」ためのプロであるとともに、厚生行政つまり医療・介護・子育て支援・年金にも詳しい🍀

実は8年前、2歳になるご子息を脳腫瘍でなくされています。その言葉では言い表せない深い悲しみをとおして、「医療」の重要性とともに、看病や介護にあたっての「社会的サポート」の重要性を認識し、地域包括ケアシステムの推進などに繋げてきたのです💪

里見の政策ーサトミッション❗️〜「健康長寿立県あいち」へ、次世代産業を振興❗️〜 その実現は亡くしたご子息への誓いでもあるのです❗️❗️


投稿者 いとう渉 

 
Powered by Movable Type 3.2-ja-2 | RSS2.0 | ATOM