« 2015年09月 | メイン | 2015年11月 »

2015年10月30日

東京へ通勤の日々

里見りゅうじ県本部副幹事長の専門分野である労働行政の中で、最も重要なファクターである雇用状況の把握のため、愛知県下のハローワークの訪問。
こんにちは。毎日、東京ー名古屋間の往復が続いています。どうも私の人生は新幹線との縁が深いようです…。

さて今週は、里見りゅうじ県本部副幹事長の専門分野である労働行政の中で、最も重要なファクターである雇用状況の把握のため、愛知県下のハローワークの訪問からスタートしました。全国の有効求人倍率が1.23倍であるのに対し、東海地域のそれは1.42倍と0.19ポイント高くなっています。先週、日銀からも景況感を伺いましたが、総じて東海地域の景気状況は好調で、正社員の有効求人倍率も1.04と1.0を超えており、職を探している人よりも企業等の求人の数が上回っています。是非とも、地方版政労使会議の実施など賃金の上昇につながるよう政策的な支援を強化していきたいと思います。

東京では、毎日、様々な団体からヒアリングを続けています。先に示した求人等の数字に表れてこない、特に中小・小規模企業の現状など、現場の声に耳を傾け、限られた資源を何処にどれだけ投入するか、来年度の予算・税制の議論に反映していきます。

ニュースでは、軽減税率導入に向けた自公協議の模様が取り上げられています。消費税率10%と同時導入することを前提に、必要な財源や軽減税率の対象等についての活発な議論を行っています。いずれも未だ議論の渦中であり、確定的なご報告はできませんが、国民的な理解が得られるものにすべく、全力で取り組んで参ります。

マンションの基礎工事に関わる問題も看過できません。これまでも改善に向け取り組んできた多重下請け構造という建設業界の課題も影響しているのではないかとの声もあります。土木工学を修めた一人として専門分野でもありますので、この点もしっかり取り組んでいきます。

国会閉会中ではありますが、なすべき仕事は山積みです。しっかり働いて参ります!


投稿者 いとう渉 

2015年10月20日

携帯料金引き下げ議論開始

携帯料金引き下げ議論開始
おはようございます。いつもの朝街頭を終え、今日は東京に向かっております。現在、国会および愛知県では年末の予算編成・税制改正に向け各種団体などからヒアリングを行っております。

昨日は、里見りゅうじ県本部副幹事長も、厚生労働省での経験を生かすべくヒアリングに同席。できる限り生の声を聞き、政策に反映していくことが目的です。

そんな中、携帯料金の引き下げの議論が政府内で始まっています。

携帯電話といえば、サービス向上の一つの大きなキッカケとなった「番号ポータビリティ制度」、ドコモやソフトバンク、auなど通信キャリアを変えても番号が変わらない制度、この導入の実現に尽力したのが公明党なんです。

H26年度の総務省調査によると、先進国対比の料金は世界7都市(東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ストックホルム、ソウル)中、4番目の水準とのことで、現状、家計の消費支出に占める携帯電話料金の比率が高まっていることは確かです。

文字どおり生活必需品となった携帯電話。料金設定は、企業経営に直結することでもあり丁寧な議論が必要ですが、公明党としても会合を開き、取り組みをしっかりサポートしていきます。
里見りゅうじ県本部副幹事長も、厚生労働省での経験を生かすべくヒアリングに同席。できる限り生の声を聞き、政策に反映していくことが目的です。



投稿者 いとう渉 

2015年10月11日

がん対策の推進

乳がんの早期発見・早期治療などを啓発するピンクリボン街頭を終えて、女性局の皆さんと撮影
こんにちは。10/7〜9にかけて山口代表らが韓国・ソウルを訪問し、朴大統領らと会談。両国間の関係改善に向けて重要な訪韓となりました。どこまでも「対話」を軸とした党外交を全力で推進していきます。

私は、国内において「がん対策の推進」のため行動しております。その一環として先日は、受動喫煙防止推進法案策定のため、すでに条例が施行されている神奈川県を訪問し、条例制定時や施行後の課題などをヒアリングしました。小規模飲食店や様々な関係事業者の意見も十分に拝聴しながら、法案策定に取り組みます。

H18年に公明党が主導で「がん対策推進基本法」を制定しました。以来、がん検診の充実、がん拠点病院の整備、がん相談支援センターの整備、働きながら治療を継続できる環境整備、高額療養費制度の利便性向上など、がん予防・早期発見・治療環境の整備といった「がん対策」を総合的に推進しています。

川島なお美さんの急逝や北斗昌さんの闘病などがテレビで取り上げられ、国民的関心が増しています。私も母をがんで亡くしました。がん対策の推進は国民の願いです。がん克服を目指し、全力で取り組みます。

※写真は、乳がんの早期発見・早期治療などを啓発するピンクリボン街頭を終えて、女性局の皆さんと撮影。


投稿者 いとう渉 

2015年10月02日

GDP(国内総生産)600兆円の高みへ

参議院選挙・愛知選挙区の候補に公認された「里見りゅうじ」さんと
こんにちは。今朝は学生時代に6年間過ごした大阪へ向かっています。

さて、安倍首相は「新3本の矢」を掲げ来週中に決まるであろう新内閣で新たなスタートを切る準備に入りました。戦後最大となる名目GDP600兆円という明確な目標を掲げることは重要であり歓迎したいと思います。

その上で大切なことは「視点」です。どこまでも「一人一人の人間の幸福」「人間主義」に立脚し、経済財政運営や子育て支援・介護サービス等の社会保障制度の充実といった政策を遂行する必要があると考えます。こうした視点を、政策にビルトインしていくことが、公明党の大きな役割だと確信しています。

そんな中、参議院選挙・愛知選挙区の候補に公認された里見りゅうじさんと懇談の機会を得ました。東京大学経済学部を卒業後、厚生労働省に入省。いわゆるブラック企業対策や最低賃金の上昇など、非常に重要な政策課題に取り組んできたとのこと。幼少期に経済的な苦労をされた経験から、雇用の重要性を肌で感じ、厚生労働省を目指したと話されていました。

政治は、様々な声を聞きながら限りのある資源を効果的に投入し、国の行く末を決めていく重要なプロセスです。そこに関わる人間は、どこまでも一人の人間としての温もりを、片時も手放してはならないと思っています。いよいよ本年も残り3カ月。さらにさらに日々の努力を地道に重ね、お役に立てるよう頑張ります!!


投稿者 いとう渉 

 
Powered by Movable Type 3.2-ja-2 | RSS2.0 | ATOM