« 2015年08月 | メイン | 2015年10月 »

2015年09月29日

小牧市議選がスタート!

愛知県小牧市議選。加藤あきこ 候補、橋本てつや 候補、稲垣えりこ 候補
おはようございます!
今週の日曜日から、愛知県小牧市議選がスタートしました。

加藤あきこ 候補
橋本てつや 候補
稲垣えりこ 候補

同志の皆様の真心の大応援に支えられ、3候補ともに元気一杯選挙戦を戦っております。
小牧市にゆかりのある皆様、大勝利に向け、最後の最後の押し上げを、どうかよろしくお願いいたします!!
加藤あきこ 候補
橋本てつや 候補
稲垣えりこ 候補


投稿者 いとう渉 

2015年09月20日

平和安全法制が参議院で可決・成立しました

平和安全法制が参議院で可決・成立しました
こんにちは。突然ですが、ワールドカップラグビーで日本が世界ランキング3位の南アフリカに奇跡の逆転大勝利を飾りましたね。世界一の練習量を積み重ねてきたジャパンラグビーが、ついに結果を出しましたね。是非、2戦目のスコットランド戦も楽しみにしたいと思います。

さて週末は平和安全法制が参議院で可決・成立しました。まだまだご心配の声は大きく、しっかり説明責任を果たしていきたいと思います。

最大の論点の一つが極めて限定的な集団的自衛権の行使。もう一度、整理してみたいと思います。

日本国憲法の「自衛の措置の基本的論理」を示した昭和47年見解の根幹は「外国の武力攻撃によって国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される急迫、不正の事態に対処し、国民のこれらの権利を守るための止むを得ない措置として、はじめて許容されるもの」という点です。

今回成立した平和安全法制では、
①わが国に対する武力攻撃が発生した場合のみならず、わが国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これによりわが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合

②これを排除し、わが国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がないとき

③必要最小限度の実力を行使

という厳格な新3要件をもうけ、あくまでも「自衛の措置」つまり「国民の生命を守るため」に許される「武力の行使」を現在の安全保障環境に照らして明確にしたものです。このことが国際法上は集団的自衛権が根拠となる場合がある、というものです。

あくまでも、他国防衛それ自体を目的としたいわゆる「集団的自衛権」は認めていない!

このことが大変に重要なポイントです。

今日もしっかりと街頭でお話をして参りました。一つ一つ、丁寧に、説明を続けていきます。


投稿者 いとう渉 お応えします

2015年09月13日

稲沢市議選スタート!

稲沢市議選。とちもと敏子(とちもととしこ) 候補、加藤たかあき(かとうたかあき) 候補
こんにちは。本日より稲沢市議選がスタート。
真心の同志とともに、

とちもと敏子(とちもととしこ) 候補
加藤たかあき(かとうたかあき) 候補

両候補とも元気一杯出陣いたしました。

中学3年生までの子ども医療費の無償化やがん検診の推進など
長寿社会にふさわしい健康・元気社会を目指してがんばっています。

定数4減の厳しい選挙になっております。
どうか皆様の応援をよろしくお願いします!!
20150913-4.jpg
稲沢市議選:とちもと敏子(とちもととしこ) 候補
稲沢市議選:加藤たかあき(かとうたかあき) 候補


投稿者 いとう渉 

2015年09月09日

ものづくり技術の集積地~中部~

20150909.jpg
こんにちは。台風17・18号の被害が広がっています。引き続き、細心の注意をよろしくお願いします。

先週末は愛知県南知多町の日間賀島・篠島、岐阜県高山市を訪問。各地で懇談の機会を頂き本当にありがとうございます。

月曜日には、衆議院科学技術イノベーション特別委員会の視察で、三菱重工業株式会社を訪れ、HⅡ-A・HⅡ-Bロケットや三菱リージョナルジェット(MRJ)、宇宙ステーション補給機「こうのとり」(MTV)などの製造現場を観せて頂きました。

こうのとり5号機は、去る8/24、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する油井宇宙飛行士が操作するロボットアームによってキャプチャされISSに取り付けが完了したことがニュースにもなりましたよね。

こうした航空・宇宙科学技術の分野は、欧米と共に日本の高い技術力の評価が高まっており、本年9月には初の商用衛星の打ち上げ、10月にはいよいよMRJの初飛行も予定されています。技術は常に使っていなければ錆びていってしまうもの。航空・宇宙分野はますます活用が期待される分野であり、市場での競争力を高め、民間主導に至るまで、しっかりサポートしていきたいと考えています。

リニア中央新幹線建設、MRJの開発、水素自動車の普及などなど、中部地域はものづくり技術の集積地であり、未来志向の新たな都市生活空間の創造の場になりつつあると思います。課題先進国とも言われれる日本だからこそ、その課題解決をもってより豊かな未来を創造する。あくなきチャレンジを続けていきます。



投稿者 いとう渉 

 
Powered by Movable Type 3.2-ja-2 | RSS2.0 | ATOM