« 2014年09月 | メイン | 2014年11月 »

2014年10月22日

laborからleaderへ ~ ノーベル物理学賞受賞者 天野 浩 教授 ~

20141022.jpg
こんにちは。愛知へ向かう新幹線の中です。

本日は、青色LEDの開発でノーベル物理学賞を受賞された、名古屋大学大学院 天野 浩 教授をお迎えして、公明党文部科学部会・科学技術委員会合同会議を開催しました。

青色LEDは、1967年に基礎研究が始まってから実用化する1995年まで、実に28年の歳月を費やして来られたとのこと。始めのうちは十分な研究費もなく、研究のために必要な器具等を、ご自分で材料から作られていたとのお話も伺いました。

LED電球の登場により、全発電量の約7%の削減が可能になります。また、青色LEDの基礎技術である窒化ガリウムの活用により高効率パワー半導体が実現すれば、さらに約7%の発電量の削減が可能になり、LEDと合わせて原子力発電分の1/2を省エネすることも可能だと試算されています。

「laborからleaderへ」

名古屋大学 濱口総長が大切にされているキャッチフレーズです。

イノベーションを可能にする研究開発力を強化するために、若い人材への投資と、広く・薄く・長く・辛抱強く基礎研究を支援することが重要との指摘がありました。

こうした取り組みは、従来から公明党科学技術委員会としても主張してきた事であり、多くの若き研究者が失敗を恐れず果敢に挑戦できる環境を整備する等、さらに取り組みを加速していきたいと思います。

投稿者 いとう渉 わたるの今日, わたるの今日

2014年10月18日

景気の安定回復へ向けて~過度な円安への対応・住宅産業の活性化を~

円安対応・住宅産業活性化
おはようございます。昨日は、今国会から担当となった財務金融委員会での初質疑に立ちました。国会に関わるニュースは、その信頼を落としめる残念なものが多い中ですが、立法府としての本来の役目をしっかりと果たして参ります。

さて、質疑の内容は以下のURLで映像でもご覧頂けます。短時間でもあり、質疑の内容は2点。一つは、国内景気に悪影響を及ぼすような過度な円安への対応、そして先行きに対する期待感を与える住宅資金贈与の非課税措置の拡充について政府の見解を確認しています。

年末の予算編成および税制対抗に向けて、景気回復に資する議論を重ねていきます。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=44205&media_type=

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2014年10月15日

長男から届いた写真
おはようございます。
長男から届いた台風一過の空。

たった一枚の写真から
パワーをもらうこともありますよね。

さあ!今日も一所懸命、働いてきます(^^)/

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2014年10月12日

故 鈴木一平議員に捧ぐ

鈴木一平
こんばんは。今週末は、三重県大紀町、大台町(旧宮川村)を訪問。現場の視察や「語りあう会」を行わせて頂きました。

この旧宮川村は、10年前の9/29、台風20号により甚大な被害を受けました。最終的に被災者は死者6名、行方不明者1名(現在は死亡断定)、重傷者2名の計9名。土木被害101箇所をはじめ被害総額は約220億円。

この災害において、地域の見回りを終え、自宅の裏山の確認に向かった際に、土砂崩れに巻き込まれて亡くなられたのが「鈴木一平議員」でした。最後の最後まで地域の安全を確かめ、多くの方々に危険箇所の回避を伝え続けた姿は、今も地域の方々の記憶に鮮明に刻まれています。誇るべき先輩議員をはじめ、亡くなられた皆様の慰霊碑に心より祈りを捧げて参りました。

最後に、台風19号が接近していますので、十分な備えと、早めの避難を心がけて頂きますよう、どうかよろしくお願い申し上げます。

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2014年10月10日

新幹線のお母さん

新幹線お掃除の天使たち
こんにちは。今週は月曜日の夜に上京。今から地元に戻ります。国会の動きも、激しくなってきました。景気対策を念頭に、予算・税制の議論を中心に、しっかり取り組みます。

さて写真は、新幹線を10分足らずで清掃して下さる皆様。指差喚呼も様になってみえますね。

この早業は、仕事の精度の高さや、一人一人のモチベーションの高さがなどが話題となり、世界から観に来られる方々がみえるほど。

誰も見ていなくても、喜んでくれるお客様の笑顔のために、黙々と働くお母さん達に心から感謝。学ぶところ「大」です。

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2014年10月05日

愛知県本部代表に就任いたしました!

愛知県本部代表に就任
おはようございます!

結党50周年から次の50年に船出するこの時に、荒木県代表の後を受け、昨日、愛知県本部代表に選任を頂きました。応援して下さる全ての皆様のお役に立てるよう、死力を尽くして働いて参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます!

15年の長期間にわたり愛知県本部を支えて下さった、荒木県代表、鬼頭県幹事長に心から御礼を申し上げます。本当にありがとうございました!これからも、様々な形で、ご指導賜わりますよう、よろしくお願い申し上げます。

愛知県本部が抱える地域は、人口744万人、製造品出荷額等第1位、農業生産額第6位、有効求人倍率第2位、自然も豊かで、道路・空港・港湾とインフラも充実し、非常に恵まれた、ポテンシャルの高い地域です。この愛知の隅々にまで、公明党のネットワークを張り巡らし、庶民の声に耳を傾け、文字通り「大衆とともに」この地域を何処よりも素晴らしい地域へと、さらに変革して参りたいと思います。

どこまでも、団結第一で、粘り強く、根気強く、情熱の炎を消さず、努力を貫き通して参りたいと思います。

初陣は来年春の統一地方選挙です。そのスタートは年明け早々の田原市議選から始まります。

応援して下さる全ての皆様に喜んで頂けるよう、全身全霊、死力を尽くして戦ってまいります。大変にお世話になりますが、何卒よろしくお願い致します!!

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2014年10月01日

東海道新幹線 開業50周年

新幹線運転士時代
おはようございます。
私にとって本年は、公明党の結党50周年と合わせて、人生において深く関わってきた東海道新幹線の開業50周年も感慨深い出来事です。

東京、名古屋、大阪を結ぶ日本の大動脈は、この間、延べ56億人を運び、現在はピーク時間帯には東京駅から1時間あたり15本が出発するという、通勤電車並みのフル稼働。こうしたことを可能にするために、品川駅を作るなどの駅周辺の開発が私の主な担当業務でした。

今日まで乗客の死亡事故を1件も起こさず、安全運行を続けてきたこと、開通直後は4時間だった東京―新大阪の所要時間を車両の改良などを重ねて最短2時間25分に縮めたこと、開業当時の最初の車両と今の最新車両を比べると、同じ時速220キロで走った時の消費電力が半分に低減したこと等々、これまで東海道新幹線に関わってこられたお一人お一人の地道だが飽くなき改善への努力が50周年へと結実したことは言うまでもありません。

これからも、何事においても地道な努力を怠らず前進を続けて参ります。

(写真は、入社間もない頃の新幹線運転士時代の写真。もちろん免許を保持しています。)

投稿者 いとう渉 わたるの今日

 
Powered by Movable Type 3.2-ja-2 | RSS2.0 | ATOM