« 2013年11月 | メイン | 2014年01月 »

2013年12月28日

1年間本当にありがとうございました!!

20131228.jpgおはようございます!
昨日、本年最後となる65回目の朝街頭を終えました。
大病を乗り越え、元気に活動を続けておられる大好きなご婦人が、街頭の声を聞きつけ激励に来て下さり、今年の記念に写真を一枚ご一緒して頂きました。
今日からは、地域の皆様、夜は消防団の皆様へのご挨拶周りに取り組みます。
それから年賀状とも格闘しなければ…(^^;)

年末も政治の世界は様々な動きがありました。一人の人間としての信念と、為政者としての振舞、その影響の大きさ。上手く表現できませんが、政治に携わる一人として、一挙手一投足の重みをもっと深く五体に刻んでゆかねばならないと、あらためて強く認識いたしました。

昨年の解散総選挙から1年と12日、がむしゃらに突き進んだあっという間の1年でした。まだまだ未熟で至らないところばかりですが、応援して下さるお一人お一人の顔を思い浮かべながら、今朝も胸中で感謝の思いを伝えています。

来年は公明党結党50周年の佳節。
いよいよの決意で頑張ります!
どうか良いお年をお迎え下さい!!
1年間、本当に本当にありがとうございました!!!

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2013年12月22日

青年局会議

20131222.JPG
こんばんは。今日の最終会合は三重県での青年局会議。
新妻ひでき参院議員とともに、約1時間半の懇談的な会合となりました。
来年の大きな政治テーマになると思われる「集団的自衛権」および「消費税10%への道程」から始まり、軽自動車税や特定秘密保護法案など、話題は多岐にわたりました。次代を担う青年局の皆さんと、率直な意見交換を心掛けながら、進むべき方向を定めていきたいと思います。

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2013年12月16日

丸1年が経ちました

20131216.jpgおはようございます。
週末、諸会合の合間を縫って街頭を実施。今から三重県熊野方面へ向かいます。

今日、昨年の解散総選挙での国政復帰から丸1年が経ちました。

自分の至らなさに嫌気がさすことも、力の無さに腹が立つことも、お叱りを頂くことも、度々。

それでも、落選中も変わらず応援して下さった一人一人の同志に支えられて丸1年。

本当に本当に感謝です!!

日々努力を怠らず、お役に立てる一人となれるよう、一歩一歩「前へ」進んで参ります。

いつも応援して下さり、本当に本当にありがとうございます!!

随分寒くなってきました。どうか風邪をひかれませんように(^^)

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2013年12月14日

ひまわり渉(わたる)会

20131214.jpg
こんにちは。今日は、諸会合の合間を縫って「ひまわり渉会」に出席。

この会は、2回目の選挙の時に電話作戦を担って下さった婦人部の皆さんが作って下さった大切な会です。皆さんの了解を得てアップさせていただきます。

2回目の選挙で私は落選、ご婦人の中にはご主人の転勤で一時は中部地域を離れた方もみえます。そうした中、年に一度、名古屋の某所でこうして集まって下さり、旧交を温めてきました。心温まる大切な大切な会合です。ちなみにお料理も、ご婦人のご主人の手作りなのです(^^)

真心から支えてくれる人がいるから、何としても負けるわけにはいきません。政策も、選挙も、普段の様々な活動も、全てに勝利できる実力を身につけるべく、努力を重ねていきます。

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2013年12月08日

質問にお答えしますーその2

20131208.jpg
こんばんは。今日は、岐阜・三重でそれぞれ党総支部総会に出席。
主に特定秘密保護法案について説明させていただきました。
特に多かった質問をできるだけ簡潔に記します。

Q.いわゆる「知る権利」は守られますか?

A.もちろん守られます。何故なら、取材の自由を保障しているからです。この法律では、スパイ行為や国民の生命を害する等の目的で行われたものしか処罰されません。つまり普通の取材は一切処罰されることはないからです。

Q.普通の人は処罰されませんか?

A.されません。そもそも普通の人が特定秘密を取得しようとすることはないと思います。万が一、知らず知らずのうちに特定秘密の取得に携わってしまったとしても、目的がスパイ行為等ではありませんから処罰されることはあり得ないのです。

誤解に基づく情報等が多くの方を不安にさせているように思います。新聞報道でも各紙によって随分論調が異なります。是非、各社の新聞を読み比べていただくこともお勧めいたします。何れにせよ、説明責任を果たすため、発信を続けて行きます。

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2013年12月01日

質問にお答えします

20131201.jpg
おはようございます。いよいよ今年も師走。本当に早いものですね。
さて、ここ数日良くいただくご質問にお答えします。

Q.特定秘密保護法案によって、戦前の治安維持法のように国民の自由が侵されることはありませんか?

A.もちろんありません。戦前の治安維持法は、当時の国家体制に批判的な思想・信条に基づいた運動を処罰することを目的とした法律でした。現行の日本国憲法下では存在し得ない法律と言えます。
一方、今議論されている特定秘密保護法案は、国家の安全保障や国民生活の安全の確保を目的として、公務員が国家の安全保障上重要な情報を漏らすことを防止するものです。

Q.マスコミの取材活動が制限されませんか?

A.今回の法律では、通常の報道目的の取材は当然のことながら処罰されません。外国の利益を図るスパイ行為などを目的とした場合のみ、処罰されることになります。

その他、公明党のホームページでも解説記事などを掲載しています。是非、ご覧下さい。https://www.komei.or.jp/more/realtime/201310_03.html

昨年の解散総選挙からまもなく1年。昨日も街頭にて活動報告などさせていただきました。感謝の思いを胸に、今日もがんばります!

投稿者 いとう渉 わたるの今日

 
Powered by Movable Type 3.2-ja-2 | RSS2.0 | ATOM