« 2011年11月 | メイン | 2012年01月 »

2011年12月30日

今年も本当にありがとうございました!

おはようございます「いとう渉」です。ただいま12/30(金)午前8時、昨晩なんとか年賀状を仕上げ、今朝は大先輩のお別れの式に出席のため江南市に向かいます。

今年の冬は寒く、被災地の暮らしを思うと胸が痛みます。朝晩、一日も早い復興を祈り、支援を続けていきます。

国をあげて課題に取り組むべき時に、民主党内では保身のための分裂や駆け引きが続いています。本当に情けないことです。

私は、いかなる状況下においても、「一人立つ」覚悟と、未来への「確信」を胸に、前進を続けます。

どうか良いお年をお迎えください。本年も本当にありがとうございました!

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2011年12月22日

年の瀬も押し迫ってきましたね

こんにちは「いとう渉」です。12/22(木)、本日は午後から事務所の大掃除。
今年もあと9日ですね。この1年、お世話になった全ての方々に感謝の想いを込めてブログをしたためています。

前回の衆院選から早2年4カ月、今日まで歩んでこられたのは、支えてくださる方々のお陰。本当にありがとうございます。日本の現状は依然厳しく、そこを突破するための政治のリーダーシップもまだ姿が見えて
きません。

来年は税の議論が活発化すると思われますが、それを提示する為政者の側に自分の身を律する覚悟がなければ、その行く末はおぼつかないと言わざるをえません。
党派をこえて、各人の主義主張をこえて、我が国の未来像を徹底的に、且つ、建設的に議論をする場こそ国会。本来の立法府の姿をお見せできるよう、より一層の努力を重ねてまいります。
日毎に寒さも厳しくなる今日この頃。どうか風邪などひかれませんように!

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2011年12月07日

冬柴元幹事長に捧げます

おはようございます「いとう渉」です。冬柴さんに、一言、御礼を申し上げたくブログをしたためています。

平成17年3月16日、私は当時の神崎代表、冬柴幹事長と党本部の一室にて、はじめてお会いしました。以来、平成17年9月の初当選以降、何かにつけて声をかけて下さり、真に大衆とともに戦う姿勢を教えていただきました。

国交相時代、大変に厳しい批判にさらされていた時も、実像の冬柴さんは普段どおり泰然自若とされておりました。前回の衆院選で惜敗後、東日本大震災でも、一弁護士としてボランティアで法律相談に取り組まれるなど、最後の最後まで、実践をとおして政治に携わる人間のあり方を教えていただきました。先月お電話でお話したときも、本当にお元気そうで、いよいよという気概にあふれておみえになられたのに、本当に残念でなりません。

「大衆とともに」、この一点に貫かれたご生涯を偲び、心より哀悼の意を表します。本当にありがとうございました。

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2011年12月04日

障がい者政策についてお話を伺いました 〜高山市にて〜

こんにちは「いとう渉」です。只今12/4(日)14時ごろ、三重県津市にて青年局の街頭を終え、名古屋に戻る電車の中でブログをしたためています。

11月末に伺った高山市にてお聞きした障がい者政策についてのお話をまとめてみます。懇談のお相手は就労支援事業B型を実施されている事業者の方です。

自立支援法は施行当初は様々な問題を抱えていたものの、改善を続け随分使いやすくなったと評価をいただきました。自立支援法自体の方向性は、障がいをもった方々ができるだけ地域社会で共生できるように支援をするもので、結果として、地域には小規模な障がい者を雇用する場所や作業所が増えつつあるとの声も。
また、就労支援事業B型においては、一人当たりの給付が月額から日割りになることにより、事業者サイドがより高いレベルのサービスを提供するよう努力する契機となったとのこと。

一方、就労支援事業A型などでも制度の悪用も散見され、事業認定後、障がいの程度が改善されているか等のチェックが必要です。
また、一般就労へ繋げた方が事業者経営が厳しくなるなどの制度矛盾も改善の余地があると思いました。

政策の方向性を堅持しつつ、さらに現場の声を反映し、より使い易い制度へとブラッシュアップすることが重要です。政策が、政争の具にされることのないよう、歩みを進めていきます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

 
Powered by Movable Type 3.2-ja-2 | RSS2.0 | ATOM