« 2010年11月 | メイン | 2011年01月 »

2010年12月30日

感謝・感謝・感謝

こんにちは「いとう渉」です。今日は12月30日、今年も残すところあと僅かですね。年越しはずいぶん寒くなるようなことが言われております。どうか、くれぐれも健康第一でお過ごし下さい。

さて、この一年も本当にあっという間でした。政治の世界に飛び込んで早5年半。今は、次なる飛躍への鍛えの時と心を決め、ひた走る毎日。いつもこのブログに目を通してくださり本当にありがとうございます。応援して下さるお人お一人に、感謝の想いでいっぱいです。

年末の夜警にあたって下さっている消防団の皆さんからも、「この政治不況を何とかせい!」と。この状況を改善するために、私もさらにさらに力を尽くしてまいります。この一年、本当にありがとうございました。来年もがんばります。よいお年をお迎え下さい!!

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2010年12月25日

今日もがんばろー!!

20101225.jpg
こんにちは「いとう渉」です。今日はクリスマスですね。皆さまいかがお過ごしですか。楽しい1日になりますように!

さて今週は、「いぬかい明佳(あきよし)」さん(愛知県議選予定候補(名古屋市北区))と名古屋市北区の黒川交差点にて街頭演説。地道な取組みの先に、勝利が輝くと信じて。

年末のご挨拶回りの中で耳にする声は決して明るいものではありません。政治への不信感は最高潮と言っても過言ではないかもしれません。その中に身をおく一人として、本当に忸怩たる思いです。

それでも自ら進もうと決めた道。必ずこの国に笑顔を取り戻してみせる。そんな想いを胸に今日も走ります。どうか益々多忙になる毎日、くれぐれも健康第一でお過ごしくださいね。

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2010年12月21日

地球を考える(その1)

20101221.jpg
こんにちは「いとう渉」です。一段と寒くなってきておりますが、体調はいかがでしょうか。今朝、先輩から「ぎっくり腰」になってしまったとメールが・・・。朝は十分体を温めてからスタートしたいものです。

さて、今朝は少し視点を上げて、地球の現状について考えてみたいと思います。世界の人口は、国連推計では2010年10月現在で69億人。毎年増え続けていると言われています。

その中で、最も人口の多い国が中国で13億人、続いて第2位がインドで12億人です。実に二ヶ国で世界の1/3以上の人口を抱えていることになります。

この二つの国が急速な経済発展を続けているわけです。果たして地球の環境は耐えられるのでしょうか?素朴な疑問がわいてきます。少なくとも、世界が力を合わせてエネルギー効率が高く、できるだけ環境にやさしい国づくりを進めていかなければならないことだけは間違いないと思うのです。

ここに我国・日本の活躍の舞台があると考えます。

この話は長くなりそうなので、また、続きを記したいと思います。今朝はここまでで次の仕事にかかります。

今日は12月21日、今年もあと10日となりました。ますます忙しくなる毎日かと思いますが、健康第一で!年末年始をお過ごし下さいませ。

私もがんばります!!

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年12月15日

ピンチをチャンスへ

20101215.jpg
こんにちは「いとう渉」です。今朝も東京に向かう新幹線の中で、ブログを認めています。

新聞に目を通していると、民主政権の予算・税制の議論における混乱ぶりは、本当にヒドイと言わざるを得ませんね。

人口が減少しながら、高齢化が進んでいくという紛れもない現実を直視し、そこへの対策を打たねばならないときに、まるでそこから目を背け、何とかこの場を切り抜けようとしているだけで、確固たるビジョンを感じとることができません。

一方、我が党は山口代表を中心とした訪中団が中国を訪れ、関係改善に向けた対話を繰り広げています。

状況が厳しければ厳しいほど、率直な対話と行動で、道を拓いていく。それこそが、政治家に求められる姿だと思います。

私は、とにかく現場に密着し、客観的な現実を認識し、ピンチをチャンスに変える知恵を、今日も練り上げて参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2010年12月08日

迷走する菅内閣

20101208.jpg
こんにちは「いとう渉」です。東京に向かう新幹線にてブログを認めています。はや12月8日、今年もあと20日余り。本当に早いですね。

さて、法案の成立が低調であった臨時国会が終わり、来年の税制改正や予算編成が大詰めです。ここでも菅内閣の迷走ぶりは目を覆いたくなる有り様です。

例えば、法人税減税。それ自体は大いに結構だが、その財源が欠損金の繰越控除制度や減価償却制度の縮小などと言われては、国民の9割以上が働いている、しかも大半が赤字の中小・小規模企業は大打撃を受けてしまいます。そんなことも分からんのか!と声をあらげたくなります。

しかも、年金や子ども手当ての財源など、場当たり的な対応が目立ち、腰を据えて再生に取り組もうとする国民のマインドを萎縮させてしまいかねないことを心配します。

さらに、いまだ抜け出せない不景気にも関わらず、消費を支えてきたエコカー補助金をやめ、エコポイントも縮小。司令塔なき政権に我が国の未来を託し続けるのは本当に危険です。

いかなる状況であれ、我が国の未来を見据え、今日も前進と研鑽を続けます。

投稿者 いとう渉 政策・主張

 
Powered by Movable Type 3.2-ja-2 | RSS2.0 | ATOM