« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月28日

スピードある対応を!

20091128.jpg
11/28(土)、朝6:30、地域のラジオ体操からスタート。公園の木々が綺麗に輝いて見えます。

14年ぶりの円高、株安、先の見えない不安がさらなる萎縮を生み、経済は悪循環を続けています。

緊急事態に即応した財政支出、エコカー減税など来年度以降の税制優遇措置の早期打ち出し、金融緩和、為替の介入に踏み切るべきと考えます。そのために、関係主要国との率直な対話を実施しなければなりません。苦しいのは我国だけではありませんから。

そうした迅速・果敢な行動が人心を和らげ、希望を持続させ、活力を生み出すのではないでしょうか。

マニフェストにこだわるあまり、最悪の状態に陥ることのないよう、同僚議員と連携し、現場の実態を政府に突き付けて参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2009年11月20日

今こそ技術立国~人材こそ宝~

20091120.jpg
11/20(金)、日増しに寒さが増してくる今日この頃、皆様いかがおすごしでしょうか。今朝も街頭からスタート。「目立った方がいいよ」とのご意見を頂いたので、オレンジ色(いちおうイメージカラー)のジャンパーを着ております。

さて、国政では事業仕分けなるものが進められていますが、はじめてこの言葉を国政の舞台で取り上げたのは実は公明党。ムダを省くことは良いことなので、どんどん実行すれば良いと思うが、ムダでないものまで削減しているように思えるのは私だけでしょうか。

現政権は、先の選挙の際、十数兆におよぶ財源を必要とする子ども手当などの政策を、「ムダを省いて実行する」を言っていたはず。それが、今や最先端技術の科学振興費や子供達の未来を創造する伝統文化子ども教室等の文化芸術振興費など、とてもムダとは言い難いものまで、事業仕分けにおいて予算の削減を進めているとか。挙句の果てに過去最大級の国債の発行までチラつかせる始末。いかがなものかと思います。

我が国は今後ますます高齢化が進み、必要な社会保障費は増大していきます。だから、そのために必要な予算を確保するためには、経済規模を緩やかながらでも拡大しなければなりません。

どうするのか?資源の無いこの国にとって、宝は人材。特に、技術系の出身である政治家として世界の最先端を走る様々な技術革新分野に予算を投じ、さらなる経済発展を考えねばならない、「技術立国」が私の命題です。

目下の最悪の経済状態を脱するためには、“必要な”公共投資も前倒して実施すべきです。エコカー減税等の景気刺激策も、一日も早く継続を明確にすべきです。さもないと、我が国の景気状況は、最悪の事態に陥ることを現政権は、もっとシビアに認識をしてもらわなければ困る。

直近の景気を財政出動により下支えするとともに、中長期的な視点から必要な研究開発には予算を投じて継続をする。極めて当たり前のことのように思われる着実な政策実行を現政権に強く要求して参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2009年11月13日

不惑

11/13(金)曇、今朝は地域のラジオ体操、朝街頭からスタート。

今朝の街頭では、子ども手当などの給付に集中する余り、景気対策が後退し、一家の収入が減額してしまう事態になれば、本末転倒ではないかと思えてなりません。

また、雇用対策を一日も早く実施して、新たな雇用の受け皿をつくった上で、公共事業等の財政出動の削減を行わなければ、雇用の場が失われ、失業率が上がってしまうのは理の当然ではないだろうか? 政府・与党には、真に国民のために、真剣に仕事をして頂きたい。

私ごとですが、本日をもって40歳、「不惑」となりました。なかなか不惑とはいきませんが、精一杯、大切な一日一日を過ごして参ります。多くの方々の真心に支えられ、感謝・感謝の毎日です。いかなる苦難も乗り越え、必ずや皆様のお役にたってみせる!!決意を新たにしております。

投稿者 いとう渉 わたるの今日, 政策・主張コメント (2)

2009年11月11日

地元要望が実現へ!

20091111.jpg
11/11(水)、雨のため、早朝、家内の新聞配達のお手伝いからスタート。東京に向かう列車の中にてブログをしたためています。

いつも朝街頭をするJR笠寺駅では、いよいよバリアフリー化の工事がスタート。地元の岩田県議や福田市議等と粘り強く進めてきた地域の要望が実現しつつあるのは、本当に嬉しい限りです。

政府では、日航に対する総額1250億円にのぼるつなぎ融資を実行する方向で進んでいるようだ。

破綻した場合に、日本経済や関連企業を含めた雇用に与える影響を考えれば、やむを得ないのかもしれない。

ただ大切なことは、何も一企業だけを守るために貴重な国費を投入するのではないという哲学だ。

よって、再建を軌道に載せたあかつきには、日本経済はもとより、中小零細企業の犠牲の上に成り立つような経営をすることなく、苦しくとも「共存・共栄」を目指す、真に成熟した日本の大企業として頑張ってもらいたいと思う。

現場ではこの不景気で、本当に明日をも知れぬ状態で苦しんでいる人が沢山います。

政府には、大至急景気向上への対策を講じなければならないと、我が党のネットワークを生かし、強く主張して参ります。

投稿者 いとう渉 政策・主張

2009年11月04日

寒風

20091104.jpg
11/4(水)、いつものJR笠寺駅前での街頭を終え、本日は上京します。それにしても、急に寒くなってきましたね。

先週は扁桃腺が腫れて熱が出てしまいました。健康がいかに大切か、あらためて痛感しました。

医療や介護といった社会保障は、一人一人の人生にとって本当に大切なもの。公平・公正な制度とともに、必要な財源をムダ削減と税収増でまかない、安心・安全を提供することが、今、望まれている。

そして、次代を担う世代に、希望と情熱を与える政治家が、きら星のごとく踊りでなければならない時を迎えていると感じてなりません。

人間主義の旗をかかげ、今日も前進を続けます!

投稿者 いとう渉 政策・主張

 
Powered by Movable Type 3.2-ja-2 | RSS2.0 | ATOM