« 2008年12月 | メイン | 2009年02月 »

2009年01月30日

太田総理

20090130.jpg
1/30(金)、今夜は太田総理・・・秘書田中に出演します。お時間のある方は、是非ご覧いただき、忌憚のないご意見をお聞かせ下さい。

昨夜は、名古屋市西区の支部会へ。27(火)に成立した定額給付を含む第二次補正予算を執行するために、関連する法律を成立させねばならないことを訴えた。

これらの法律は、参院において店晒しのまま三週間が経過しようとしている。中小企業への資金繰り支援、妊婦検診の無料化、緊急雇用創出のための事業などなど、1日も早く実施すべきものばかりにも関わらず、一向に審議する気配すらない。この暴挙は、国政を預かる立場として、断じて許されるものではない。まさに、国民不在の政局第一の輩と言わざるを得ない。

投稿者 いとう渉 参加・訪問・視察, 国会コメント (1)

2009年01月24日

党本部にて

1/24(土)、全国県代表者協議会が開催。太田代表を中心に、再出発となった。九州で戦う遠山前参院議員も元気な姿で参加されており、とても嬉しかった。

会合では、27兆円におよぶ二次補正予算について報告がなされ、各地方議員の皆さんと呼吸をあわせて、予算の展開に知恵をしぼっていくことになる。

主なものだけでも、雇用対策の特別交付金、地域活性化・生活対策の臨時交付金、安心こども基金、介護のための特例交付金、障がい者自立支援のための特例交付金などなど、雇用を創出し、安心を広げるための前例を見ないほどのメニューと規模になっている。

これらを、全国民の現場へ届けるため、1日も早い予算成立を望む。

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2009年01月21日

岐阜へ

20090121.jpg
1/21(水)夜、岐阜の時局講演会に出席。定額給付金、消費税、国家公務員の「わたり」の全面禁止、そして進むべき国の方向性について自らの考えを報告。

消費税については、増税ありきではなく、あくまでも景気回復が大前提であり、その全てを社会保障に投ずること、あわせて行財政改革を行うこと等、一部報道から受ける印象とは異なることを、改めてご説明させて頂いた。

真に信頼される政治を目指し、明日も全力で行動して参ります!!

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2009年01月20日

率先垂範の行動を!

20090120.jpg
1/20(火)、国会では参議院における審議が続いている。再三申し上げてきたが、今、最も重要なことは、どうあれ速やかに結論を導き、1日も早く政策を実施に移すことだ。

また問題になっている、いわゆる国家公務員の「わたり」については、原則禁止とすることが当然ではないかと考える。

一国が団結して危機を乗り越えるため、為政者は率先垂範の議論と行動を貫かねばならない。

投稿者 いとう渉 わたるの今日, 政策・主張

2009年01月13日

二次補正衆院通過

1/13(火)夜、2兆円の定額給付金を含む二次補正予算が衆院を通過した。

この予算の中には、ほとんど報道されていないが、自治体による雇用機会創出のための基金4000億、離職者への住宅・生活支援、中小企業支援としての緊急保証・貸出枠を30兆円に拡大、地域活性化交付金6000億円、高速道路料金の大幅引き下げ5000億円など、総額27兆円の生活対策などが盛り込まれている。

野党が多数を占める参院においても、速やかな審議・採決により、一日でも早く予算を執行できるよう、良識ある判断をお願いしたい。

投稿者 いとう渉 ご報告, 国会コメント (1)

2009年01月12日

青年局街頭

20090112-2.jpg
1/12(月・祝)午後、栄交差点にて荒木県代表(参院議員)と共に青年局街頭を実施。愛知県本部所属の金庭・田辺(名古屋市議)、山田(半田市議)、長江(瀬戸市議)ほか青年局議員を中心に目下の取り組みを訴えた。(他に小島・福田・木下・中村(名古屋市議)が参加)

私からは、これまでの携帯電話値下げや、番号を変えずにメーカーを変えることができる番号ポータビリティー制度の実現といった若者の必需品である携帯電話の様々な施策を推進してきた実績などを報告した後、現在取組を進めている雇用対策等について報告。雇用を失うと同時に住むところまで失ってしまった方々への雇用促進住宅等の貸出、雇用を維持するため、国全体の7割の雇用を支える中小企業の経営支援、あるいは休業手当の4/5を支給する中小企業緊急雇用安定助成金の実現、また新たな雇用を創出するために、H21年度予算・税制では、裾野の広い住宅関連産業や自動車産業にスポットを当てた大幅な減税政策などを実現するべく、今まさに国会において論戦を展開していることを伝えた。

また、来年度後半での景気の底打ち・回復といった流れをつくるまでの間、消費を刺激することにより景気を下支えし、生活を支援するために考え出したのが定額給付金であり、これは野党も含めて各党が実現にむけ取り組んできた定額減税あるいは給付つき税額控除と同様な効果があることを訴えた。そして、その必要性に理解を求めるとともに、即効性のある、つまり21年度前半の景気刺激策となりうる対案はどこからも示されていないことを改めて訴えた。

私たち公明党青年局は、どこまでも責任ある行動に徹し、厳しい現状を乗り越えるべく、さらに仕事をやり抜いていくことを誓い街頭演説会を終えた。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張, 街頭演説コメント (1)

成人の日

20090112.jpg
1/12(祝・月)、母校笠東小学校にて学区の成人式に出席。私の大好きな本の中から、以下の一節を紹介した。

青春は太陽に顔を向けて生きるんです。「伸びる季節」であるがゆえに、楽しさも大きいかわりに、苦しさも大きい。青春は悩みの季節です。だからこそ、苦しさから逃げてはいけない。苦しみながら、悩みながら、「太陽」を求め、「太陽」に向かって進むのです。負けてはいけない。芽が出るには、種子の硬い殻と戦わなくてはならない。青空のもとに芽を出すには、厚い大地を突き破らなくてはならない。今の苦しみは、そのための苦しみです。伸びているから悩みが絶えないのです。だから、苦しくても、つらくても、前へ進むことをやめてはいけない。そのように、何があっても「もっと成長しよう」「もっと大きな自分になろう」と頑張る心を「青春」というのです。その心がある人は、年をとっても「青春」です。その心をなくしたら、年が若くても老年です。

私自身に言い聞かせるように、新成人の皆様の前途洋々たらんことを祈りながら、心をこめてお祝いのご挨拶をさせていただいた。

投稿者 いとう渉 わたるの今日, 参加・訪問・視察

2009年01月11日

寒風

20090111.jpg
1/11(日)、今朝は消防の出初め式からスタート。写真は、一昨日、党青年委員会として新宿駅西口で実施した街頭演説。

寒風の吹き荒ぶなか、太田代表、谷合青年委員長(参議院議員)と共に、この国の未来のため、目下の厳しい経済環境の中にあって、ワカモノの雇用維持・創出に全力を尽くすことをお約束した。

状況が厳しければ厳しいほど、それを上回る力と勢いで、その打開に向け戦い続けるのみ!

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 街頭演説

2009年01月07日

有言実行

20090107.jpg
1/7(水)、本年初の地元駅前での街頭演説からスタート。多くの方々から激励をいただき、本当に感謝に堪えない。

定額給付金について、様々なご批判をいただいているが、その大前提が「経済効果がない!」というものだ。総額2兆円はGDPの0.4%相当。この全てが貯蓄にまわるとはとても考えられず、効果がないとの主張の持ち主こそ、現下の庶民の生活を分かっていないのではないか。

自治体によっては、この給付金にさらに上乗せし、自治体内限定のクーポン券とすることにより、地域への波及効果を高めようとの動きも出始めている。

大切な事は、批判ではなく実行力だ。現状を打破すべく、予算案の成立に邁進するのみ。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 街頭演説コメント (1)

2009年01月05日

激突型国会スタート

20090105.jpg
1/5(月)、第171回通常国会がスタート。本会議にて財務大臣の財政演説を聞く。

様々な雇用対策、中小企業支援策などが盛り込まれた補正予算の審議開始。重ね重ねすみやかな国会審議を経て、一日でも早く実施に移すべく全力を尽くす。

写真は支援者の方から送られて来たもの。一服の清涼剤として。

投稿者 いとう渉 国会

2009年01月02日

新春街頭

20090102.jpg
1/2(金)、栄にて新春街頭を実施。定額給付金の重要性、雇用対策について訴えた。

これまでも繰返し訴えてきたが、定額給付金発案の背景には、物価は高くなるが賃金は上がらないという事実があった。このギャップを定額減税で補おうとしたが、減税の場合、実施時期にバラツキがでるため、効果が分散する可能性があった。よって、一斉に実施可能な給付金という形をとったものである。ちなみに、定額減税を打ち出したとき、世論の6割の支持を得ていたことを忘れてはならない。

雇用対策には、大きく分けて三つの重点がある。すなわち、雇用の維持、雇用の創出、そして雇用を失った方々への対応である。一つ目は、緊急保証に代表される融資の拡充や助成金による、特に中小企業の経営支援。二つ目は、減税等の景気対策が効いてくるまでの間、公共事業の拡大や各自治体単位での官主導の事業の実施。三つ目は、住宅の提供や一時的な生活費の融資。これらを駆使して140万人の新たな雇用を維持・創出してゆく。

既に実施しているもの、これから国会で審議するもの様々だが、重要なポイントの一つはスピードだ。そのために、参議院における賛否を、明確にそして速やかに決定頂くことを切望する。

投稿者 いとう渉 公明党ならでは, 政策・主張, 街頭演説

2009年01月01日

出発!

20090101.jpg
本年も大変にお世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします!

元旦は、日の出と共に出発。新たな挑戦の開始です。どこまでも皆様の付託に応えるため、全身全霊で学び、行動して参ります!!

投稿者 いとう渉 わたるの今日

 
Powered by Movable Type 3.2-ja-2 | RSS2.0 | ATOM