« 2008年03月 | メイン | 2008年05月 »

2008年04月27日

ありがとうございました!

20080427.jpg
4/26・27(土・日)の週末は岐阜県岐阜市、愛知県名古屋市南区、港区、瑞穂区、熱田区を訪問。

現在の政治状況についてご報告の機会をいただきました。本当にありがとうございました!

多くの方が政治と行政のあり方に不満を抱きつつ、その打開を我が党に期待していただいている気持ちがひしひしと伝わってきました。

どこまでも本当の庶民の味方として、現在と未来に責任をもち、手を打ち続けて参ります!!

(写真は岐阜県下の女性議員の皆様との一枚)

投稿者 いとう渉 参加・訪問・視察

2008年04月25日

今日も無事終了

20080425.jpg
4/25(金)、8時の党内会議よりスタート。

舛添大臣との打合せの後、厚労省にて原因不明の難病と戦う6才の女の子のお母さんをはじめ、3人のお母さん方から、治療方法の研究促進を訴える14万をこえる署名をいただいた。心して取り組んでいこうと思う。

午後、二回の本会議を終え、名古屋で行われた中小企業セミナーへ。さらに夜は地元青年部の打ち上げに参加。やっぱり気心の知れた仲間は最高です!

投稿者 いとう渉 ご報告

2008年04月24日

道路支出のさらなる改革を!

4/24(木)、昨日は名古屋市中川区・南区へ。今夜は愛知県大治町へ。

道路特定財源の成り行きがクローズアップされる中、国交省・冬柴大臣が大きな改革を断行した。ほとんど報道されていないので、あらためて書き記す。

道路関係50公益法人への道路財源支出を2010年度までに半分以上削減。特命随意契約率を94%から4%へ削減。道路財源の支出先は50から16法人へと削減。60歳以上の天下り役員の給与3~5割削減。問題視されたマッサージチェアなどの経費は道路特定財源から支出しない等を決めた。

さらに本日、公明党として、中期計画の見直し、天下りの原則禁止等々を、追加措置として総理に申し入れた。

ただ不安と不信をあおるだけの野党を尻目に、真の改革を着実に積み上げていく!!

投稿者 いとう渉 ご報告

2008年04月22日

努力

20080422.jpg
4/21(月)は名古屋→静岡→東京、22(火)は終日東京にて仕事。今日は参議院・外交防衛委員会、衆議院・決算行政委員会にて答弁。その合間で党内会議や官邸での政府内会議に出席。

目まぐるしく変化する日々の業務の中、一つ一つの機会を自身の糧とし、向上の日々でありたいと思います。

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2008年04月21日

持続可能な社会保障制度の構築を!

4月からスタートした長寿医療制度について十分な広報ができておらず、皆様には大変ご心配をいただいております。そこで今一度、制度改正の背景および目的をご説明したいと思います。

長寿医療制度は、高齢化が進展する中、高齢者の方々の医療費を国民全体で支える仕組みです。給付費の5割に公費を、4割を現役世代の負担とし、高齢者の方々のご負担を1割に抑えられたのも、我が党の取り組みがあったからです。

その上で、「私はどうなるのか?」という問い合わせをよくいただきますので、あらためてポイントをご紹介します。

 1.75歳以上の方、お一人おひとりに、被保険者証を交付します。

 2.従来の国保と比べ、保険料は多くの自治体ではこれまでよりも低くなります。ただし、一部自治体では負担が増える場合もあります。ちなみに名古屋市では、国民年金受給者(月額六万六千円)の方は、これまで無料であったものが、月額千円程度のご負担を頂くことになります。

 3.医療機関に支払う窓口負担は、これまでと同様、原則1割負担です。(現役並み所得の方は3割負担)

 4.年金からの保険料のお支払は、金融機関などで納めていただく手間をなくすためであり、行政のコスト削減にもつながります。ご理解いただければ何よりです。

 5.これまで保険料負担がなかったサラリーマンに扶養されている方の保険料は、4月~9月は0円、10月~来年3月までは本来の保険料の1割負担(平均350円/月)となります。

こうした制度改正と合わせて、徹底したムダの排除に取り組まねばなりません。今クローズアップされている国交省の道路関係業務の改革もその一つです。こうした取り組みを通して、国民の信頼を回復していかなければなりません。

一方、事実に基づかない言論は厳に慎まねばならないと思います。このところ民主党・小沢党首が、天下り法人への12.6兆円の補助金等を全廃すると、あたかも莫大なムダがあるかのような喧伝を繰り返しています。しかしその内訳は次の通りです。

科学技術振興やエネルギー対策等の政策的経費が3.8兆円、国立大への補助が0.8兆円、中小企業や学生への奨学金等貸付金が3.7兆円などなど、補助金の中身は国の骨格となる政策経費や奨学金など、私たちの生活に密着する資金が大半なのです。

ムダを省くのは当然ですが、必要なものまでムダであるかのように語るのは、いかがなものでしょうか。野党第一党の党首ともあろう人が、いかにいい加減な主張をテレビの前で繰り返していることか。怒りを通り越して、悲しみすら感じます。

私は、どのような険しい道であれ、これからも徹底して行政のムダを省きながら、持続可能な社会保障制度の実現のため全力を尽くして参ります。

投稿者 いとう渉 ご報告

2008年04月17日

天下り法人

4/16(水)、17(木)と、目の回るような忙しさ。本日三回目の新幹線にて上京中。

ここのところ民主党・小沢党首が、天下り法人への12.6兆円の補助金等を全廃すると、あたかも莫大なムダがあるかのような喧伝を繰り返している。しかしその内訳は以下のとおり。

科学技術振興やエネルギー対策等の政策的経費3.8兆、国立大への補助0.8兆、中小企業や学生への奨学金等貸付金3.7兆などなど、国の骨格となる政策的経費や奨学金等の生活に密着する資金が大半。ムダを省くのは当然だが、必要なものまでムダかのように語るのは、ウソつきということにならないのだろうか。

野党第一党の党首ともあろう方が、いかにいい加減な主張をテレビの前で繰り返していることか。生活者の味方という仮面が剥がれる日も、そう遠くはないだろう。

投稿者 いとう渉 わたるの今日コメント (1)

2008年04月15日

今日も元気で!!

20080415.jpg
4/15(火)、今日はベトナムのガン大臣をはじめ、政府高官との会談からスタート。

本会議を終え、議員会館にてたまっている仕事を片付け、再び厚労省へ。昨年取り組んだ児童虐待防止の政策について進捗を確認。

夜は、党本部にて青年局政策について討議。現在22:15、もうひと踏ん張りがんばります!!

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2008年04月13日

正論

20080413.jpg
4/12・13の週末は、一宮市・名古屋市内をまわりながら、各所で多くの方々と懇談の機会を得ました。

高齢者医療制度や道路の話題を中心にお話させていただきました。我が国のおかれている現状、今進めている改革の方向性、つまり高齢化が進んでも持続可能な医療制度をいかに整えるか、そうしたことを丁寧に説明するなか、多くの方々の理解を得られたのではないかと思っています。

近視眼的な議論に終始し、未来に責任を持たない一部マスコミの論調に怒りすら感じながら、今日も前進して参ります!!

投稿者 いとう渉 参加・訪問・視察

2008年04月11日

長寿医療制度メモ

4/11(金)、長寿(後期高齢者)医療制度についてあらためてご報告します。

これは高齢者の医療費を国民全体で支える仕組みです。給付費の5割に公費を重点投入します。ポイントは以下の7つ。

(1)75歳以上の方、お一人おひとりに、被保険者証を交付します。
(2)国保と比べ、保険料は平均的にはこれまでよりも低くなります。ただし、自治体によっては負担が増える場合もあります。
(3)医療機関に支払う窓口負担は、これまでと同様、原則1割負担です。ただし、現役並みの所得がある方は3割負担です。
(4)ご自身の担当医を持つことが可能になります。あくまでも、ご本人と医療機関が希望される場合です。
(5)都道府県単位とし、安定的な運営が可能となります。
(6)年金からの保険料のお支払は、金融機関などで納めていただく手間をなくすため。行政のコストも省かれます。ご理解下さい。
(7)これまで保険料負担がなかったサラリーマンに扶養されている方の保険料は、4月~9月は0円、10月~来年3月までは本来の保険料の1割負担(平均350円/月)となります。

スタートにあたり、十分な広報がされておらず、皆様にご心配をいただいていることについて、深くお詫び申し上げます。

投稿者 いとう渉 ご報告コメント (1)

2008年04月10日

現在と未来に責任を!!

様々な生活用品が値上がりする中、ガソリンだけでも安くなって助かる・・・これは率直な気持ちだと思う。

しかし、いわゆるガソリン税をはじめとする総額2.6兆円もの税収を失って、私たちの国は本当にやっていけるのか、とも考えてしまう。

民主党は地方自治体には迷惑をかけないと断言していたが、4月以降自治体が予定していた各種事業の凍結をはじめ、様々な弊害が噴出している。
最終的には景気への影響も懸念されている。

一方で、今回の道路特定財源にしても、全くムダがなかったのか?という問いには、否、と言わざるを得ない。
福利厚生等の名の下に、常軌を逸した使途があったことは痛恨の極みだ。
失われた信頼の回復には並々ならぬ決意と行動がなければならない。

これらの点を十分踏まえながらも、この先の道筋、未来のビジョンについて、私たちは真剣に考える必要がある。

この国が抱えている最大の課題は少子高齢化だ。
この壁を乗り越えるためには、現実問題としてどうしてもお金が必要になる。
道路特定財源の一般財源化を機に、福祉関連予算の拡充も検討しなければならないと思う。
もちろん、必要な税収を確保しようとする以上、二度と国民の信頼を裏切るようなことはしないと宣言した上で、全てをクリアーにして背水の陣で邁進しなければならないのは当然である。

いずれにせよ、国会議員が国民の負託を受けている以上、政策の差異があれば協調点を見出すことは民主主義の基本である。

生活重視と言いながら、実際は政権を奪うためなら国民生活を犠牲にすることに何ら躊躇のない姿勢は、民主主義の冒涜以外の何ものでもない。
私はこのような政治姿勢を取り続けるものは、最終的に国民の信頼を失うものと断言しておきたいのである。

投稿者 いとう渉 政策・主張コメント (3)

今朝も自宅から

4/10(木)、今朝も名古屋から出勤。早起きは気持ちよいものです。

首都圏では中央線国分寺変電所火災で、西武国分寺線・多摩湖線・中央本線完全停止。交通網が大混乱を来しています。

その中にうちの秘書さんも・・・。

乗員・乗客の安全と早期復旧に全力を!

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2008年04月09日

またも不同意

20080409.jpg
4/9(水)、昨夜は東京に戻れず、今朝、名古屋から出勤。

民主党は日銀渡辺副総裁の人事案に不同意との姿勢を固めた。今回は、党内も容認意見が大勢を占めたにも関わらず・・・。小沢党首の「財務省出身者はダメ」との一言に押しきられた形だ。

この党首は、一体誰のために仕事をしているのだろう?日銀のトップが固まらないことが、どれほど国益に悪影響を及ぼしているのか考えたことはあるのだろうか?

まずは民主党内の民主主義の確立を望む。

投稿者 いとう渉 わたるの今日

2008年04月08日

保険料負担軽く

20080408_2.jpg
4/5(土)読売新聞の記事抜粋(一部要約)。

厚労省・総務省は4日、今月から始まった75歳以上を対象にした後期高齢者医療制度の月額保険料(全国平均額)について、従来の国民健康保険と比較して、<1>国民年金受給者(月額6万6千円の場合)は、2800円が1000円程度に、<2>平均的な厚生年金受給者(月16万7千円の場合)は、7700円が5800円程度に減るとする調査を公表した。

正確な情報に基づいて国民的な議論がなされることを切に望む。

投稿者 いとう渉 ご報告

東京通勤

20080408.jpg
4/8(火)、今朝は地元中学校の入学式からスタート。我が家の長女も一員となりました。

上京して、本会議等の業務を終え、夜には再び名古屋市内の会合に馳せ参じます。

無限の体力を獲得したいものです(^_^;)

投稿者 いとう渉 家族・友

2008年04月07日

現在と未来に責任

20080407.jpg
4/7(月)今朝は地元小学校の入学式からスタート。未来のため、今なさねばならぬことを、責任をもって取り組むと、子供たちの笑顔に誓いました。

週末は、瀬戸市、日進市、尾張旭市、長久手町、豊田市、三好町、豊明市の皆様と懇談会。様々な日常品が高くなるなど、生活の大変さを訴える声が相次ぎました。

今の庶民の暮らしを守るため、且つ、未来の子供たちに現在のツケをまわさないため、最良の政策を実現し続けて参ります!!

投稿者 いとう渉 参加・訪問・視察

2008年04月04日

今こそ確固たるリーダーシップを!!

 4月に入り、道路特定財源に関する歳入関連法案が、期限切れという形で失効となった。現場のガソリンスタンド経営者をはじめ、多くの方々に多大なご迷惑をお掛けしていることについて、政治家の一人として心よりお詫び申し上げるとともに、何らかの対応策を早急に立案するよう全力を尽くしたい。

 その上で私は、わが国がいわゆるガソリン税、つまり1リットルあたり25円という税収を失って、この国の現状を維持できるのだろうか、との疑念を払拭できないでいる。その額、実に2.6兆円。民主党は地方自治体には迷惑をかけないと言っていたはずなのに、現段階で何ら対応策を打ち出していない。既に、今年度予定していた様々な事業を凍結することを表明している自治体もある。最終的には景気への影響も懸念される。

 一方で今回の道路特定財源にしても、全くムダがなかったのか? という問いには、否、と言わざるを得ず、この点については私自身、説明していて苦しいところだ。本来、道路建設等のために広く国民の皆様から頂いていた税を、福利厚生等の名の下に、常軌を逸した使用をしていたことは痛恨に極みである。建設は死闘、破壊は一瞬である。失われた信頼の回復には、並々ならぬ決意と行動がなければならない。もし、もう一つ同じ仕事ができる企業があったら、現国土交通省という企業は、倒産の危機に瀕しているだろう・・・。

 こうした点を踏まえ、この先の道筋を考えなければならない。私は以前にも書かせていただいたが、この国の抱える内政上の最大の壁は、少子高齢化だと考えている。この壁を乗り越えるためには、現実問題としてお金が必要だ。許されるなら、道路特定財源の一般財源化を機に、福祉関連予算の拡充も検討せねばなるまい。

 一国を預かる身なら、土下座をしてでも税収を確保すること、そして、その使途を明確にし、二度と国民の皆様の信頼を裏切るようなことはしないと明言し、背水の陣で業務遂行に邁進すべきではないだろうか。永田町の論理で生活重視に名を借りて、政権抗争に明け暮れるならば、政治そのものに対する信頼は失墜するばかりだ。

投稿者 いとう渉 政策・主張

連戦連投

20080404.jpg
4/4(金)、今朝は8時からの道路プロジェクトチーム打合せからスタート。

昨日は、厚労省にて年金に関する会議に出席。現場で耳にする社保庁窓口の対応不備や電話がつながりにくい等の声を伝え、信頼を今一度勝ち取るため、お客様窓口の対応改善を求めた。

写真は党の全体会議での一枚。一丸となって、庶民の代弁者としての責務を果たすため、今日も走り抜いて参ります!

投稿者 いとう渉 参加・訪問・視察

2008年04月02日

青年局

20080402.jpg
4/2(水)、今日は厚労委員会からスタート。役所での事務仕事、党内会議3連投を終え、夜は谷合青年局長のもと青年局打ち合わせ。

議員、党本部スタッフが一体となって一つの結論を生み出していく。今夜は新たなユースポリシーについて検討。

ネット公募に寄せられた提案を参考にしながら、詰めの作業に全力を注ぎます。ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございます!!

投稿者 いとう渉 ご報告

2008年04月01日

期限切れ

20080401.jpg

4/1(火)、ついに暫定税率が期限切れに。この状態が続けば、2.6兆円という莫大な税収が失われることになる。また、現場のガソリンスタンドの皆様に大変なご迷惑をかけてしまっていることに、心よりお詫び申し上げます。

この問題は極めて見通しが難しい。国の運営を考えれば、予算に見合った税収を確保しなければならない。一方、原油高騰によるガソリン高は生活を直撃しており、安ければ安いほど良いというのが庶民感情だ。

いずれにせよ、国民の納得が得られなければ、如何ともし難い。その根本は、政治・行政が信頼を取り戻すこと以外にない。当たり前のことだが、無駄なく税が使われていること、その大前提に立たなければ、前には進めまい。

写真は地元の公園での一枚。桜は、冬の厳しさに鍛えられ、美しく咲く。日本の春を創り出すことが、全政治家の勤めだと肝に命じ、今日も走り続ける。

投稿者 いとう渉 ご報告

 
Powered by Movable Type 3.2-ja-2 | RSS2.0 | ATOM