« 2007年04月 | メイン | 2007年08月 »

2007年05月30日

年金問題の解決に向けて

 こんにちは。松岡農林水産大臣の自殺という、あまりにも痛ましい出来事。衷心よりお悔やみを申し上げます。

 一方で、年金事務処理の不手際により国民の皆様に大変ご心配をおかけしていることについて、まずもって深謝いたします。その上で、報道ベースでは誤解が生じる恐れもございますので、あらためて現状を御報告いたします。

 今回の一件、つまり約5,000万件の年金記録が宙に浮いているという問題ですが、まず、“今後年金を受給する方々”については“何の問題も無い”ということを理解してください。こうした記録が約2,000万件あります。これらの記録は、年金受給開始までに、年金定期便等の通知、あるいは年金受給時の裁定の段階で、本人確認が実施され、この段階でこうした問題は解決されます。

 では既に年金を受給されている方々の記録、約3,000万件はどうなるのか?この記録の整合が急務となっています。これについては、政府・与党が全力をあげて取組ませていただくことは、当然のことでございます。

 その上で、今、国会で議論されている各法案は、こうした年金記録の権利を永久のものにすること(今までは5年で時効でした・・・)、そしてこうした事務処理の不手際の元凶となった社会保険庁を解体し、組織の一新をなそうとするものです。

 どこまでも“国民の皆様の年金という欠くべからざる権利を守るため”の重要法案を、一日も早く成立をさせたいという一心であって、むしろ、これを政争の具と化そうとするやり方こそ、非難されるべきものと考えます。

 どこまでも庶民の目線で、庶民のために、正しい道を貫く決意です。

投稿者 いとう渉 ご報告コメント (1)

2007年05月23日

耐震偽装から1年半

 こんにちは。夏の参議院選挙の大勝利に向けて全力で取り組みながら、先週、教育再生特別委員会での総括質疑を終え、今週は国土交通委員会において、“住宅の瑕疵担保責任の履行の確保”に関する法律についての審議を進めています。

 要するに何かと言いますと、住宅にはその販売業者に対し、販売後10年間の内に何か問題が発生した場合には、それに対応する言わば“保証”が付いています。これが“瑕疵担保責任”と言われるものです。

 一昨年の耐震偽装事件の際、本来、瑕疵担保責任を担うべきマンション販売業者が倒産し、この責任を全うできないという事象が発生をしました。これを受けて、約1年半かけて、こうしたことの無いよう、住宅販売業者が加入しなければならない保険、“自動車の自賠責保険”のようなものの住宅版を創設しようとしてきたものです。

 この法律が成立すれば、耐震偽装を受けての一連の法改正が決着し、住宅に対する安全性が格段に向上するものと考えます。実施には今しばらく(約3年程度)時間が必要ですが・・・。

 一生に一度の大きな買い物である住宅の信頼をどう向上させるか? この1年半そのために国土交通委員として取組んで参りました。これで一定のセーフティー・ネットが構築されることになります。

 最近の風潮として、マスコミを含めて様々な事件が発生した直後は大きく取り上げられるのですが、それがその後どうなったのか? 長い目で見つめていくという取組みが希薄すぎるように感じます。時流に流されることなく、的確な仕事ができる政治家になれるよう努力を重ねて参ります。

投稿者 いとう渉 国会

2007年05月16日

初の“TV入り国会質疑”~教育再生特別委員会~

こんばんは。
いま、名古屋へ向かう新幹線の中です。

本日も朝から終日6時間の審議が行われた、教育再生特別委員会に出席しつつ、参院選の戦いを全力で進めています。

連日、精力的かつ真摯に議論が重ねられている、今国会設置の「教育再生に関する特別委員会」ですが、先ほど17:30までの委員会質疑を合計すると、45時間20分の質疑時間になりました。

これには、国会での質疑時間に加えて、地方公聴会として、全国の各地(山形・福岡・富山・愛媛)へ委員会の委員が赴き、地方の関係者の皆様からご意見を頂戴した貴重な時間も含まれています。

そして、明日の11時40分から12時までの20分間は、この委員会の締め括り総括質疑として、公明党から、若輩ながら、私が質疑に立ちます。この模様は、NHK総合とNHK-BS2で生放送されます。

尚、NHK総合は11:40~11:54(ニュースのため最後6分は見ることができません。)そして、NHK-BS2は11:40~12:00質疑終了まで放送となります。

応援を頂く皆様に恥ずかしくないよう、しっかり頑張って参ります!

投稿者 いとう渉 国会

2007年05月10日

福岡にて地方公聴会 ~教育再生特別委員会~

 こんにちは。今朝は7:30の会議からスタートし、9:00~17:00まで教育再生特別委員会にて審議を続けています。

 昨日は福岡市内で開催された地方公聴会に出席しました。午前中には福岡市立博多小学校を視察し、授業参観や先生方との意見交換をさせて頂きました。この学校は建物そのものが非常にユニーク(−もちろん授業も様々な工夫をされています!−)で、教室や廊下の仕切りが無く、外壁も主にガラスでできており外からも丸見えなのです。地域に開かれた学校づくりを文字通りハード面から形にしたという画期的なものでした。

 当然のことながらこれだけユニークな校舎ですから、その実現までは様々な紆余曲折があったことと思い、校長先生にその経緯をお伺いしたところ、“街は学校、学校は街”というコンセプトで最終的に地域住民の皆様から教育委員会等の教育関係者まで納得を頂き、設計段階から地域を巻き込んで創りこんでいったとの興味深いお話を伺いました。
 教室や廊下の仕切りが無いだけでなく、先生方のスペースもその一角にあり、先生と生徒が一体となって過ごす様子も、授業参観の中でとても印象的なものでした。

 その後、公聴会の質疑の中で、教育とは地域・学校・保護者が一体不可分になって子供達のために進めていかなければならないということを再確認させていただきました。

 未来を担う子供達のために、最高の教育を子供達が享受できるよう、各地域独自の取り組みも参考にさせていただきながら、教育関連3法案の改正をはじめ、教育の再生に全力で取組んで参ります。

投稿者 いとう渉 参加・訪問・視察

2007年05月07日

GW明け初日

 おはようございます。5/7(月)朝、東京の事務所にてブログを書いています。今朝は10時から教育再生特別委員会の質疑、昼から愛知県で会議、夜は東京で懇親会です。
 GWの一週間は名古屋にいましたので、久しぶりに子供達と過ごす時間もあり、とても楽しく過せました。忙しい日々を過す分、ただただ子供達と過す何気ない一日がとても幸せだと感じました。だからこそ、未来に責任をもつ政治を実現していかねばと新たな決意を固めています。そして夏の参議院選挙の大勝利に向けて全力で取り組みます。

 さて、教育再生特別委員会での議論が続いているわけですが、地元では何をやっているのか分かり難いという声を耳にしましたので、極めて簡略化して御報告します。

 ○ 教育委員会の責任体制の明確化・体制の充実
 ○ 先生方の免許制度のあり方の見直し(有効期限10年)
 ○ 最終手段としての国⇒地方への指示を明確化(ただし生命・身体に係る事項に限定)

・・・等々、様々に議論されている教育再生の事柄の内、特に初等中等教育に関する法律事項について集中的に議論をしているものです。ですから、これは教育再生に向けての第一歩であり、全てではありません。
 これは私の持論ですが、どこまでもがんばっている先生方をどう応援するか、また全体の教師の質の向上をどう勝ち取っていくかが第一義的に重要だと思っています。そのために職場環境の整備や収入条件の向上、社会人からの幅広い採用など教師という職の魅力向上をさらに図る必要があると考えています。
 そういう観点から、今週もしっかり国会質疑に取組んで参ります。

投稿者 いとう渉 ご報告

 
Powered by Movable Type 3.2-ja-2 | RSS2.0 | ATOM